Lake Trollers Fishing Report March 8, 2003 芦ノ湖 - Ashinoko
Reported by 塩谷 敦


天気は良好の晴れときどき曇り、気温は高く朝一で
1℃程度(ただし前日雨水が残った桟橋&船内は1時間ほどガチガチに凍りついていた)。

 朝515分、薄暗闇のなかエレキで静かに出船。自分はすずきボート沖左側で混む前の時間帯をミノーイング、打越&佐藤は、箱根ホテル前すずきボートフローティングピアー(浮き桟橋)からキャスティングを開始。自分が選んだすずき沖合いは他ボート屋のエンジン船出船とともに即効で場荒れするので、数分やってからホテル前に移動、打越&佐藤の沖合い30m付近にアンカーし、船からのキャスティングが湾合いを攻めた。

 第2投目でザウルスTS60がガツンという良いアタリとともに大きくしなる、60アップ??、最低でも50オーバーを確信した獲物は、ナントブラックバス41cm。水深7mのボトムからリトリーブしてきたムラセアワビスプーンをガッチリ咥えたバスをみて少々がっくり。俺はバス師じゃないっつうの!今日は(ガックリして写真撮り忘れマシタ)。その後は数投目にウッドベイト11FR桐金箔に虹鱒約30cmがヒット、やっとトラウトが釣れたもののその後7時過ぎまでねばってもアタリが遠のいた。

 ポイントを移動し庭石からブンザエモンにかけてミノーングを試したが、北風が強くなり32ポンドエレキではボートが流されるためやむなく和田の角に移動、その後も風を避け亀ヶ崎を回って風上の湖尻にまで行き、ここで午前の勝負を湖尻にかけた。がここは限られた好ポイントに餌釣り師、手漕ぎルアーフライマンがアンカーひしめいていて、箱根湾からノコノコやってきた後塵のヨソ者が入る余地はなく、結果として中途半端な攻めのままノーフィッシュで昼食タイムとなった。

 午後の部は、気分を変え2隻そろって白浜に移動、桟橋からトリカブトにかけしばしミノーイング。しかしここも岸から隣りからフライ・ルアーが投げ込まれ、自然を満喫し伸び伸びした釣りが出来る環境でななかったので30分程度で移動。残りの1.5時間はトローリングで白浜〜箱根湾を20yd前後で引く事にし、自分は湾内で2尾小ニジマスを釣って時間切れとなった。

 朝一の攻め、その後のフィッシングパターンも悪くない?!、と思っているが今回も早春の芦ノ湖に降参!となった。



ちなみにこの日の釣況としては、湾内で粘った人の方にだんぜん分があり、我々のような遠征隊は貧果だった傾向にある。湾内で徹底的に粘っていればソコソコ釣れるであろう事は分かっちゃいるが、隣人と10m以内でクロスしながらのキャスティングは好みじゃなく、つい自然が豊富で人の少ない芦ノ湖センタートライアングルに行ってしまいます。やはりミノーイングは岩陰やブッシュ脇、オーバーハング下等々に狙いを定めルアーを投げ込むのが基本!、その意味からも湾内で管理釣り場的にチマチマと釣るのはどうも生に合いません。

できたら3月内に再再度リベンジに行きたいと思ってます。次がんばります!!

End of report back          home