Profile

私は、極普通のサラリーマンである。ある日突然釣りに目覚め今では狂ったようにハマッている。そんな私の数少ない経験と知識でこのページを作ってみようと思う。

【釣との出会い】
始めて釣りというものに興味を持ったのは私が小学生の頃だった。その頃は、近くの堤防へ行きゴカイをつけては投げの繰り返しだった。魚種を特定する事も無くただ釣りをしていたのが最初の出会いだ。それから20年の時が過ぎ、日々の仕事に疲れ、そのストレスのはけ口を探していた。とは言え年齢的、社会的にあまり馬鹿げたことは出来ない。ふと、通勤途中海沿いを走っていると堤防で魚釣りをしている人が大勢居る。そのときは「こいつら仕事もしないで何やってんだ?」と思いながら通りすぎていった。そして仕事帰りの道でもそんな人達が大勢居る。だんだんと意識的にその光景を眺めるようになり、ルアーを使った釣りなら仕事帰りにちょっと寄ってみることも出来ると思い始めた。これが本格的な釣との出会いだ。

【バス釣り】
最初は、ルアーでもシーバスの方から始めた。道具を一通り揃えいざ堤防へ。しかし、なかなか釣れない。そんな日々を送っていたら、友人がボートでシーバスを釣りに行こうと誘ってくれた。勿論二つ返事で行く事にした。しかし、ここで一つ問題が発生した。私が持っているシーバス用のロッドは長い。ボートで使うには不便だ。で、結局バスロッドを購入した。この購入したバスロッドはベイト用のロッドなのでリールと併せて購入。早速ポイントへ向かうが、初めてのベイトリール、しかも夜で着水が見えない。こいつにかなり手間取りながら何とか一匹を釣る事が出来た。
その後、ボートを持っていない私は、せっかくバス用ロッドを購入したので使わなければ勿体無いと思い。近所のダムへ通い始めた。これがバス釣りを始めたキッカケだ。

【最初の一匹】
バス釣りを始めて最初の一匹を釣るのに一月半の時間が過ぎた。最初は釣れないもんだから、馬鹿みたいにルアーを買いまくった。しかし、それでも釣れない。ついには、道具が悪いと思い始めスピニングロッドを購入。それでも釣れない。そんなある日友人が「フローターやってみよう」と誘ってくれた。私はフローターって何?と言う状態だったが、とりあえず着いて行くことにした。すると友人が某釣具店により店員と何やら話している。しかもどう見ても私の事についてだ。しばらくして、店員がウェーダーを持ってきた。そう、このとき気がついた。私のウェーダーを買いに連れて来たのだ。結局、その場で購入しその日の晩ナイトバッシングと称し近所のダムへ行く事になった。
結局朝まで浮かびつづけ、ようやく明け方一匹のバスにヒットしたが痛恨のバラシ。バスに触れることは出来なかった。
しかし、それからそんなに時間の経たないうちに初バスをゲットする事となる。
その日の午後私は一人で別のダムへ向かい、オカッパリをやっていると何という事か、今まで釣れなかったのが嘘のように簡単に釣れてしまった。今でもその時のルアーを覚えている。それはダイワのハイパークランクチタンリップだ。

【クランク馬鹿】
最初の一匹を釣って以来ボーズを食らう事が無くなった。自前のフローターを購入し、ベイトロッドも新しく短いものを購入。最初の一匹をクランクで釣っただけに、信じられるルアーはクランクになってしまった。自分なりに考え、様々なクランクを揃えひたすらキャストしつづけた。実際今でもタックルボックスにはクランクが沢山ある。特にラッキークラフトのCBシリーズがお気に入りだ。私が通うダムは、これがまたクランクで釣れてしまうのだ。その頃CBシリーズで一番シャローなクランクはCB50だった。小さなボディーとリップに開いた小さな穴。こいつはまったくもって潜らない。これが良かったんだと思う。結局トップウォーター気味に使う事ができ、しかも水を押す力が強いのでバスへのアピール力が強いのだと今考えれば思う。

【アルミボート】
私は気付けばアルミボートまで持っていた。最初の一匹が釣れてから2ヶ月後の事だ。水温が下がりフローターではきつくなり始めた頃、ボートショップの前に立っていた。それから3週間後、友人達と山口県菅野ダムで釣りをする事となった。初めてのボートフィッシング、エレキの操作もわからない。それは徐々に慣れ始め初めてのフィールドを縦横無尽に駆け巡った。その日は、生憎の雨だったが良く釣れた日でもあった。この日私は半信半疑でスピナーベイトを用意していた。そうD−zoneだ。こいつがまた良く釣れる。私の中では大爆釣。処女航海は大成功に終った。

【D−zone】
スカパーのMORIZO帝国を毎回観ていた私は、たまたまD−zoneを発見した。ミーハーな感覚でとりあえず一つ購入した。前述のとおり最初に使ったときに大爆釣したので、クランクに続くパートナーとなった。しかも、クランクに比べ大き目のバスしか食ってこない。これがデカバス狙いに火をつけたといっても過言ではない。

【自作ラバジ】
冬の寒さも厳しくなり、釣りに行く回数も徐々に減ってきた。暇つぶしに釣具店を覗くと、何やら面白そうなものがある。それがラバジ製作キットだ。とりあえず購入してみた。帰宅後早速ラバジを作り始めた。何個も作っていくうちにだんだんと拘りが出てき始めた。最初は暇つぶしだったのが何時の間にやら本気になってしまった。かなりに個数が揃ったので、実釣してみる事にした。これまた釣れてしまうのだ。パートナー3号に決定。ラバジはホント良く釣れる。しかもオールシーズン。なんとなく得をした気分だった。