Lake Trollers
Fishing Report
April 19, 2003    芦ノ湖 - Ashinoko 高田進栄  チェリー富永
もはや定番となりつつある、このコンビの掛け合い釣行記!
今回も裏レポート登場の釣果報告です。

チェリー富永レポート
当日の天気:曇り(強風)
水温 8度

高田乗組員 レポート
 とにかく風が強い!!!
3時半過ぎ頃社宅を出発。芦ノ湖に5時前に到着。 その日の芦ノ湖はとにかく風が強かったです。湾内にもかかわらず既に波が高く出船できるのか??思いつつ、出船。 その際すずきボートのおばちゃんが、風が強いから元箱根には箱根湾から直接行っちゃダメだよ。とのアドバイスを受け、白浜→禁漁区と船を走らせました。
案の定、湾内を出て沖に出ると風は強いし波が高いこと!!高田さんの座布団は飛ばされるわ(ちゃんと回収しました)水しぶきは舞うわで大変でした。  高波の影響で何より1番嫌だった事はうまく船がまっすぐ進まない為か、お祭りしまくりで全く釣りになりませんでした。

強風の芦ノ湖
銀山湖前週にノコノコ芦ノ湖へ出かけた冨永船長・高田乗組員組は、これまでの釣行で最大の強風に合う羽目に。出港できるかどうかも不安でしばらく様子を見ていると数隻のボートが出船していきます。すずきボートの方から「箱根湾と風の比較的弱い西側に行ったほういい」とのアドバイスを受け、早速出港となりました。しかし湖上の強風は想像していたよりはるかに強く、気を抜いた瞬間座布団代わりのマットが10数m向こうに飛ぶ。大型トラウトをすくうはずのネットが、なぜかマットすくいに早変わり。その後も風は収まらず、いつもなら鏡のような水面の白浜も結構な波が立つ状態。白浜でしばらく粘ったものの反応がまるで無く、風も多少収まったようなので成蹊〜百貫の鼻に移動した。この週の芦ノ湖はサクラマスが結構釣られており、しかもこのあたりで釣果があったとの情報を入手していたのでわずかに期待していたが、まったく反応無し。
元箱根は…
ようやく岸伝いに船を走らせ元箱根湾まで到着したものの、元箱根湾は沖合い以上のもの凄い風の為、波が高くて半端じゃない状況でした。(その時、自分は寝てましたが)高田さんから運転を変ったもののあまりの波の高さに船は進まず、”こりゃやばい転覆する”と思った事も度々ありました。
 実際、いつも海賊船など元箱根湾にいってましたがこの日は高波の為、寄港してませんでした。
 結局命からがら、元箱根湾を出て正直午前中は釣りになりませんでした。その中でも高田さんは40cmクラスの虹鱒を2引き釣り上げているところはさすがです。ちなみに自分は午前中ボーズでクサってました。

今日の成果(+昨日の分??)



高田乗組員
その後も北上を続けた後、対岸の九頭龍に移動し南下を開始したが、魚の反応は以前ないままであった。そのうえ、風も再び強まり波が高くなり始めた。、このときの二人は「今、何時?」「まだ、8時半です」と普段より時間の進みが遅く感じられ、お互い早く帰りたいという気持ちが表面化しつつあった。が、プリンス前で私の2色ミノーに待望のあたり。昨年から使い始めたケッズミノー7cmはいいサイズが出やすく、今回も40cm強と個人的にはグッドサイズ。10時半くらいにも白浜で3色40cm弱の良型をゲット。
早速水槽?に入れようとしたところ、前日釣り上げられたであろうトラウトが残っていた。これはいつも釣果が少ない私たちへのすずきボートの新サービス?かとも一瞬思う一方で、その6匹のどれよりも大きいことに満足する私でした。
午後にて遂に…
 お昼をはさんで休憩中に松田さんの”強風がやんだら、チャンスがくる!!”と電話との激励を胸に、午後出港。
 しかし、相変わらずの強風で白浜しか波が穏やかではないので重点的に白浜を攻めました。コンスタントに高田さんは2匹Get。自分も1匹釣ってボーズを逃れひとまず胸をなでおろす。
 そしてすずきボートに帰ろうかと3時過ぎに、白浜の南側で遂に大きく竿がしなりました!!!
 度々流木&太い綱など本日釣ってたので、今回もそうかと思いきや、竿をががんがん引いてきました。
 こりゃすげぇでけぇぞとわくわくしながら慎重にランディング。最後まで引きが弱まる事もなく無事GET!!


午後にようやくヒット


富永-サクラ45cm


現認-しっかり45cmあります
10時頃、富永船長はいつもの調子で睡眠タイムに突入。操縦を代わり、南下を続け元箱根湾の入り口が見えたところで、突然強風と大波が・・・。方向転換して北上しようとするも、風に煽られ船の向きが変わらず。大波にぶつかる度に水しぶきが船内に飛びこんで来ていたが、冨永船長は相変わらずの熟睡状態。「すごい人だ。」と思っていたがさすがに3回目の水しぶきで目がさめたようだ。しかし、起きてからの船長の操縦は確かなもので、ようやく危機を脱した。たまたま、4人用の大きいボートだったため、無事に帰ってこれたようなものでしたが、後で聞くところによると強風で遊覧船も元箱根湾方面は運休であったということです。 11時頃すずきボートに戻り、午後も行なうかどうか躊躇していたところにVCR松田さんから電話で「強風が止めばチャンス」と励まされながらも、うだうだと12時半まで車内待機。

午後1時少し過ぎに再開したものの風は収まらず、白浜でグルグルとトローリング。風が弱まったところを見計らって再度百貫の鼻へ移動したところで、富永船長のシェルスター3色に微妙な反応。またも寝ていた船長を起こし、念のため引き上げたところ塩焼きサイズ。それまで強風の影響でおまつり・根掛りが多発していた冨永船長は「今日はこれでもういいです。」と半ばヤケ気味。百貫沖でチビマスを釣り上げた小生に対しても、「こんな小さいの見たことありません。」といつもの暴言王モードへ。
 午後2時半にようやく芦ノ湖も普段の状態になり、やる気のでてきた高田乗組員とやる気のない冨永船長で再度白浜へ。4〜5周ほど回り、そろそろ帰港しようとしたところ、いきなり冨永船長のロッドがしなる。「なんだか大きいです。」と冨永船長は言ったものの午前中に流木を釣った経験からいまいち反応が薄い。しかし、巻上げを開始するとその大きな物体が動き始めた。「きっと大きい」と確信をもった船長は数分の格闘の後、無事サクラマスがネットへ。

戦い終わって
 無事ランディングした魚は45CMもの桜鱒(?)一応聞いたら、すずきボートおじさん曰く”こりゃ鱗が取れすぎるから桜鱒でなくヒメマスだな!!”との事、この辺は写真を参考に決めて下さい。
ラインは5色でルアーはフェイクベイドというスプーンでした。
ランディングの後気づいたんですが、自分のラインが切れてました。うーんラインが切れるか切れないかギリギリの所での勝負だったんだなぁと改めて感じました。
 
釣った魚は焼き魚として食べました。ちょっとでかかったですが…
また次回も大物釣りたいです!!
今日も暴言王は健在!?でした


傍から見ていた感想としては、サクラマスって動きが速いということが分かっただけです。釣ったルアーは最近芦ノ湖で評判?の”フェイクベイト”で、5色だったということです。小生は「狙っていたのはこっちだったのに」と思いつつも一応賞賛の言葉をかけるが、返ってきた言葉は「もう、銀山湖に行かなくてもいいや。サクラマス釣っちゃったし」と強力なボディブローを食らう。
 その後,箱根湾内でちびを釣り上げるも、またもや冨永船長にやられまくりの一日でした。
End of report back          home