山行内容について

H・F・M・Cで行っている山行内容を説明します。

■合  宿…………目的を決め、長期間大きな山に登ります。縦走、ピークハント、登攀と、色々な方法で行います。

■軽 山 行…………日帰りで、近郊の山を登ります。

■原 登 山…………ガイドブックに載っていないルートより、山に登ります。

■岩登り入門………全会員を対象に行う、基礎的な岩登りの技術講習会です。

■岩 登 り…………岩を登ります。岩登りをしない人は、参加する必要は有りまん。

■沢登り入門………岩登り入門を終えた会員を対象に行う、基礎的な沢登り技術講習会です。

■沢 登 り…………焚火をしたり、魚を釣ったり、滝を登ったりしながら、沢を遡行します。主に夏に行います。

■歩荷(ボッカ)…荷を重くして山を登る、体力トレーニングです。主に合宿前に行います。

■アイゼン歩荷……上記の歩荷を、アイゼンを付けて行います。主に積雪期の合宿前に行います。

■脚力訓練…………荷を軽くして、長距離を早めに歩く、脚力トレーニングです。

■雪上訓練…………雪の上でアイゼン、ピッケルの使用方法や、滑落停止、確保練習をします。

■モギ雪訓…………雪の無い時に、アイゼン、ピッケルの使用方法、歩き方を練習します。

■納 山 祭…………一年の終わりにキャンプをしながら行う、懇親会です。

■ビバーグ訓練……緊急時を想定し、テント無しで一夜を過ごす練習です。岩場、雪上で行います。