3rdステージ 1日目



3rdステージ、スタート。 Jogo 2005/9/8(木) 携帯メール 05:36

 3rdステージ、スタート。





スタート確認 Moto 2005/9/8(木) 掲示板 11:02

 仕事の為(田んぼの台風対策の後片付け〜)見送れませんでしたが、先ほど出発地の浜に海へと向かうカヤック・ワーゲンの轍を確認してきました。


 現地の状況は P−カン 波 無し 台風のおかげでしょうか、対岸に淡路島の影その奥に四国徳島の影が見える状態でした。

 気温は高いので大変でしょうが、無事 四国到着を祈っております。

 あっ!追伸 Jogoさん〜〜〜〜すいません。カヤックかなり派手になってしまいまして。。。。




昼寝 Jogo 2005/9/8(木) 携帯メール 15:49

 和歌山6:30発 淡路島 南端西側ビーチ14:00着。紀伊水道無事通過。


約45Km。

 水道ど真ん中に、ハリセンボンがいた。なかなか愛嬌のある顔だった。


 淡路島はここだけ時間が止まっているのでは?と錯覚しそうなのんびりした所だ。そよ風にうたれながら木陰で昼寝をしていたら2時間もたっていた。

 明日は難関、渦潮の鳴門海峡の突破だ。




サポーター Jogo 2005/9/8(木) 携帯メール 17:45

 3rdステージは野遊び屋(香川県のシーカヤックツアーの店)の吉川さんに、サポートに入ってもらっている。地元の人からの情報やサポートは大変ありがたい。


 今日漕ぎ終えた時点で、吉川さんは「後は楽勝だね」と笑う。紀伊水道はそれだけ難関という評価なのだ。だけど僕は明日の渦潮鳴門海峡を頭に浮かべ、素直に笑えない。やや顔が引きつるのであった。




お疲れさまです 吉川 2005/9/8(木) メール 17:59

 城後くん、凄いスピードで紀伊水道終わらせてしまいました。この分だと、もしかすると明日には野遊び屋へ到着するやもしれません。


 横断が終われば鳴門近辺はまったく心配無しと思います。

 また何かあればご連絡いたします。

 ではでは、




1日目 Jogo 2005/9/12(月) 原稿 20:28

 3rdステージ、和歌山から東香川の簡単報告をします。

 期間は9月8日から11日。

 7日の夕方、横浜で吉川さん(野遊び屋)にピックアップしてもらい、和歌山へ。3rdステージは出発からゴールまで吉川さんにお世話になりきり。

 8日のAM3:30和歌山毛見海岸着。シーカヤッククラブMOLAMOLAさんのクラブハウスで仮眠。

 5時起床。6:30出発。

 午後から風が吹く予報だったので、早めの出発。7日に台風14号が日本海を東進。和歌浦湾には避難している船が多数。

 紀伊水道の中央は南からの台風うねりと北東の風がかち合い、いやらしい波。船は30隻ぐらいと交差、そのうち巨大船は3隻。

 淡路島潮崎を回りこむと大鳴門橋が見える。きれいな橋だ。淡路島南端の吹き上げ浜に上陸。 吉川さんがわざわざ浜に来てくれている。レモンジュース差し入れ。美味い。


 町を散策したが、何にもないところだった。玉ねぎの産地らしく、玉ねぎの香りが町を包んでいた。




前を見る 戻る 次を見る