’03春の釣果その1 
はっきし言うて春はもう一回くらいランカーを釣って「その2」をUPする予定と希望と期待 感であえて「その1」としますわ。(ウソついたらゴメン。)

はずかしながら毎週行ってるにもかかわらず3月は完全ノーフィッシュ(T.T)
もうクヤシイやら腹立たしいやらで情けないですわ。んでもって4月6日加西方面の野池に
ランカーラッシュさんのアマチュアトーナメントに出せていただき惜しくも賞金圏外の4位。
(でもアライ君を頂きました。)大会終了後、その池に戻るとたて続けに36cm位のが
バイブレに2本HIT!(なんでもっとはよきてくれへんのん!)結局渋滞覚悟で夕方まで
ねばり、帰りは期待を裏切らず中国道はビッシリ。あせっても仕方ないので西宮名塩SAで
約1時間の仮眠をとって本線にでると、よけい混んどるやんけ!

続いて4月11日 仕事前に近所の野池に朝練(われながら元気な中年やのぉと感心する。)
プリかMIDかの調査をしたくネストができそうなポイントを偏光を通して見てまわるけど
確認できず。昨年より約10日〜2週間遅いかと推測する。自分の憶測では17日の満月で
一斉に始まり出すかとも思うたりもするが参考にしないで下さい。あくまでも憶測ですから。
06:40〜08:00までやってバイブレとスピナベで38×2本をGET。可もなく不可もなく朝の
チョイの間の時間ではまぁまぁと納得し、仕事(現実の世界)にむかいました。

そんつぎ4月13日 AHO(アホ)第1回大会。このクラブルールは無茶です。3/4oz以上のルアー
のみ使用。キーパーは55cm以上。もちろんメンバーは私を含めAHOばっかし・・・・・
でもルアーのみ前日に規制緩和して頂きました(^^)今回は琵琶湖のオリーブさんのボートに
お世話になり、琵琶湖では経験豊富なT口氏とパートナーを組む。心強い。エンジンをT口氏
エレキを私が転がし3m以浅のシャローエリアをEXヘビーのロッドと3/4ozのスピナベで探るも (これで来たら気持ちええ〜ねんけど・・・)全く生命反応は感じられず。
バイブレーション、トラウトベイト、ラバージグ ダイナミックに投げまくる あかん・・・
昨日の雨が水温を低下させたのか他のメンバーもバイトが無い模様で不安が・・・ファイト!

T口氏の提案でポイントをもう少し沖の5mエリアにあるエリのストラクチャーに変更しスピナ ベをフリーフォールしたりカーブフォールしたり中層〜ボトムを聞くように引くウィード
が当たっただけでもアワセを入れてしまうアセリようである(^^;

んもぉ〜っ!!最後の手段と言うかサイズ関係なしでとりあえず自分の活性を啓発するために
フェイバリットNo1の6”ワッキーをフォールさせる。スローフォールはじれったい。
しかし我慢我慢・・・・・・・コクッ  ん? フンガ−ッ!よっしゃのった!
5秒後に、いつも釣っている小バスではない事は感じた。5lbのラインとセコいマス針を後悔
したところで遅い。口切れ覚悟で追い合わせを入れる、無情にも手に入れたばかりのSTELLAの ドラグは回りっぱなし、事前にラインとロッドの限界で作動するように調整しているのでどう する事もできない。エラ洗いをカマされロッドを水面にたたきつけた時の腹を見て半ばライン ブレイクを覚悟しながら興奮で足が微妙に震える。今度はボートの下に潜られる。も〜あかん !T口ちゃん!ネットたのむわ!(横ですでにネットを持ってスタンバイしてくれていたT口氏 の姿は眼中にあるはずがない)T口氏(実はこの氏は昨秋64モンスターをGETし放心状態でネ ットを水中に捨てた実績あり)の適切な協力で「よっしゃ!捕った!」ランディングに成功し ました。
深い朝霧のなかビッグママを手にしてZIPPOの香りと2人の高笑いが琵琶湖にこだましました(^ ^)

これがあるからやめられまへんな〜。