ファースト・ステージ 3日目



下田到着 Jogo 携帯メール 2005/07/16 15:31

 今日はAM4時半、川奈発、11時半、下田外浦着(海人)でした。

 外浦で千葉さんにお会いしました。今日、明日とシーカヤックを楽しむそうです。

 残り2日休みがありますが、ひとまず目的地に到着したので帰宅します。次は十日後、28日からさらに西を目指します。

 僅か3日、110キロのツーリングでしたが十分シーカヤックを堪能でき、その魅惑的世界に触れることができました。満足でした。

 神谷さん、サポートと毎晩の天気情報ありがとうございました。見送りに来てくれた皆さん、下田で会った皆さん、ありがとうございました。See you!.




海人の前で tetsuyak メール 2005/08/16 17:14

 外浦海岸KAI'TO前で,カヤックのメンテをしていたら,快晴の湾内に城後さんが到着。

 非常に暑い中で「ごくろうさまー」と冷たい飲み物等を飲みながら,パドリングしてきた状況のお話を聞きました。

 「暑かったでしょう」と聞いたら,「暑さよりも向い風がきつかった」とお話されていました。


 城後さんは東伊豆の海岸の素晴しさを話していましたが,KAI'TO長桶さんから,ナライ(北東)の風が強くなることが多く,エスケープ可能な湾が少ない東伊豆はシーカヤックには厳しいエリアだという話が出ていました。

 お昼ご飯をKAI'TO前でみんなで食べてお喋りを,その後,私達が水辺でハシャギ遊んでいるのを城後さんも岸壁でみていました。

 その後しばらくして,下田駅から伊豆急でお帰りになりました。




帰宅しました Jogo 掲示板 2005/07/16 19:05

 風呂から出て、ビールの栓を抜いたところです。

 沢山の書き込みありがとうございます。

 しおさん ども。利島とのこと。台風の影響は大丈夫でしょうか?。なんとかスタートを切れました。今後も前進していきます。

 ISOさん、こんなことになってしまいました。またCtoCのデッキでビールのみたいです。。

 なんと、るりさん。。。そうなのです。こんなことになってしまい、、いえ、ファルトをやめたわけではないんですよ。カヌーをオールラウンドに楽しみたいなと。。ファルトで荒川→大阪をやった野人Tさんからも、このコースの細かいデータをもらいました。皆に助けられえます。




3日目 Jogo 原稿 2005/07/21 14:55

 3日目 7月16日(土) 川奈→下田外浦 40km 4:30出発 11:30着 本日の重宝 冷たい麦茶とスタミナ焼肉弁当

 2:30起床。今日は下田まで行きたい。神谷さんに送ってもらった天気情報だと午後から向かい風になり、しかも熱い一日だという。スタート時間を早くしたかった。3:30に出発したかったが、ゴロタの浜でビーチブレイクきついので、暗い中での出艇が出来なかった。早い出発に備え、昨夜のうちに朝食用のご飯と、一リットルの紅茶は前夜のうちに作っておいた。明るくなり始めた4時半に出発。川奈岬を回ると、東の水平線から日が昇り始めた。


伊豆は大観光地だ。それはキャンパーには冷たいということを意味している。僕はキャンプにこだわっていない。必要あらばホテルや民宿を積極利用しようと思っている。


 川奈、城が崎海岸にかけての景色はすばらしい。伊豆高原の峰、リゾートホテルや別荘群は、南仏やギリシャとも違う和式のリゾートの風景。岩肌はたけだけしく、勇ましく、夜の2時間スペシャルの殺人事件のドラマに使えそうな海岸線が続く。

 稲取沖から海人の長桶さんに「昼前に外浦に到着します」と連絡する。今回、シーカヤックの保管を長桶さんにお願いしているのだ。外浦に着くと、シーカヤックが堤防の上に置いてあるのが見える。上陸すると長桶さんの奥さんがすぐに冷たい麦茶を入れてくれた。遠慮なくいただく。生き返った。今日は本当に暑かった。自分で用意した紅茶は飲み干していた。

 ツアーを終えた長桶さんがお客さんと帰ってきた。焼肉スタミナ弁当をご馳走になる。海人のメンバーの人と話をしながら弁当を食べると、疲れがポロッポロッと取れていく。気持ちがいい。HPを見ていてくれた千葉さん夫婦に会えた。今日は外浦周辺をプライベートで漕いで、明日は長桶さんのスクールを受けるそうだ。東京からの一泊二日の大人の臨海学校かな、こういうのも肩の力が抜けていて、いい遊び方だなと思った。


帰りの電車で合い席になったおじさん。「何?、5.4mのフネで九州まで行く??、5.4mって三間だな。そんなのでいくのか、それはなかなか出来ない体験だな」とおじさんは言うのであった。


 ギラギラの太陽。海の家から聞こえるアロハな音楽。今年の夏は暑くなりそうだ。




前を見る 戻る 次を見る