LAKE TROLLERS FISHING REPORTS
May 17, 2003
中禅寺湖
アングラー 土屋 太郎
■■   ■■   ■■

日時 : 2003517日(土)
天気 : 曇り(のち濃霧)
釣果 : ホンマス×3匹(27cm前後)、ブラウン×1匹(32cm)
水温 : 68゜C(ヒットゾーン10m〜20m)
ルアー: バッセル、シェルスター

「今日はやるぞー!」と気合を入れ、銀山マスター今野師匠の操船のもと、早朝4時に出船した。濃霧が被う暗闇の中、トローリングを開始した。0500ホンツカから沖に向うと、シェルスターにヒット有り。なんなくランディングしてみると、ホンマスであった。湖面は晴れたり、霧になったりの繰り返しで気まぐれな天気。ボートの位地がつかみずらく、方位も非常につかみずらい状況であった。
ホンツカ、岡甚、フランス沖、大尻をしばらく攻めるがアタリがないためポイントを移動。国道沿いへ移動すると、ダルマ石沖にヒメトロ船が群がっていた。近づくと、ヒメトロ船+トローリング船が集結しておりかなり混み合う。
コース取りが難しい!岸からのフライアングラーの邪魔にもならない様に気を付けながらの釣りとなった。
0720今度はバッセルにヒットが来た。テンションが軽いため、軽々巻き上げてみると再びホンマスであった。

同乗の今野師匠は0910国道から岡甚へ戻る途中、自作スペシャル角ルアーにてホンマスをゲット。この後、師匠は予定どおり早めに帰宅した。
一人になった自分は再度気合を入れ直し、あこがれのレイク・ブラウンを狙うべく、再び国道へ戻った。水深
20m前後に根付く大物を目標に、バッセル赤銀と茶金を左右から落とし込み、底すれすれを泳がした。ダルマ石から13番へ向かう途中、1100左舷側のSMITHのロッドがコンコンとしなる。素早く、フッキングした。何が釣れたのかワクワクしながら慎重に巻く。上げてみるとブラウンであった。これまた小さいがブラウンはブラウン。嬉しいものである。

やる気を増した私は引き続き国道沿いを探る。(濃い霧が立ち込め山側に移動したくても行けない状況が続く。)
1200過ぎからヒメトロ船が少なくなり、
自由にコース取りができるようになった。
しかし、ここで事件発生!ボートのスクリュ―が突然「ガーン・ガボボボ!」と異音を発しエンジンストール。なんと、師匠からお借りしていた魚探のセンサー部が絡まり、作動停止。しばらく呆然とし自己嫌悪に陥る。これ以降、水深が判らなくなったため、沖めをトロールする。15:00には再びホンマスをゲット。本日4匹目の釣果となった。。



まずはヒメマスゲット!

今野さんも自作角でヒメマスゲット


ヒメマス−ルアーバッセル

今日の釣果

17:00頃には岡甚前に戻り、所々でライズしていた魚を狙うがノーヒット。18:00に納竿とした。ブラウンはリリースし、チビマス兄弟は茨城まで持ち帰り、  フライ&塩焼きにして味わった。(料理の上手い妻に感謝。) 

自然の恵みを頂きます


料理の上手い妻に感謝!

End of report back          home