Lake Trollers
Fishing Report
2003 March 15       芦ノ湖 - Ashinoko 高田進栄、チャーリー富永
  Photo by
Reported by  高田  

本日は曇りの天気予報でしたが、実際はみぞれ交じりの雨。この雨が降っている間はまるっきりアタリがなく、雨が降り始める前の早朝の時間と降雨の終わった午後二時以降だけの勝負となりました。
 
 鈴木ボートのご主人曰く、今年の3月の天候は特殊で、例年ならば気温はもっと低いものの天候は安定しているが、今年は気温が高いが悪天候が続いているということでした。

 あまりにも寒いので、午前中で引き上げることも考えましたが、”根性無し”といわれかねないので踏みとどまりました。午前中ボーズの富永船長は、「釣るまでは帰りません」と意気揚々でしたが、自分が立て続けに二本釣ったところで、「もう帰りましょうか?とりあえず二匹釣れたから今日はもういいです。」と一匹しか釣っていない私の神経を逆撫でする発言
今シーズンも同乗者に対する暴言は続きそうです。 

 さて、肝心の結果はというと、富永2高田1の貧果、しかも前日放流されたばかりと思われる20cm前後のちび虹鱒のみでした。アタリとバラシを含めると各々5〜6回といったところでしょう。小さすぎてフックにかかりにくいのかもしれません。芦ノ湖一回りしてみましたが、結果的には箱根湾でしか成果がなく、観光船の発着場所の前に放流ものが溜まっていました。富永船長は30分間に同じポイントで3回ヒット(内1はバラシ)ルアーは毎度おなじみシェルスターの3連発。私はというと、朝一の時間帯に、最近購入したケッズミノーの7cmサイズ(赤金)に20cm程度の極小虹鱒。体の半分近いサイズのミノーによく食いついたなぁと思っていたところ、ちょうどVickからの電話があり、「ミノーを15cmにすると倍の40cmの虹鱒が釣れる」という的確な?アドバイスをいただくことに・・・。ほかのアタリ・バラシはすべて午後2時以降で、バッセル1.5g(白)。また、二人ともヒットがあったのはすべて1色のみということで、表層のみの釣果となりました。

 芦ノ湖を一回りして、魚探の反応が頻発にあったところは樹木園の付近のみ。サイズ・数ともに大きな群れがありましたが、10-13メートル付近にいるはずのこの群れはアタリすらありませんでした。また、湖尻のキャンプ場前では、良型のトラウトが水面近くでわかさぎを捕らえているのを見たため粘ろうかと思いましたが、岸からのフライマンと周りのボートの数からここでのトローリングは断念しました。本日トローリングらしき船を見かけたのは2艘のみ、サクラマスかアマゴ狙いというところなのでしょう。

 とりあえず、今シーズンの第一船で魚の姿が見れたことでほっとしていますが、今年のテーマの魚の大きさを重視するということでは程遠い結果でした。次回、富永船長の都合が許せば、4月下旬の銀山湖挑戦前に、もう一度芦ノ湖再戦したいところですね。

あと、今回の詳しいレポートは富永船長が写真つきで報告します。



Reported by  富永 


今シーズン初めての芦ノ湖の釣りだったので高田/富永両選手も気合を入れての芦ノ湖入りでした。

<<とにかく寒い!!!>>
天気予報は曇りだったのですが、当日の天気は霙(みぞれ)も混じった雨で相当な荒れ模様でした。午前中は正直寒くて足の感覚はなくなるし、全然つれなく(午前中ボーズでした)テンション下がるしとさんざんでした。
午後は若干寒さが薄らぎましたが、午前の寒さの影響が蓄積していたのか、二人とも手がかじかんでまともにルアーを変える事ができませんでした。もう3月中旬なのにまだまだ芦ノ湖は真冬の寒さを味わわせてくれました。


<<釣果は乏しかった…>>
この日の釣果は自分が2匹・高田さんが1匹とちび鱒(20cm〜30cm)のみとなりました。
7時過ぎ頃、高田さんが初っ端に箱根湾にて1匹をGET!!しかしその後が続かない。箱根湾から芦ノ湖を全体的に一周したものの、アタリどころか魚探にほとんど魚の反応なし。この寒さで魚の活性が落ちているのか?魚が深く潜ってしまったのか?そのあたりは良くわからないです。
午前中でボーズな自分は今日正直あきらめかけていました。

<<午後に釣れたものの…>>
1時過ぎに戻り、しばし昼食を取る(寒い中釣っていたのでこのラーメンが暖かくてうまかった!!)すずきボートのおじさんは”やっぱ箱根湾が釣れているみたいだよ”との意見を参考に午後は箱根湾を中心に釣る事にしました。(自分はボーズだし)ただ箱根湾は他のポイントとは違い釣り人がたくさんいたので邪魔にならないようにトローリングする為なかなか思うように行けなかったが自分は海賊船の桟橋辺りで3回連続のHIT。(ボーズじゃなくてほっと一安心でした。)しかし、1回バラシしてしまう。
 前日(14日)に放流した魚がまだ箱根湾にいる様でしたがただフライも餌釣りも今日は芳しくない様子。残念ながら今シーズン初の芦ノ湖釣果は芳しくはなかったですが、次回の銀山湖での寒さはもっと厳しいと思いますので(今回、手がかじかんでまともにルアーが変えられなかったのは正直参りました)寒さ対策を万全にしないといけないと思いました。

 最後に言い訳ではないのですが前述の高田さんは”2匹釣れたからもういい”なんて言ってますが元々余りもの寒さにお互い3時には帰りましょうと確認が取れていたはずで丁度自分が2匹釣れた時点できりが良かったのでそのような発言をしたのです
が…(結局、高田さんの命令で4時まで釣る事になりましたが)
End of report back          home