セカンド・ステージ 16日目



和歌山管区 1次任務完了 Moto 掲示板 2005/8/12(金) 22:10

 Jogoさん本日お昼、無事 和歌浦MolaMolaベース到着。

 片付けの後、お疲れBeer1本飲むやいなや、カミヤッカーサポート隊長に拉致され愛知へと陸路護送されて行きました。 そろそろ到着の頃でしょうか。

 Jogoさんお疲れさまでした。お船は3rdステージ開始まできっちりお預かり致します。ちこっと、デザインが変わってたら、ごめんなさいです。

 カミヤッカー隊長任務ご苦労様です。お歳ですから無理をなさらぬように。




16日目 Jogo 原稿 2005/8/17(水)  09:25

 8月12日(金) 田杭6:00発→和歌山12:30着 35km

 昨夜、焼き肉屋の駐車場でモトさんと別れ、神谷隊長の車で田杭に帰った。神谷さんは漁港のスロープ近くのコンクリートの上にテントを張って寝ていたようだが、コンクリートが含んだ熱のせいで寝苦しかったようだ。


 神谷さんに見送られ、出発。田杭から有田にかけては、景色、海、どれをとっても西紀伊きってのシーカヤックゲレンデだ。特に沖をつっ切てしまったが湯浅湾は最高レベルであろう。島も多く、海鹿(あしか)島や鹿尾菜(ひじき)島といった、愛嬌のある名前が付いた島もある。

 和歌山市の和歌浦湾に入る。岸には大工場、発電所、ディズニーランドのようなアミューズメントパークが見える。まるで東京のお台場のようだ。それなのに水質は、日御碕とほとんど変わらない。


 molamolaの本拠地、毛見海岸でモトさん、クラブ員のマルさん、そして神谷さんの出迎えを受ける。この和歌浦湾は不思議なところである。海南市周辺は、リゾートマンションやアミューズメントパークがあり、アーバン。アメリカのシアトルのようなシーカヤッキングが楽しめる。しかし対岸の海草郡側では、ソラスズメやオヤピッチャなどの熱帯魚が群れ、ハード珊瑚が見れる。本州では、ほぼここでしかないのでは?、という不思議な環境だ。

 4人で軽く漕いだ後、毛見海岸に上陸。フネを海岸に上げた後、みなプカーと波間に浮かび、体を冷やす。強烈な太陽、高い気温、こんな時には、こいつが一番。


 そうこうしてるうちに、どっかで見たことのある犬が二匹、波打ち際で遊んでいる。そして飼い主を見ると、、、なんと東紀伊で会った斉藤さんではないか。斉藤さんは大阪の人で、今日は大阪から和歌山にラーメンを食べに来たと言う。そして偶然毛見海岸を散歩していて、僕のシーカヤックを発見したという。何たる偶然だ。旅はこれだから面白い。本来ならここで住所の交換をするところだが、なんか、斉藤さんとはまた再会するような気がした。だから住所の交換なんていらない!と思い、ペンとノートを差し出すのをやめた。


 molamolaのクラブハウスは毛見海岸から道路一本隔てた広い土地の中にあった。広いウッドデッキ、そしてマイクロバスがクラブハウス。水は井戸水を使ってるという。なんと贅沢な!。

 マルさんはこのまま、ここから帰省するという。帰省先は長崎の九十九島!。実家からすぐにシーカヤックを海に出せる環境という。運転、お気をつけて。そして僕もいつになるかわからないけど漕いで九十九島まで行くぞ!。




セカンドステージのゴール カミヤッカー 日記 2005/8/13(土) 18:10

 日ノ御崎の北にある田杭浜から、5:50スタートです。波、風とも非常に穏やかでした。

 今日は、38Kmを漕ぐ予定です。

 13時頃、和歌山市南部の毛見のビーチにゴールしました。モーラモーラのモトさんと、マルさんと、私の3人で海上で出迎えました。


 旗を付けてのロール。ポールは、3秒くらい遅れてて上がってきました。抵抗は全く感じないとのことでした。その後、和歌山マリーナシティを一周してビーチへ上陸。

 上陸するとそこには、偶然にも新鹿で世話になった斉藤さん夫妻がいました。奇跡的な再会。

 モーラモーラの基地でカヤックと道具を洗い、サードステージ再開までの間預かってもらいました。





セカンド・ステージ 17日目(最終日)



緊急指令 さらくわ 掲示板 2005/8/13(土) 00:35

 和歌山管区和歌浦ベースキャンプ総長Moto殿に告ぐ。

 早急にJogo艇の両サイドに「Molaレンタル艇・¥1000/1h」と記入すべし。 本指令は極秘裏に遂行し、上利で米とウメを当方に送付することとする。

 くれぐれも所有者本人に気づかれぬよう任務遂行することを切望するが、万が一気づかれても当方は一切関知しない事を承知の上で最善を尽くすべし。

 以上。




お疲れ様でした! わたボー!! 掲示板 2005/8/13(土) 00:41

 Jogoさんセカンドステージお疲れ様でした!

 いやいや、早かったですね!

 それにしてもMolaMolaのMotoさんに艇を預けられるとは、度胸ありますね(笑)!

 サードステージ始める頃には、デザインが変わるどころか、艇自体変わってしまっているとか「仕方がない、僕の船を貸してあげましょう」とか言われますよ!(間違いない!笑)

 多分カミヤッカーさんもそのへんを知りつつ、Jogoさんの体まで奪われないよう早々愛知にかくまったんだと思いますよ!(大笑)

 でも、各地域地域のカヤッカーがサポートしてくれることって本当に凄いですね!

 Motoさんくれぐれも来年の熊野川マラソンにJogoさんの船で出ないでくださいね・・・。そして、たまには三重にも遊びにきて下さい。

 話がそれましたが、Jogoさん本当にお疲れ様でした。全てのステージが終るまで応援し続けますよ!




事情聴取 カミヤッカー 日記 2005/8/13(土) 18:35

 昨日夕方、セカンドステージ終了後、Jogo氏を拉致監禁、愛知県のとある場所に設置されている『GO WEST対策本部』へと夜23時頃連行し、風呂に入ってもらい、冷房のきいた部屋で休んでいただきました。

 今朝からは、カミヤッカー刑事曰く「ニ三、聞きたいことがある」とのことで、事情聴取開始、ファースト・ステージ、セカンド・ステージの状況を根堀葉堀聞き出す。

 その後、サード・ステージの打ち合わせ、フォース・ステージの構想へと進み、無事、身の潔白が証明されたので、最寄のJRの駅まで送り、そこで釈放。Jogoさんは、一人、青春18切符で逗子へと帰りました。




ありがとうございました Jogo 掲示板 2005/8/13(土) 10:25

 皆さん、こんにちは。

 多くの声援、そしてサポート、ありがとうございました。

 昨日の昼に無事、和歌山の毛見海岸に到達しました。フネはmolamolaのモトさんに預かって貰ってます。モトさん、お手数かけますが、エキスプローラーをよろしく!。

 昨日、サポート隊長の神谷さん宅に一泊、今日の午前中は、セカンドステージの事情聴取、その後今後のプランニングについて話し合いをしました。どのルートを通り西に進むか、難問続出です。

 早ければ2週間後に再スタートを切ります。そのための準備に今後入ります。また皆さんのサポートや情報提供の協力を仰ぐことになると思います。その時はどうぞよろしく。

 下田〜和歌山、十二分にシーカヤッキングを楽しめました。今まで以上にシーカヤックにはまりつつあります。いや、ほんと、シーカヤックはすばらしい。細かいことは帰宅してから書きます。今後ともよろしく!。




指令了解&お疲れ様でした。 Moto 掲示板 2005/8/13(土) 21:39

 さらくわ領主様 了解致しました。かの艇は当方でよしなに扱いまする〜〜〜。

 うぐ。わたボー鋭い!なかなか速そうなお船ですからの〜〜〜。

 それではMoto's Go EAST ! 小山ハウスとさらくわを襲撃し三浦半島まで。。。計画でも練らねばならんか〜〜〜。。。っと。

 でも、ちこっと人が旅してるのを見てると自分も。。。なぞと考えてしまわなくも無いですね〜。実際、田んぼが許してくれないだろうけど〜。

 Jogoさんお疲れ様でした、無事 事情聴取も終わったようで、何よりです。本日、早速 農園カッティングシート製作しましたので、デカデカとお船にはっておきます〜〜〜。




前を見る 戻る 次を見る