’00.5.4〜5.6 佐渡島→新潟→万座温泉ツーリング

この頃は会社の仕事がかなり忙しく、GWも本当に休めるかどうか怪しい状況で、前もって予定を入れることが全然できなかったのが結果的には幸いしました。
なんとかGWを人並みに休めそうだと分かったのが5月1日。本当なら群馬の四万温泉(かなりのお気に入り)にでも宿をとってゆっくりしたいところなのですが、あまりにギリギリすぎてもう予約もできない。。。普通の旅行はもうあきらめた。

それならこの休みはどこか遠く、かつ普段なら絶対に行けない場所に行ってみようと思い、選んだのが佐渡島でした。

【出発直前のズ】

本当なら朝6時30分出発の予定でしたが、興奮して眠られず結局こんな時間(写真右下)に出発することになりました。

 

 

 

 

 

 

【お約束 その@】

湯沢付近のP.A.です。当然一人でもこれはヤリます!!

 

 

 

 

 

 

 

【新潟港到着】

お仲間に会えてちょっと安心しました。

 

 

 

 

 

 

 

【お約束 そのA】

佐渡島のとあるバス停留所です。すぐ前の道を結構頻繁に車が通ってたため、僕のコマネチも少し遠慮気味です。。。

 

 

 

 

 

 

【トキ記念館】

佐渡島といえばやっぱりトキでしょう。
でも、あんまりおもしろくなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

【雪にクリビツ!!】

大佐渡スカイラインです。自衛隊の駐屯地がありました。
雪もこんなに残ってました。ビックリしました。

 

 

 

 

 

 

 

【キリもすごかった。。。】

ほんの2、3メートル先も見えないようなヒドい霧で、対向車線を走ってきた観光バスとあわや正面衝突!という瞬間もありました。

 

 

 

 

 

 

【佐渡金山到着】

スカイラインをひたすら走り、峠を越えるとそこには佐渡金山が。
苦難の道であっただけ、感動もひとしお。気合入れて砂金を採るぞ!と
思ってた頃に撮りました。・・・でも、実は、砂金が採れるのはここじゃないということがこの後判明し、少しがっかりしました。

 

 

 

 

 

【佐渡金山入山】

観光客がいっぱいいました。バイクツアラーもいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

【佐渡の北端より】

正確には北端寄りの道からの写真です。綺麗な島ですよね。
道も思ったより悪くなく、快適でした。

 

 

 

 

 

 

【ちょっと北海道チック】※標識に注目!!

佐渡に一泊しての二日目の朝です。ドンデン山に向かってます。
綺麗な空と山の景色に思わず一枚。惜しむらくは、道のカーブ。
標識の速度表示にはビックリしました。(ウソです。修正してます。)

 

 

 

 

 

【これもエエ感じ!?】

カメラを道に置き、セルフタイマーをセットし、ダッシュで戻りました。
この後、車が通りかかったのですが、間一髪でカメラを守りきりました。

 

 

 

 

 

【大佐渡ロッジ at ドンデン山】

元国民宿舎です。今は閉鎖されてます。ここからはトレッキングができることもあり、
たくさんの人がいました。景色は非常に良かったです。

 

 

 

 

 

 

【一人記念写真の図】

団体旅行などの時、記念写真を撮るあの場所です。人の流れの合間を縫ってやってみました。とはいえ、やっぱり少し恥ずかしかったです。

 

 

 

 

 

   
【これもお約束】

他の観光客の隙をつき撮影。でも、フラッシュのせいでやっぱり気づかれポーズをとってる自分がちょっと恥ずかしかったです。

 

 

 

 

 

【かなり座りたかった】

このおじいさんとおばあさんは人形ですが、しゃべります。で、そこに座っている人に向かってリアルに話し掛けてきます。前にいっぱい団体客がいたので座りに行くのはやめました。でも、今度行くときは絶対座って本気でこの二人と会話します!!

 

 

 

   
【「恋や」の手打ちそば】

インターネットで見つけ、絶対食べに行こうと思ってました。このセットで、1300円ぐらいだったように思います。美味かったので文句なし。

ここはすぐ隣でペンションもやってます。

 

 

 

   
【佐渡ゴールドパークにて待望の砂金採り】

採ってます!採ってます!!みんな真剣です。僕の隣の白い顔したおばちゃんは、何度もここにきたことがあり、今回は友人を連れてきたそうですがさすがに複数回砂金採り経験者だけに、なれた手つきで砂金を採ってました。

僕も、20分で3粒ほど採れました。こういった単純な作業に熱中できるひとは是非行ってみてください。

僕は結構面白かったです。

 

   
【金の延べ棒採取!!】

・・・のはずがありません。
実は、右の通りです。

チョコはおいしかったです。あと、砂金アイスもありました。当然食べました。

 

 

 

   
【佐渡名物 たらいぶね】

これは今回の旅の主な目的のひとつです。一人で乗りに来てるのは僕ぐらいでした。案の定、悦に入って舟を漕いでると順番待ちしてる子供に、「あの人一人で乗ってる。変な人〜」とわざわざ指をさされながら笑われました。旅の恥は掻き捨てです。。。

 

 

 

   
【発見!!】

この日は日差しが結構強く、このお母さんの顔も笠の影に隠れて僕はどんな顔をしてるのかほとんど見えてませんでした。で、帰ってきてこの写真を現像してビックリ!・・・こ、こんなに美人だったなんて。。。

 

 

 

   
【お祭り】

が、佐渡港付近でありました。盆踊りの屋台も出てました。楽しそうでした。

うちの田舎(徳島)でも、10月にお祭りがあり、屋台が出ます。屋台には子供達が乗り、太鼓をたたきながら町中を練り歩くというものですが、なんとなくその祭りを思い出しました。

 

 

   
【鴻上温泉】

帰りのフェリーに乗る間際に行った温泉です。近所の人達でにぎわってました。イイお湯でした。マッサージもついでにしてもらったのですが、マッサージ師のお兄さんも昔バイクに乗ってたとかで意気投合し、会話を楽しみました。
今度佐渡に来るときはまずここによりなさい、そうしたら佐渡の隠れたスポットを教えてあげようとのことなので、次の機会にはこのお兄さんに会いに、一番にここを訪れようと誓った単純な僕でした。

 

 

   
【草津温泉近くの道端にて】

すごいでしょ!?草津温泉近くの道すがらにはこんな感じの場所がいたるところにあります。
今回は万座温泉を目指してたので草津はスルーしましたが、いつか草津にも泊まってみたいものです。

 

 

 

 

   
【万座温泉 万座温泉ホテルにて】

僕の万座での入浴はこのホテルの温泉に決定!!会社の先輩に教えられて目指してきました。お風呂の数は湯治場の日進館を合わせると、6〜7種類ぐらいあったように思います。どれも本当にいいお湯でした。

 

 

 

   
【天空風呂にて】

たまたま誰も入ってなかったので、セルフタイマーでパシャリと。いい眺めでしょ?でも、すぐ横にスキーヤーのための道があり、浴槽のそばを立って歩いていると通行人からは丸見えになってしまいます。まぁ、減るもんじゃなし、別にいいですけどね。

 

 

 

   
【日進館】

ここは雰囲気もまさしく湯治場でした。この時、湯治客がどれぐらいいたのかはわかりませんが、湯治客用の料金表を見ると、3ヵ月10万円ぐらいだったように思います。

でも、ここには湯治場特有のなんとなく重い雰囲気があり、元気な人がここで寝泊りすると逆に病気になりそうな気もしました。

 

 

   
   

全行程2泊3日 約1000キロの旅でした。実は、何を隠そう今回は僕のはじめてのお泊りツーリングでした。これまでは、日帰りで行ける範囲までの旅しかしたことがなかったのですが、こうして泊まりありでプランを立てるとかなり旅の自由度が増すことが分かりました。次回、この方面に来るときは、白根山にトレッキングにも行ってみたいです。

前のページへ戻る

TOPへ戻る