LAKE TROLLERS FISHING REPORTS
June 7, 2003
中禅寺湖

アングラー 高田進栄、チェリー富永
■■   ■■   ■■

1.前日 金曜日
予定より早く午後9時前には東京を出発することができ、午後10時半には日光〜宇都宮道路を快調に飛ばしていた。そこにVick岸から業務連絡を兼ね、金曜日の中善寺湖情報を入手したところ、大尻が好調だということであった。既に、うとうとしていた冨永船長に電話を代わって活をいれてもらう。


2.朝の部:朝4時〜11時
天候:薄曇り     
トラウト活性:まずまず     富永船長活性:高い

 午前4時過ぎに出港。まだ薄暗い中そろそろと出港。ホンマスを釣ってみたい私の希望を受け入れてもらい、まず八丁出島を中心に山側を攻めることにした。他の船は国道側に向かっている船が多いらしく、男体山の方向に明かりが点在していた。私が
2色・4色、富永船長3色・6色でスタート。八丁出島を過ぎたあたりから、小型のトラウトがライズしているのがわずかに見えたが、我々のロッドはピクリとも反応しない。そのまま、山側の禁漁区の手前でUターン。まだ朝も早く、「去年初めて来た時、中禅寺湖は大きいと思ったけど、銀山湖に比べたら大したことないですね。」という富永船長の発言を思い出しても、まだまだ余裕の二人であった。中禅寺湖の禁漁
区はほぼ半分で周回する距離もほぼ半分とはいえ、幸か不幸か二人乗りのため、交代で操縦するとあまり距離感を感じない。また、慣れというのは恐ろしいもので、芦ノ湖以外では釣れない状況でも焦らなくなっている我々であった。

 再び、上野島近くまで戻ってくると、中善寺湖漁協の監視船が近づいてきた。入漁料の前売り券を購入していない釣り人を双眼鏡でチェックしているのだが、ボートに付けられている旗が入漁券の代わりになっていることは、昨年の釣行で打越さんから聞いていた。しかし、その話を覚えていないらしい船長は監視船の動きを注視していたが、湖岸に向かって入漁券の集金に向かうスピードを見て、「あんなに早ければ逃げられないですよね。」と言う。(逃げることを考えていたのか・・・。)

 そのまま、上野島と八丁出島の先端を結ぶ直線上をゆっくりと流していたところ、私の4色バッセル(白・9g)に鈍いあたりがあった。ロッドの反応が少ないので、小さい姫マスかと思ったが、リーダーを巻き始めたところで姿が見えてきた。そのまま、とくに暴れることなく近づいてきたが、さすがにボートの側まできたところで、湖底に向けてもぐり始めた。「茶色ですね。ブラウンですか?」とのんびりと見ている船長に、「すくってくれない?」とお願いする。昨年幻の60cmレイク(本人談)を逃がした翌週に買った大型ネットは、二回り小型なレイクを難なくすくった。塩谷”レイクの神様”の足元にも及ばないが、とりあえず初レイクということでうれしい。

  その後、岡甚前〜本つがまで流れていくもやはり反応無し。気のせいかオカッパリのアングラーもいまいちやる気が薄い気がする。期待の大尻に差し掛かったところで、Vickから再度業務連絡と釣果に対する問合せの電話があった。レイクが釣れたと連絡すると、お祝いの言葉のあとに、「富永の状況は?」「寝てる」の会話のあとに「代わって。たたき起こすから」ということで昨晩に引き続き説教モードに突入。 さて、肝心の大尻ですが、ニュースの影響かボートからのフライフィッシャーがたくさんいて、午前は立ち入ることも難しい状態であきらめモード。 その後は国道沿いを一回りして、再び山側に移動。大日のあたりで、芦ノ湖で見るような尻尾がキレギレの放流マス35cm前後をゲッチュ−・・・(恥ずかしい。) こちらはケッズミノー7S(白蝶貝)、2色でした。


初レイクトラウト ゲッチュー

ゲッチュー


今日は調子良い乗組員

午前中はまだ元気だった富永船長だったが…



■■   ■■   ■■

3.昼の部
午後1時〜午後4時頃
トラウト 活性:?  冨永船長 活性:ややあり
天候:霧 視界ほとんどなし。
気温:肌寒い

 冨永船長は、打越ブラウン釣師からの励ましの電話連絡を受けて、やる気回復した模様。「せめて一匹。中禅寺湖二年連続ボウズは避けたい」と意欲を見せる。出港したところ、すぐに霧が出始め視界5mの状態となったが、道具に頼る富永・高田組は
ハンディGPSのおかげで問題なく進めることができた。
 「今なら人がいない」との予想ぴったりで大尻はガラガラ。再度挑戦したものの大量の藻が発生しているようで、40ヤードでも根がかりが多発。ホームページで見られるような60ヤードというのはよっぽどの早引きかまたは、フローティングミノーを使ったずる引きなのでしょうか???
 国道沿いを行ったり来たりしたが、反応無く再び八丁出島方面へ移動。

4.夕方〜終了まで
気温:やや回復
風力:上昇
トラウト 活性:?   冨永船長 活性:低し

 このあたりから、私は爆睡モード。
 午後4時くらいにようやく目覚めたところ、富永船長の活性が大幅に下がっている。それまでにお気に入りのシェルスターをロストしたのに加え、レッドコアをプロペラで切ってしまったらしい。私も同じ時間帯に朝レイクを釣ったバッセルをロストしてしまった。(同じサイズのバッセルをまた買い集める予定)
 冨永船長は帰港時間の念押しを始める。「午後5時までですね。」「銀山湖は釣れなくても、また行く気持ちになるけど、中禅寺湖はもういいです。」(この理由は定かではない)「芦ノ湖が好き」(釣れるからであろう)
「(高田さん)早く船舶免許を取って、来年は一人で来て下さい」と愚痴モードに突入。そこで追い討ちをかけるように、私の2色ケッズミノーにレインボー35cmがヒット。今度はきれいな魚体であった。 結局、今回はこのまま終了。私は満足していますが、このままでは今後、中禅寺湖に冨永船長は来てくれそうもありません。誰か、富永船長の活性を上げる疑似餌を教えてください。
以上
次回は、魚に触れない堀乗組員を無理に誘って芦ノ湖に行く予定です。


今日は初レイクゲットで少し余裕の乗組員

天気は穏やかだが・・・

富永船長はあまり穏やかでない??

今日は魚の代わりにこれでも撮るか


もう中禅寺湖は懲り懲りと・・・
ここは修行の湖、中禅寺湖


End of report back          home