4thステージ 9、10、11日目



4thステージ終了 Jogo 2005/9/23(金) カミヤッカー(代筆)との携帯での会話 21:30


 9:00頃、もりともさんが車でピックアップしてくれた。その後、福岡県のとあるサーフ・ポイントへ移送。13時頃到着。

 そのサーフ・ポイントには、水野さん、松本さんを含む総勢10人の九州のサーフカヤッカーが集結していた。

 そして、サーフカヤックでのセッション。夜になると同じ場所で宴会になだれ込みました。

 ここで、4thステージでお世話になったシーカヤッカーのみなさんにお知らせがあります。「約束していた油谷のシーカヤックのイベントへは、行かないことにしました。申し訳ありません。」

 なぜかというと、最大の理由は蓄積された疲労です。   お許し下さい。


 しかし、ただ疲労感だけではなく、達成感、安堵感なども入り混じったような複雑な感情・心境です。

 その達成感というのは、なんといっても、昨日の「屋代島 ― 国東半島の周防灘横断」です。2ndステージの駿河湾横断も、長距離、見えづらい視界と、よく似た横断だったのですが、駿河湾横断の頃の自分と比べ、いろいろな面での成長を明らかに実感じた充実した横断が出来たことが最も嬉しいです。

 ということで、明日、逗子へ帰ります。




その後 Jogo 2005/9/24(土) 携帯メール 16:57

 23日朝、福岡のもりともさんに国東半島まで迎えにきてもらい、シーカヤックと僕を回収してもらいました。

 午後から九州のサーフカヤッカーと合流、波乗りを楽しみました。


 今日は帰宅します。お昼博多ラーメンを食しました。


大盛り豚骨ラーメンとおにぎりでした。




キャッチ〜リリース もりとも 2005/9/24(土) 掲示板 17:19

 昨日国東半島にてキャッチ、さきほど新幹線博多駅にてリリースいたしました。








博多駅から帰っていく後ろ姿。

 山口・広島方面の皆様、お届けできず申し訳ありません。スケジュール的にはいっぱいいっぱいでした。

 今回は思いのほか、多くのお知り合いと会うことができ、満足したようです。


 九州ラーメンも食うために漕いできた?てのも、いかしてます。(私の勝手な想像ですが)




高木さん Jogo 2005/9/24(土) 携帯メール 17:26

 もりともさんに博多駅に送ってもらう途中、アウトドアショプロッキーに立ち寄った。


 店には福岡のNoriさんが訪れていた。彼はスキンカヤックの世界では知る人ぞ知る存在だ。出来立ての削りだしたパドルを見せてもらった。




ありがとうございました Jogo 2005/9/24(土) 掲示板 23:28

 皆さん、ども。

 今、帰宅しました。元気です。

 旅先では、お世話になりました。おかげさまで、良い、思い出に残る旅が出来ました。

瀬戸内海の潮流の動画
しまなみ街道、船折瀬戸、大潮最強流9ノット。川のようというより、川だ。
しかしこれほど水量豊富な川もないから、川とも違う気がする。ど真ん中をジェットコースターのように進むべし。
漕ぎあがろうなんて考えないこと。6時間待てば上流が下流に変わるのだから。

 4thステージで印象に残ったのは潮流と船舶。それとハイライトは伊予灘の横断。

 そして、何より多くのカヤッカーの皆さんに出会えたこと。スタートでの野遊び屋の皆さん、広島の皆さん、会えなかったけど山口さんのWAKAさん、福岡ではサーフカヤッカーの皆さん。本当に楽しかったです。

 4thの詳細は、後日、早めに書きます。

 では!。




前を見る 戻る 次を見る