ワカサギ釣の事前準備

何が必要か。


事前準備 釣り道具


■ サオ(レンタル可)

  海釣りやバス釣りと比べるとかなり安く、5千円も出せば上等。

  私は初回に880円のサオを持っていき、すぐ折りました。(持っていた針金で補修してその日は使った。)

  湖中にサオを落とすと、納竿までただ座っているだけです。(^^;

  サオは、2本用意しておいたほうが安心でしょう。(A型気質?)

■ リール(サオとセットでレンタル可)

  ワカサギ用の小型リールはピンからキリまで。

  安いものでは1,000円程度から、高いものは1万円近くもします。

  30メートル下に仕掛けを下ろすため、スムーズに動くリールを選んでください。

  ワカサギは湖底にいるので、棚取りカウンタの必要はありません。 (巻き上げ時の参考にはなりますが。)

  サオの1本が電動リールだと便利。 群れが来たときに、2本同時に巻き上げることができます。

■ 仕掛け(現地購入可)

  釣具店では「野尻湖専用ワカサギ仕掛け」を売っている。

  普通のワカサギ仕掛けより糸・針ともに小さめで、1セット300円程度。

  2.5号を基本として2号や3号も用意しておきましょう。

  根掛かりはあまり見られません。

  しかし仕掛けの劣化やオマツリがあるため、複数枚が必要です。

  5枚で1,200円程度で売られているものが、お勧めです。

  仕掛けには5〜7本の針が付き、一番下にオモリをセットします。

  オモリ付とオモリなしの仕掛けがあるので、オモリを別に買っておけば便利。
 (夜光オモリを使うと釣果が上がるかもしれません。)

■ エサ(現地購入可)

  サシと呼ばれるウジで、白と紅の2種類がある。

  一袋100円程度なので、一袋ずつ用意しましょう。

  「白い針には白、赤い針には紅をつける」とか、「朝は紅、日中は白」などの言葉を聞きます。

  でも、違いはイマイチ分かりません。

  安いものですし多くの針につけるので、色々と試してみてください。

  他にも「ラビット」や「疑似餌」、「赤ムシ」などがありますが、最初のうちは普通の白サシ・紅サシだけでいいです。

  アタリはあまり変わりません。

  エサについては「ワカサギのエサ」を見てください。

■ 小型ハサミ

  ワカサギがサシを食わないときに、サシを切ります。

■ 集魚板

  小魚の形をしたキラキラ光る板で、仕掛けに付ける。

  暗い湖底でキラキラと光るため、ワカサギが寄ってくるそうです。

  でも、効果のほどは・・・・・不明です。

■ シモリ玉

  糸の途中に通しておく、直系7mm程度のウキ。

  ウキといっても固定されていないので、見ていてもアタリは分かりません。

  巻き上げた仕掛けをサオ先に巻き込まないためにあります。


事前準備 日用品


■ 飲み物と食べ物

  8時間近くもいるから必要。

■ 手ぬぐい・タオル

  何十匹(何百匹?)ものワカサギを持つので、手を拭く。

■ 大きなクリップ

  サオを挟んでヒモを付けておく。

  歩いている人に押されてサオを落とすと、帰るまでやることがありません。

  脱落防止やサオ置きに使います。

■ 服装

  船の外は寒くて中は暖かいので、簡単に脱げる物。

■ ワカサギの入れ物

  釣り上げたワカサギを入れるための、ボウルは用意されている。

  持って帰るのに、小型クーラーが欲しい。

  その日のうちに食べるなら、スーパーのビニール袋でも大丈夫です。

  船内にはサシエサを入れておく小皿も用意されています。

  (元気のいいサシは逃げようとします)