new

knife

cooking-gear

stove

table&chair

lantern

sleeping

tent

tarp

goods

cooking

camping

shop

guard

map

survival

no!

oh!

brand

profile

info.

MAIL

ナイフの種類  ナイフの選び方     メンテナンス    シャープニング     ナイフ用語

ナイフの選び方

ワンポイントガイドナイフの種類(ツールナイフ等)メーカーによっては、左利き用があります。左利きの方は左利き用のナイフを選んだほうが安全です。

フォールディング派?シース派?

上記の説明を見て、まず問題になるのはこれでしょう。一言でアウトドアといってもどの程度のアウトドアで使うか?どのような使い方をするのか?でどちらが良いか判断する。両方持っていれば問題ないが、例えばキャンプに両方持っていくことはないし、荷物になるだけだ。両方持つということは、コレクションするというだけのことになってしまう。ただしハードな使い方をする場合などはセカンドナイフを用意しておいたほうがよい。

お互いの決定的な違いはコンパクトか強度かということになる。言い換えれば、コンパクトになるということを覗いてはフォールディングナイフのメリットは無い。フォールディングナイフは構造上タング(柄の中の部分でブレードを固定してる部分)が短いので強度が落ちる。よって力のいる使い方よよくするのであれば、シースナイフを選んだほうが無難。しかし準備の行き届いたキャンプサイトでキャンプする場合そのような場面はめったにない。おもいっきり木を切ったりすることが無ければ、フォールディングナイフで十分といえる。

フォールディングナイフ シースナイフ
折りたためてコンパクト

タングが短いので弱い

迅速に取り出せない

片手では使いにくい

性格上、大型のものはまずない

メンテナンスしにくい

溝に汚れが溜まりやすい

ヒルトがないものが多く危険

折りたためない

タングが長く強度がある

迅速に取り出せる

片手で抜ける

小型から大型まで種類が豊富

メンテナンスは比較的楽

溝事体が無い

ヒルトがあって安心

簡単に考えて、まず、シースナイフがあって、コンパクトに出来ないものか?ということでフォールディングナイフが出来たのだから、形態性では、フォールディングナイフにシースナイフは勝てない。しかしコンパクトにした分のデメリットがでるのは当たり前。同じ大きさのナイフなら、ナイフ本来の使い方をするうえで、シースナイフでフォールディングナイフの代用は出来ても、逆は出来ない場合があるということ。コンパクトになることと、ナイフを使うことは同じではないのだから。


ナイフの選び方

タングで選ぶ・・・シースナイフの場合、タングにも種類がある。

フルタング ハンドルと同じ大きさのタングをハンドル材で挟み込んだもの。ナイフの背から見ても腹から見てもタングが見えるはずだ。頑丈だが重い
ハーフタング フルタングの下半分を削ってあるもの。その分軽量化されている。腹から見るとタングはみえない。重量的なバランスは良いものが多い。
テーパードフルタング フルタングと同じ造りだが上から見るとブレードから後ろにかけて細くしてあるのが解る。強度を保ちつつ、軽量化してある。手間がかかるので量産型のナイフでは使用されてないと思う。
コンシールドタング タングの上部と下部をけずりハンドル材で完全に密閉してある。その分強度は落ちる。密閉してあるので錆びに強いが、信用できないメーカーのナイフだとタングがどれくらい入っているか確認できないだけに不安。
ナロータング 短いタングで、柄の部分に差し込んであるといった感じのもの。ヤスリがこんな感じですよね?バットキャップで後方から固定して無いものは選ばないほうが無難。軽量化されているが細いので強度は落ちる。

なお、ダイバーナイフの中には、刃と柄の部分が一体となったものがあります。刃の下のほうがそのまま同じ材質でつなぎ目がなく、柄になってるものです。海に潜って使うといった特殊使用を考えると、この手のナイフが一番です。また、タングが無いわけですから、これほど強いナイフはありません。柄の材質とタングに浸水して、メンテナンスが出来ずに錆びるといったことも有得ませんから、水の中で多使用するのなら、強度、メンテの面から見て文句なしにこのタイプを選ぶべきです。


ハンドルで選ぶ貴方は何派?・・・ハンドル(柄)でナイフのイメージかわりますよね?

硬い、軽い、滑らない、水に強い!これは必須条件といいたい。これを満たしてないアウトドア用のナイフは選ばない方が無難。

スタッグ 鹿の角などで耐水性、剛性もよくかっこいい。ただし高い。
ウッド 木目が美しくアウトドアナイフでは多いタイプ。長時間の水中での使用は避けること。傷つきやすいがそこに味が出て僕は好きだ。
マイカルタ 人工木の素材。天然木と見分けがつきにくい程木目も綺麗。安い!
プラスチック 耐水性にすぐれ、海水でもへっちゃら!マリン関係で使うならこれしかないっでしょう。これまた安い!
金属 合成はあるが滑りやすいのが難点。これを選ぶ場合は、柄の形状が出来るだけグリップ性の高いものを選ぶ。ハードな使い方をするならやめたほうが良い。けがの元だ!

僕は個人的にウッドが好きなんです。持っているものの中にブレードの形が気に入って買ったのですが、どうしてもハンドルが自分の手になじまず、ヤスリで削って微調整し防水塗料を塗って使っているものがあります(塗料が暫くくさいので、湿気の無いところで陰干ししましょう)。金属ではこれはできませんし、プラスチックでは、削った後がはっきりするから変です。ウッドだから出来ることなんです。コレクションとして持ってるものなら手になじまなくてもいいし、クラフトの作品を素人の僕が手を加えるといったことも気になる事なのですが、現役で使うナイフは自分のナイフに仕上げていく、なじませるといったことも必要なことだと僕は考えます。そうゆう芸当が自然に出来るのもウッドならではなのです。ウッドの良さは、そんなところだけではないのですが僕はウッド派なのです。貴方は何派?

あとは、ハンドルの形状。滑りやすい素材でも、フィンガーグルーブ(指の形にハンドルを削ってあるもの)になっていたら、滑り止めになるし、凹凸が一つのデザインになってるともいえる。あれがいいという人もいれば、握りにくくて嫌いというひともいる。フィンガーグルーブの場合左利きの方の場合はぴったりのものを見つけるのは、ちょっときびしいかもです。また、ヒルト(鍔)が付いていて、指が滑って怪我を防止してくれる物があれば、ないものもある。小さな違いの集まりがナイフの表情を変えていきます。この辺は貴方のセンスがひかる場所なのです。気合を入れて吟味しましょう。


ポイントで選ぶポイントというのは、ブレードの切っ先のことです。この違いでブレードのデザインが決まってきます。

また、用途でブレードのデザインが決まる。どんなことに使うのかによってデザインが決まる。といってよいでしょう。コレクションするだけの人なら別ですが・・・。ナイフは使ってないとかわいそうだし、使ってないときほど痛みが激しいのです。

ポイント(切っ先)は、大きく別けると3通りですよね?ブレードの真中か、上か下か。ポイントが上にあるほど、エッジのカーブが大きくなりますから、肉を裂いたりハンティングのために造られた形です。ポイントが下なら、エッジのカーブはほぼストレートになりますから、何のためとういより特殊効果がすくない。逆の言い方をすると万能タイプ。真中なら中間なので応用が利きやすいということです。

ドロップポイントブレードの背の部分とエッジのカーブが緩やかで、万能型。

クリップポイント背からポイントを上部に跳ね上げたもので、エッジのカーブはきつくなる。ポイントが鋭くなるのでカーブで皮をはいだり、肉を切りやすくしてある。ハンティング用のブレードデザイン。背はストレートから下に下がり、緩やかなカーブで上に上がりつつポイントで跳ね上がる。アウトドアナイフにはこの手のものが多いのでは?

スペアポイント真中にポイントをつくってあるので応用が利きやすい。カーブ的には、文化包丁を思い出してもらうといいかな?(笑)

ケーパー背が途中で下向きに落ちてポイントを下に持っていってある。このためクリップポイントも背が途中で折れた形になっているが、ケーパーはポイントも下のためエッジはストレートになる。そもそも細工をする際に使用されることを考えたデザイン。刃は細身となる。フィッシングナイフに使われることも多い。


グラインドで選ぶグラインドとは、刃の断面を見た場合の背から刃にかけての角度の出したのことです。普通は言われないと気づきませんがこれによって強度や使い道が決まる場合があるので、コレクターじゃなく現役で使う方ならここまでチェックするべきだと思います。

フラットグラインド一般的なグラインドで、背から刃にかけてストレートに仕上げてあるもの。断面的にはV字型ですね。メンテナンスもやりやすいです。

ホローグラインドフラットグラインドを、内側にえぐった形のもの。フォールディングナイフ等で軽量のために付けられる場合がある。小型のナイフには多い。当然刃が薄くなる(小型のナイフなら特に薄くなりますよね)ので、鋭くはなりますがハードな使い方をする人にはお勧めできません。刃こぼれどころでは済まないことになります。

コンベックスグラインドホローグラインドとは逆にふくらみを持たせたもの。強度はありますが、これで肉を裂いたり魚を捌くのはどうでしょうか?叩き切ったりハードな使い方の場合はこのグラインドのものを探しましょう。剣ナタタイプのものにはこのグラインドのものが多いですが、一般のナイフではあまり見かけません。

あと、背にもグラインドをつけてあるものもあります。肉などにはを通しやすくするために付けられたものですが、コレクターは別として、ハンティングして獲物を解体するという使い方までしないのであれば(普通に日本国内でアウトドアをする場合でそこまでする人はなかなかいないと思うが)背にグラインドまではこだわらなくていいと思う。クリップポイントフラットハンティングのナイフで十分捌けるとおもいます。


材質で選ぶブレードの材質もいくつかあります。一言でステンレスといっても、LEATHERMANだったら、「420J2ステンレス」だとか、BUCKは「425Mステンレス」だとか(最近420HCにマイナーチェンジしたそうな・・・。)含有率で種類がいろいろあるんですね。よくブレードの根元に刻んでありますよね。そこまでこだわんないと思いますが選ぶときの一つの参考にしましょう。アメリカなどでナイフを購入するときは、親切に材質の分量(ニッケル○%、C=25って感じ)まで書いてるところがあります。こだわる人はこだわるってことですね・・・。

炭素鋼硬度は最高。切れ味爽快!といった感じ。日本刀に使われる。ステンレスでは出せない切れだが、さびに弱いのが弱点。使う場所を間違うと最悪。メンテも十分行き届いてないと、ただの重くて切れない刃物だ。メンテが出来ない人は買わないほうがいい。

玉鋼材質は炭素鋼。和式ナイフはほとんどがこれ。硬度は優良。耐食性に欠ける。

440−C現在のナイフで最もよく使用されている鋼材だそうです。やや柔らかく、耐蝕性が高い。

D−2硬度があり、磨耗に強いが錆びやすい。

154CM磨耗に強く、硬度もあり、さびにも強い。

銀紙1号国産ステンレスで、硬度は落ちるがバランスの取れた材質だそうです。

ATS-34硬度、靱性、耐蝕性などバランスの優れた性能。


ナイフの種類  ナイフの選び方     メンテナンス    シャープニング     ナイフ用語