new

knife

cooking-gear

stove

table&chair

lantern

sleeping

tent

tarp

goods

cooking

camping

shop

guard

map

survival

no!

oh!

brand

profile

info.

MAIL

 

ナイフの種類  ナイフの選び方     メンテナンス    シャープニング     ナイフ用語

メンテナンスはとにかく大事です。特にナイフは使ってないときのほうが痛みますから、長期保存だけの場合には要注意です。

洗浄

保存の前には、もちろん綺麗に洗浄し柔らかい布で水気を取り、必要なら陰干しする。海水で使った場合は、ステンレスの場合でもすぐに錆びるので、早急に真水で洗浄する。特に傷がある場合は、あっという間に錆びるので時間との戦いになる。

注意点-フルタングなどの場合は、洗浄の際ハンドル材とタングの間に水分が入り込んで中から錆びる場合があるので、できるだけハンドルを水につけないにようにして素早く洗浄する。ツールナイフやフォールディングナイフは溝の洗浄をして、防錆効果のある潤滑油をつけておくといいです。刃の汚れがひどい場合は、コルクや消しゴムで磨きましょう。


シース

シースに汚れが付いているとこれも錆びの原因になるので、シースの手入れも忘れずに。

注意点-ナイフを使った後、すぐにシースにしまうとシースの中に汚れがたまり、ナイフが痛みますので、ナイフは拭いてからシースにしまう癖をつけましょう。


保存

刃の汚れ、シースの汚れ(フォールディングなら溝の汚れ)を落としたらいよいよ保存。刃物用の油が売ってあるので、それを刃に薄く塗って保存しましょう。

注意点-シースナイフの場合シースに入れて保存すると、シースに微量にある水分で刃がいたみますから、シースから出して保存しましょう。その際、防錆紙で巻いて保存するといいのですが、ナイフ専門店などじゃないと手に入らないので、あれ正式名称何ていうか知りませんが、印刷のときに使う油紙(近くの文具店で売ってあります)で刃を巻いて覆ってしまった上で保存するといいです。箱で保存するときは、中に乾燥剤または除湿材を入れるか、新聞を入れておきましょう。新聞が水分を吸い取ってくれます。