獣の国、アメリカの残虐、原爆関連記事:


聖書には、終末の日に大いなる破壊を行う一つの獣の国についての
預言がある。その国はどの国か?
世界歴史においてあの残虐な原爆をあえて使用し
唯一の国
ためらいもなく、原爆で30万人の
日本人を殺りくしたアメリカこそその獣の国候補ナンバーワンである。また、
原爆開発、製造に携わった、アインシュタイン、マンハッタン計画オッペンハイマー達ユダヤ
人こそ獣の民である。

彼等ユダヤ人には、日本人虐殺の大罪がある。
メシヤニックジューを始めとする「キリストを信じていると自称するユダヤ人」の
信仰がもし本物なら、日本人に対して偉そうな講釈をたれるその前に
この罪を土下座して謝るべきではないのか?
 
 

----------------------------------------------------------------------------------
 
 

以下関連記事;

                           原爆投下、市民殺りくが
                                             目的

                           米学者、極秘文書で確認
 
 
 
 

                                     1983年8月6日(朝日新聞)

                                  原爆投下、市民殺りくが目的
                                     米学者、極秘文書で確認
 

                           原子爆弾が広島に投下されてから6日で38年。こ
                           れについて米最高首脳はこれまで「軍事目的に限
                           定して使った」(トルーマン大統領回顧録)とし
                           てきたが、実は「日本への原爆投下の目的は一般
                           市民を大量殺りくすることにあった」とスタンフ
                           ォード大の米歴史学者が極秘文書で確認、近く出
                           版する本で発表する。また広島、長崎に「米人捕
                           虜がいる」と英国情報部などが警告したのにもか
                           かわらず、米政府はこれを無視したという。(パ
                           ロアルト<米カリフォルニア州>菊地特派員)

                           スタンフォード大歴史学部のバートン・バーンス
                           タイン教授は、原子爆弾が日本に投下されたと
                           き、まだ小学生で、辺りの人々が「これで戦争が
                           終わった」と喜んでいるのを記憶している。しか
                           し、スタンフォード大で歴史学を専攻するうち、
                           なぜ人々が原爆投下を単純に受け取っているか、
                           について疑問を持ったという。あのころドイツが
                           降伏し、日本だけが世界を相手に戦っていたのに
                           なぜ原爆を使わなければいけなかったか、につい
                           てである。この疑問を解明するため米軍事外交文
                           書を研究するうち、“歴史の偽り”を発見したと
                           いう。
                           同教授が入手した極秘文書によると、1945年7月
                           31日、原爆投下についてスチムソン米陸軍長官を
                           囲んで最高会議が開かれた。その際ノーベル賞学
                           者のE・ロレンス博士(サイクロトロンの発明
                           者)は「科学者としては原爆を直接日本に投下し
                           たくない。まず米国の砂漠などで世界の代表者を
                           呼び、公開の場でその威力を見せるべきだ」と主
                           張した。しかし、他のメンバーたちは「もし原爆
                           が不発だったら世界の笑いものになる。ともかく
                           日本へ投下しよう」と主張して決定を見たとい
                           う。
                           投下地点の選定については、「軍事施設のみとい
                           う科学者の主張に米軍側が強く反対し、結局、民
                           間人を大量に殺りくすることが決定された」とし
                           ている。
                           人類初の原爆は“効果半径”約1.8キロ。同教授の
                           入手した米空軍史(部外秘)によれば、「その火
                           の玉を広島の住宅密集地、商業地区に投下せよ」
                           との命令が出ている。投下時間は午前8時15分。
                           「これは工場労働者が仕事を始め、市民の子ども
                           たちが戸外に遊びに出る時間帯。米軍はまさにそ
                           こを狙ったのだ」と同教授。
                           しかしトルーマン大統領はその回顧録で「原爆は
                           非戦闘員の婦人、子どもを避けて、軍事基地だけ
                           に限定して使った」と書いている。
                           この広島原爆で護送中だった米人捕虜23人が死亡
                           した。この事実は1945年10月9日、国際赤十字が
                           確認したが、米当局は公表を避けているという。
                           同教授によれば、それは、原爆投下の直前、米国
                           は英情報部から「広島に米人捕虜がいる」と通告
                           を受けていたがこれを無視したからだという。
                           米戦略空軍司令部の極秘電報(45年7月30日付)
                           によると同司令部は長崎には米人捕虜収容所があ
                           ることを確認、ワシントンに打電した。しかし投
                           下は強行された。結局、長崎の原爆は目標を少し
                           ずれたため、約1400人の米人捕虜は助かった。
                           同教授はトルーマン大統領の内政、外交政策につ
                           いて研究を続けるうちに、あるときふと、「広島
                           で米兵捕虜も爆死しているのではないか?」とい
                           う疑問を抱き、政府や軍に当たったが答えは得ら
                           れなかったという。
                           しかしその後、ワシントンの国立公文書館で「極
                           秘」扱いを解かれた兵士らの「軍歴書」の中に、
                           「ヒロシマで戦死」との記述を見つけ、米兵捕虜
                           被爆死の事実を確認した。
                           とはいえ、軍歴書は、乗機を撃墜され捕虜になっ
                           て広島で死んだ、としているだけで、それが原爆
                           によるものであることにはまったく触れていな
                           い。その遺族らも、被爆死どころか広島で死んだ
                           ことすらも知らされておらず、日本上空で撃墜さ
                           れ戦死、あるいは戦傷死したものと信じていた。
                           政府が秘密にしていた理由について同教授は「米
                           国民の大半が支持した原爆投下で米兵が殺されて
                           いたとなれば、世論は批判にかわり、第2次大戦
                           直後の冷戦激化の中での核戦略に重要な影響をも
                           たらす、と懸念したからではないか」と語り、
                           「一般市民はもちろん、味方の軍人まで犠牲にし
                           ても平気な“戦争の狂気”を告発したい」といっ
                           ている。
                           バーンスタイン教授はこれらの新発見を基に近く
                           「核軍縮への道」(仮題)という著書を出版する
                           が、「米外交文書の公開は軍事機密に関しては特
                           に厳しい。1978年に資料要求したものが最近やっ
                           と数点入手できたほどだ」と語っている。
 

                           (注)原爆の投下目標として検討された都市は東
                           京など16都市があり、最後に広島、小倉、長崎の
                           3目標に絞られた。8月9日の第1目標は小倉だった
                           が、天候その他の条件が悪いときは長崎に投下す
                           ると決まっていた。
 
 

                                    1994年12月23日(朝日新聞)

                                      原爆投下批判する論文
                                  米歴史学者 道義的責任問う
 

                           【ロサンゼルス22日=杉本宏】米国立スミソニア
                           ン航空宇宙博物館が来年5月に計画している原爆
                           展の諮問委員会を務めた著名な歴史家、バート
                           ン・バーンスティーン・スタンフォード大教授が
                           米外交雑誌フォーリン・アフェアーズの冬季号
                           (来年1月発売)に「広島再考」と題した論文を
                           寄稿、対日戦の早期終結に向け「米指導者は原爆
                           使用以外の道を探求しなかった」などと、日本へ
                           の原爆投下に批判的な説を展開していることが22
                           日、明らかになった。
                           これまであまり注目されなかった歴史資料を引
                           用。非戦闘員の大量殺傷に「大きな道義的責任」
                           を感じなくなったことが響いていると指摘するな
                           ど、当時の米指導層や国民の戦争モラルを正面か
                           ら問う内容となっており、原爆投下50年をめぐる
                           日米間の論争に一石を投じそうだ。
                           同氏は、米国の原爆製造を主導したマンハッタン
                           計画の目標委員会の会議録などをもとに寄稿。ニ
                           ューメキシコ州での爆発実験前から日本での投下
                           先が詳細に検討され、都市中心部に目標が定めら
                           れていた事実を紹介しながら、米指導層が当初か
                           ら市民の大量犠牲を前提にしていたとしている。
                           原爆投下が早い段階で既定路線になった背景とし
                           て、同氏は米軍によるドイツのドレスデン空襲や
                           東京空襲など戦略爆撃の例を挙げ、指導層や国民
                           の戦争モラルが変質したと強調。「民間人の大量
                           殺傷」を許す素地があったため、原爆投下を避け
                           ようとはしなかったと主張している。
                           その上で、こうした「道義感」の変質を「第2次
                           世界大戦の産物」とし、日本軍の南京虐殺やナチ
                           ス・ドイツによるユダヤ人大量殺害と米国の原爆
                           投下に本質的な違いはないと結論づけている。
                           この論点は、スミソニアン原爆展の展示原案に含
                           まれていたが、元軍人団体などの反発を受け、最
                           近の案からは削除されている。同氏は論文につい
                           て「学者のコンセンサスと世間の認識の差を少し
                           でも縮めることに役立てれば」と話している。

                           マイケル・シェリー・ノースウエスタン大教授
                           (歴史学)の話 原爆投下を戦略爆撃の延長戦に
                           位置づけ、当時の政策決定者に道義的自制心があ
                           ったかどうかを検証する視点は比較的最近のもの
                           だ。憶測的な論点もあるが、論文は論議を呼ぶだ
                           ろう。
 
 

                                    1994年12月24日(中日新聞)

                                原爆投下 早期降伏、目的でない
                            米歴史学者が外交誌に論文『日本への懲
                                               罰』
 

                           【ニューヨーク22日共同】米国立の有力外交専門
                           誌「フォーリン・アフェアーズ」は来年1月9日発
                           行の最新号で、太平洋戦争末期の広島、長崎への
                           原爆投下は日本の降伏を早めたり、米軍兵士の犠
                           牲を回避するのが目的で決断されたわけではな
                           い、との内容の米歴史学者の論文を掲載する。

                           1945年8月の原爆投下をめぐって米国では、戦争
                           終結を早め、日本本土上陸作戦を無用にすること
                           で米軍兵士50万人の生命を救うために決断され
                           た、などと正当化する議論が有力だが、論文はこ
                           うした米国の一般的な見方の修正を迫っている。
                           執筆したのはカリフォルニア州スタンフォード大
                           学のバートン・バーンスタイン教授。当時の政策
                           担当者のメモや日記、また秘密解除された公文書
                           などの資料に基づいて当時の政策判断を検証して
                           いる。
                           それによると、戦争末期の45年、日本が降伏しな
                           ければ米軍は11月1日に76万7000人の部隊による
                           九州上陸作戦の実行を計画。その際には最大2万
                           5000人の米側戦死者を予測していた。続いて翌46
                           年3月1日に計画していた東京正面の上陸作戦では
                           1万5000人から2万1000人の戦死者を予測してい
                           た。
                           バーンスタイン教授は、上陸作戦による50万人の
                           戦死者予測などは存在せず、当時の米国指導者は
                           より大きな犠牲を避ける目的で決断したわけでは
                           ない、と主張。また最大で計4万6000人と予測さ
                           れた米軍の戦死者発生を回避するためでもなかっ
                           たとして、日本に懲罰を加えることが原爆投下の
                           本来の目的の一つだった、と説明している。
                           また、原爆開発のマンハッタン秘密計画は約20億
                           ドルの資金を投じて推進されたため、ルーズベル
                           ト、トルーマン両大統領は政治的にもその成果を
                           示す必要があり、民間人に大量の犠牲者が出るこ
                           とが分かっていながら原爆投下の決断を下した、
                           としている。
 
 

                                     1995年1月12日(朝日新聞)

                                原爆投下 戦争モラル変質の所産
                           一般市民を巻き込んでも構わないという意
                                                識
 

                           米スミソニアン航空宇宙博物館の原爆展や米郵政
                           公社の原爆切手問題をめぐり、日米の「国民感情
                           を逆なでする」ような論争が起きた。今年は第2
                           次世界大戦集結50年。広島、長崎への原爆投下に
                           至る大戦をどう受け止めるべきなのか。米国など
                           旧連合国の間で様々な記念行事が繰り広げられる
                           だけに、日本も無関心ではいられない。9日発行
                           の米外交誌、フォーリン・アフェアーズ冬季号
                           で、原爆投下の道義を問う論文を発表したスタン
                           フォード大学の歴史学者、バートン・バーンステ
                           ィーン教授に聞いた。(米カリフォルニア州パロ
                           アルト=杉本宏)

                           バーンスティーン・スタンフォード大教授語る

                           第2次世界大戦は、指導者や国民の戦争モラルを
                           変質させたという意味で画期的だ。非戦闘員の殺
                           傷を極力避けなければならないという古い倫理規
                           範は薄れ、一般市民を戦争に巻き込んでも構わな
                           いという意識が支配的になった。
                           都市を体系的に狙う戦略爆撃は民間人の大量殺害
                           を前提にしていた。こうした下地があったからこ
                           そ、原爆投下に大きなためらいはなかった。
                           当時、トルーマン大統領の周辺で、広島、長崎へ
                           の原爆投下や戦略爆撃に苦悩の表情を見せ、戦争
                           モラルについて真剣に問題提起したのはマーシャ
                           ル陸軍参謀総長だけだった。
                           側近の多くは投下後に、「反対だった」などと当
                           時を振り返っているが、広島以前に反対したとい
                           う史実は見当たらない。スチムソン陸軍長官は非
                           戦闘員の大量殺傷に悩むが、それが起きていない
                           と自分で自分を納得させていたようだ。周りも長
                           官が不安なことに気付いていたので、意識的に言
                           及を避けようと努めた。
                           戦後になって「軍事目標を狙った」などと回顧
                           し、原爆投下を正当化したトルーマン大統領も当
                           時は、長官ほどではないが、こうした「自己欺瞞
                           (ぎまん)」で心理的不安を取り除こうとした。
                           技術の発達は戦争観を変える。が、私は技術決定
                           論の立場を取らない。そこには指導者による決定
                           がある。戦略爆撃や原爆投下は「非人間的」な決
                           定だったと思う。
                           戦争モラルの変質は大戦の所産だ。ナチス・ドイ
                           ツや軍国日本が原爆を持っていたならば、使わな
                           かったと信じる理由はないと思う。事実、ユダヤ
                           人虐殺や日本軍のアジアでの蛮行があった。
                           米国だけが原爆使用のオプションを持っていた。
                           そして、それを「恐ろしいもの」と見なさないで
                           使った。
                           先の大戦で原爆使用の恐ろしさがわかったため、
                           再び使うのが難しくなったという議論がある。冷
                           戦時代、核兵器のおかげで米ソのもろい平和が保
                           たれていたという説だ。越えてはいけない「モラ
                           ルの敷居」がみんなに共有されているというが、
                           キューバ危機などで使用が真剣に検討されたこと
                           を忘れるべきでない。核保有国も増えた。都市爆
                           撃は朝鮮戦争やベトナム戦争などでも続いた。冷
                           戦後のいま、モラルの敷居が高くなったかどうか
                           は非常に微妙だ。
                           原爆投下をめぐって日米が、お互いに道義的責任
                           をなすり合っても仕方がない。それぞれに責めを
                           負うべきところがある。しかし、現在の日本の歴
                           史教育では、南京虐殺や従軍慰安婦問題について
                           健忘症になってしまう。米国の教育も大戦の醜い
                           側面をなかなか認めようとしない。
                           原爆展をめぐる在郷軍人会の反発は、愛国主義の
                           名の下に歴史を無視しろと要求しているに等し
                           い。非難よりも歴史の精査と再構築に時間を費や
                           すべきだ。それは市民の義務だ。
 

                           [解説]

                           米国人に原爆投下について聞くと、「戦争の集結
                           を早め、日米の多数の人命を救うために使った」
                           という返事が多い。
                           「戦勝国」のモラルが一般の米国人に浸透してい
                           るからだろう。民間人の大量殺傷に割り切れなさ
                           を覚えても、リーメンバー・パールハーバーや日
                           本軍の残虐行為、「民主主義対ファシズム」など
                           で正当化しようとする心理が強く働いてしまう。
                           バーンスティーン教授は、大戦の意味を「道義的
                           自制心の喪失」ととらえることで米国人の一般的
                           な意識に修正を迫っている。
                           原爆投下を戦略爆撃の延長戦に位置づけ、当時の
                           米政策決定に道義的自制心が明確にあったかどう
                           かを検証する研究は比較的最近のものだ。米歴史
                           学者の間で「原爆は戦争の早期終結のために不必
                           要だったという説がコンセンサス」(米原子力規
                           制委員会の歴史家サミュエル・ウォーカー氏)に
                           なってからのことだ。
                           教授はこうした道義論を一歩進め、「どの当事国
                           も民間人の大量殺傷に鈍感になった」という視点
                           から米国の原爆投下責任を認め、その上で日本に
                           も過去の清算を問いかけている。
                           米国の責任軽減につながるとの批判もあろう。ど
                           の国も当時、原爆を持っていたならば、使用した
                           だろうという教授の説は多分に憶測を含む。原爆
                           投下論議をめぐって、「日米間の歴史の共有」を
                           模索しようとする動きが米国内に芽生えてきたこ
                           とは、注目に値する。
                           あえて世間の「常識」に挑む教授の発言には、米
                           国の将来への思いが強くにじむ。今後、米国が内
                           外の諸問題に打ち勝っていくためには、「人間性
                           に支えられた健全な愛国心が必要だ」という信念
                           だ。教授は「戦勝ムードに流されず、歴史を直視
                           し、未来に向けて教訓を学ぶ態度を持たなけれ
                           ば」と言う。(杉本宏)

                           【関連記事】

                           日本に原爆を4発落とすべきだった 遊説
                           先で米下院議員
                           【ポートアーサー(米テキサス州)23日=AP】米
                           民主党のジャック・ブルックス下院議員(テキサ
                           ス州選出)は22日、遊説先のポートアーサーで、
                           対日輸入問題などに対する質問に答えた中で「
                           (第2次大戦中)トルーマン大統領は(日本に)2
                           発の原爆を落とさせたが、彼は4発の投下を命令
                           すべきだった」と発言した。
                           ブルックス議員は1945年8月、広島と長崎に原爆
                           が投下された当時、米海兵隊の一員として日本本
                           土侵攻を準備中だったという。同議員の発言につ
                           いて、スポークスマンは単なる冗談であり深刻に
                           受け取られては困る、と述べた。(朝日新聞
                           1986/10/24)

                           放射線の人体障害 原爆投下前にかなり予
                           測? 「防護手引き」用意
                           第2次大戦中のヨーロッパ戦線で、ナチス・ドイ
                           ツ軍が毒ガスのかわりにウランやラジウムをばら
                           まくなど放射能攻撃を仕掛けてくることを想定
                           し、米軍が極秘に防護作戦の手引きをつくり前線
                           に配っていたことが、米国立公文書館の資料から
                           13日までに明らかになった。広島、長崎への原爆
                           投下の前年に配られた手引きには、白血病か脱毛
                           など放射線の人体への影響などが、すでに詳しく
                           書かれている。米国側が原爆投下後の放射線障害
                           をどの程度まで予測していたかは、軍事機密とし
                           て戦後44年たったいまも明らかにされていない
                           が、歴史研究者らは「被爆者の放射線障害を、か
                           なり見通していたことを裏付ける資料」として重
                           視している。
                           この防護手引きは、広島、長崎に投下された原爆
                           の開発過程を調べている東京工業大学の山崎正勝
                           教授らのグループが、米国立公文書館に保存され
                           ていた米国の原爆開発(マンハッタン計画)の責
                           任者、レスリー・グローブスのトップシークレッ
                           ト資料集の中から探し出した。
                           作戦暗号名は「ペパーミント」。司令部がヨーロ
                           ッパ戦線の部隊などにあてた書簡、メモと一緒
                           に、「戦時における放射性物質の使用手引き」
                           (A4判24ページ)が入っていた。配布されたの
                           は、1944年4月24日から同年5月6日にかけて。冒
                           頭には「ドイツが数年前から行っているある種の
                           化学開発が進んでいれば、放射線物質を軍事的に
                           使うだけの量を生産していると考えられる」と
                           し、ドイツ軍が放射性物質を使って攻撃してきた
                           ときの備えと、併せて報復攻撃も想定している。
                           放射線の人体への影響については、白血病のほ
                           か、貧血、内臓疾患、やけど、脱毛、爪(つめ)
                           の異状などに触れ、「100レントゲンあれば歩兵
                           の攻撃を止められる」としている。また、毒ガス
                           に比べて攻撃の持続力は数時間から数年間続き、
                           「汚染された土地に入るのは危険」と注意。放射
                           性物質の効果が部隊内に伝わると、兵隊が恐怖心
                           を持つから極秘を指示している。
                           研究メンバーの木本忠昭・東工大助教授は、「マ
                           ンハッタン計画の中でも放射線の影響を調べるた
                           め人体実験が行われていた」と指摘。「見つかっ
                           た防護手引きは、人体実験など当時の研究データ
                           をもとにつくられたのだろう。この資料だけでは
                           米国側が人体への放射線影響を厳密に予測してい
                           たとはいえないが、白血病や脱毛など個別の影響
                           については相当の知識を持っていたはず」と話
                           し、原爆投下をめぐる人道上の問題も改めて提起
                           している。
                           研究グループは、科学技術史の点からマンハッタ
                           ン計画を3年がかりで再調査し、年内にも報告書
                           をまとめて出版する。(朝日新聞 1989/08/14)

                           '40年代に放射能被害 長崎原爆用 米の核
                           施設 住民、大量被ばく
                           【ワシントン12日=吉田(文)特派員】米エネル
                           ギー省は12日、長崎原爆用プルトニウムをつくっ
                           たワシントン州のハンフォード核施設で1940年代
                           に放射能漏れが相次ぎ、周辺住民の中にはソ連・
                           チェルノブイリ事故以上の被ばくをしていたこと
                           を示す調査報告書を公表した。核爆発による一般
                           市民の大量被ばくは広島原爆が最初だが、実は原
                           爆製造段階でも、一般市民が放射能汚染に巻き込
                           まれていたことを米政府が初めて明らかにしたも
                           ので、すでに住民の健康追跡調査も進められてい
                           る。
                           ハンフォード核施設には、チェルノブイリ原発と
                           似たタイプの原子炉があり、第2次大戦中、原爆
                           製造用の秘密施設として建設された。
                           調査報告書によると、1944年から47年の間に、同
                           核施設周辺の住民27万人のうち、5%にあたる1万
                           3500人が甲状せんに33ラド以上の放射線を受け
                           た。被ばくの大半は、放射性ヨウ素によるもの
                           で、汚染された牧草を食べた乳牛の体内で放射性
                           ヨウ素が濃縮され、その牛乳を飲んだ人が内部被
                           ばくした。
                           乳幼児はとくに放射性ヨウ素の甲状せんへの蓄積
                           率が高いため、がんを含む甲状せん異常の発生率
                           が高いとみられており、周辺地域にいた乳幼児
                           1400人のうち、1200人が15−650ラドの放射線を
                           浴びたと分析。中には2900ラドもの放射線に襲わ
                           れた子どももいるとしている。
                           また64年から66年にかけて、同核施設の近くを流
                           れるコロンビア川も汚染された。下流の住民7万
                           人について調べたところ、放射性リンによる被ば
                           くが、骨で最高0.05ラド、消化器官で最高1.7ラド
                           あったとの分析結果を得た。
                           今回の報告書は調査の途中経過をまとめたもの
                           で、さらに分析を進める方針。またこれらの被ば
                           くによる健康への影響については、米疾病管理セ
                           ンター(CDC)が別途、疫学調査を進めている。
                           ワトキンズ同省長官は「放射線のレベルは健康障
                           害を起こす危険性があるものだ」との見方を示し
                           ている。(朝日新聞 1990/07/13)

                           『真珠湾は過去』74% 60%が原爆を正当
                           化
                           【ロサンゼルス1日共同】4人に3人は日本の真珠
                           湾奇襲を“遠い過去の出来事”と見なしている一
                           方、過半数の人は広島、長崎への原爆投下は正当
                           化されると考えている−−。米カリフォルニア州
                           の住民を対象に行われた電話による世論調査で1
                           日、こんな米国人の対日意識が明らかになった。
                           調査は世論調査団体の「カリフォルニア・ポー
                           ル」が9月下旬、998人を対象に行った。
                           それによると、太平洋戦争開戦から50年たった今
                           日、74%の人が真珠湾奇襲を「現在、将来にわた
                           っての日本との関係の中では考慮に入れなくてい
                           い、と考えている」(世論調査担当者)ことが分
                           かった。
                           しかし、ドイツをもはや敵国とは思わないと答え
                           た人は86%だったのに対し、日本は81%とわずか
                           ながら旧敵国への意識の差も現れた。
                           原爆投下については60%が正当化しており、「悪
                           いことをした」と答えた28%を大きく上回った。
                           また67%の人が、日本人は原爆を投下した米国に
                           敵意を持っていると答えた。(中日新聞
                           1991/11/03)

                           米の対日計画 原爆投下 京都も標的 米
                           軍資料から解明
                           広島、長崎に原爆が落とされて48年目−−。厚い
                           ベールに包まれていた米国の対日原爆投下計画の
                           全容が、樟蔭女子短大(奈良県香芝市)の吉田守
                           男助教授(47)ら研究者たちの手でほぼ解明され
                           た。これによると、米軍は終戦前日まで日本上空
                           から「模擬原爆」を投下してリハーサルし、京都
                           をはじめ主要都市に原爆投下の構えでいたことが
                           判明。「米国は文化財保護で古都の爆撃を避け
                           た」という、いわゆる“ウォーナー伝説”を覆し
                           た形だ。(編集委員・黒住隆興)

                           吉田氏が原爆投下問題の究明に取り組むようにな
                           ったのは20年前の京大大学院生のとき。「米国は
                           空襲を避けた」とされた京都にも、実際は「迷い
                           子」のB29が2回も空襲、米軍資料で伏字にされて
                           いることに強い疑問を抱き、同じ伏字の米軍原爆
                           投下部隊・509混成群団の存在も知った。
                           その後も、米軍の資料を集めて米国の対日原爆投
                           下計画の大筋をつかんだ。昨年5月には、吉田氏
                           の調査を裏付ける同部隊の極秘を解かれた文書が
                           米国で見つかった。「徳山の空襲を語り継ぐ会」
                           メンバーで、徳山高専教授の工藤洋三さん(43)
                           が米国アラバマ州マックスウェル空軍基地のシン
                           プソン歴史センターから入手したものだった。
                           509混成群団の「作戦任務報告書」と「野戦命令
                           書」で、愛知県の市民グループ「春日井市の戦争
                           を記録する会」の金子力さん(43)=春日井市東
                           部中教諭=が独自に調査した資料を加え、別掲の
                           「509混成群団の作戦行動」一覧表(※江原注:
                           割愛)がまとまった。
                           一覧表では、1945年7月から8月までの作戦行動を
                           「1」から「18」まで番号をつけ、「13」が広
                           島、「16」が長崎への原爆投下。残る16の作戦が
                           模擬原爆の投下になっている。
                           つまり、米軍は8月14日までの1カ月足らずの間
                           に、延べ50機のB29で49発(1発は海上投棄)の1
                           万ポンド(約4.5トン)の巨大爆弾を投下。日本の
                           上空1万メートルをゆうゆう飛んで、その高度か
                           ら原爆投下の“リハーサル”をしていたことにな
                           る。
                           模擬原爆の投下目標は、目標都市としての京都、
                           広島、小倉、新潟の4エリアに分けられた。京都
                           は当時、原爆投下の対象からはずされていたにも
                           かかわらず、広島の原爆後から終戦の前日にかけ
                           て集中的な投下ぶりが目を引く。
                           もともと、京都は原爆投下の第1目標と決められ
                           ていた。米政府は目標選定委員会を45年5月に開
                           き、京都、横浜、小倉、新潟を投下目標都市と
                           し、京都は広島と並んでAA目標として「予約」、
                           通常の爆撃禁止命令も出された。
                           京都の投下は京都駅西1キロの現JR梅小路機関車
                           庫を爆心地として、航空写真も用意され、直径3
                           マイルの円も描き込まれた。
                           その後、候補地は差し替えがあって二転、三転。
                           京都もスチムソン陸軍長官が「京都に原爆を落と
                           せば、日本人の反発を招き、戦後の占領政策がう
                           まくいかなくなる」と唱える政治的理由で7月22
                           日、対象からはずされた。
                           にもかかわらず、509混成群団のグローブズ少将
                           は空襲禁止リストから京都をはずさず、実戦部隊
                           は、あくまで原爆目標として「温存」、リハーサ
                           ルも繰り返されていた。
                           模擬原爆のリハーサルで注目されるのは、天皇を
                           殺害して英雄になろうとしたパイロットが皇居を
                           爆撃しようと東京へ投下したケースも含まれてい
                           る。

                           509混成群団
                           日本へ原爆を投下する部隊として、1944年12月、
                           マンハッタン計画(原爆製造計画)の総指揮官だ
                           ったグローブズ少将によって編成され、テニアン
                           島を基地に改造B29が15機配備、総兵力1767人が
                           配属された。グアム島の米第20航空部隊に所属、
                           その行動は長くトップ・シークレット。47年7月
                           に解散。

                           ウォーナー伝説
                           ハーバード大付属フォッグ美術館東洋部長で日本
                           研究家のランドン・ウォーナー博士(1881−
                           1955)が京都、奈良、鎌倉の文化財を守るため、
                           米政府へ爆撃しないよう進言、空爆除外に成功し
                           たとされる。日本では「日本文化の恩人」とし
                           て、それらの古都など6カ所に記念碑が建てら
                           れ、勲二等まで授与されている。(中日新聞
                           1993/08/05)

                           “原爆の父”が人体実験要求 米エネ省研
                           究所がメモを公開
                           【ワシントン16日=山口勉】米エネルギー省ロス
                           アラモス研究所(ニューメキシコ州)は15日、
                           「原爆の父」と呼ばれる故ロバート・オッペンハ
                           イマー博士(1904−67年)が原爆開発の早期から
                           放射性物質による人体実験の必要を示唆していた
                           ことを示すメモを公開した。
                           同省の核開発をめぐる情報公開の一部として、同
                           研究所の資料公開チームのゲイリー・サンドラ博
                           士が発表したもので、44年8月16日付のオッペン
                           ハイマー同研究所長がヘンペルマン同研究所医学
                           部長にあて、プルトニウムの動物実験、出来れば
                           人体実験が必要なこと、実験は同研究所以外の場
                           所で行われるべきことがメモに記されている。
                           その上で、45年3月ヘンペルマン博士が動物実験
                           では必要なデータが得られないことを報告、「シ
                           カゴかロチェスター(ニューヨーク州)の病院で
                           1から10マイクロ・グラムのプルトニウムを患者
                           に注入、患者の死後その器官見本をロスアラモス
                           に集めて研究する」計画が立案され、昨年来、問
                           題化している18人の市民にプルトニウムが注入さ
                           れた。(読売新聞 1994/03/17)

                           「原爆の父」オッペンハイマー博士ら 製
                           造情報 ソ連に提供
                           米誌報道 元スパイが回顧録
                           【ニューヨーク17日武藤芳治】第2次大戦中に米
                           国が原爆を開発した「マンハッタン計画」の責任
                           者で「原爆の父」といわれるロバート・オッペン
                           ハイマー博士らが、核戦争回避のため力のバラン
                           スをつくり上げようと自らの原爆製造情報を当時
                           のソ連スパイに秘密裏に提供していた事実が明ら
                           かになった。
                           18日発売の米誌タイム(4月25日号)が元ソ連ス
                           パイの大物、パベル・アナトリエビッチ・スドプ
                           ラトフ氏(87)の回顧録の抜粋で紹介したもの
                           で、戦後の「冷たい戦争」も「核抑止力による平
                           和」も、実はこれら科学者たちが“演出”したも
                           のだったことになる。
                           スドプラトフ氏は現在は引退してモスクワに住む
                           が、大戦当時はソ連の欧州・北米担当情報網の責
                           任者。スターリンによるトロツキーの暗殺計画も
                           担当した大物スパイ。
                           タイム誌が抄録した同氏の英語版新著「特殊任務
                           −望まれない証人の回顧録」によると、原爆製造
                           情報の秘密提供に参加したのはマンハッタン計画
                           の責任者でロスアラモス研究所所長のオッペンハ
                           イマー博士のほか、1938年のノーベル物理学賞受
                           賞者で39年にイタリアから米国に亡命したエンリ
                           コ・フェルミ博士、さらにニールズ・ボア博士
                           ら。3博士らとも熱心な戦争反対論者として知ら
                           れるが、スドプラトフ氏によれば、「原子力の秘
                           密情報を米ソが共有することで力のバランスをつ
                           くり上げ、核戦争を回避しようとした」のが動機
                           という。
                           ソ連は広島、長崎に原爆が投下される以前の45年
                           初めに米国の原爆設計図を入手。33ページにわた
                           るこの設計図がその後のソ連製原爆の基礎となっ
                           た。ソ連は49年に最初の原爆爆発テストに成功し
                           ている。(中日新聞 1994/04/18)

                           原爆投下は「人体実験」 原水禁アピール
                           採択
                           原水爆禁止日本国民会議(原水禁、社会党系)な
                           どによる「被爆49周年世界大会」は6日午前、広
                           島市で広島大会閉会総会を開き、「ヒロシマアピ
                           ール」を採択した。
                           アピールは、原爆投下を「国際法違反はもちろ
                           ん、人体実験であった」と初めて明確に規定し、
                           「国家補償の精神に基づく被爆者援護法の制定」
                           を要求。また、「(商業利用も含めた)核絶対否
                           定」を訴え、(1)核不拡散条約(NPT)は期限
                           付き延長とし、核保有国が直ちに第3次戦略核兵
                           器削減交渉に入ること(2)包括的核実験禁止条
                           約を成立させること(3)侵略戦争への反省と、
                           一日も早い戦後補償−−などを各国政府に求めて
                           いる。(朝日新聞 1994/08/06)

                           米のプルトニウム人体実験 マンハッタン
                           計画だった 米政府が報告書
                           【ワシントン9日=大塚隆】米エネルギー省の放
                           射能人体実験調査室は9日、米国で1945年−46
                           年、18人に対して実施されたプルトニウム人体実
                           験が、原爆開発のマンハッタン計画の医学部門の
                           研究として周到に実行されていたことを突き止め
                           た、と詳細な報告書で明らかにした。
                           同省ロスアラモス研究所や、実験に参加したロチ
                           ェスター大学などで埋もれていた資料を追跡して
                           分かった。実験は同計画医学部門の研究に参加し
                           た内科医ルイス・ヘンぺルマン氏と化学者ライ
                           ト・ランハム氏が計画、ロチェスター大やシカゴ
                           大などの協力を得た。
                           原爆製造過程で強い毒性のあるプルトニウムを大
                           量に扱うため、労働者の健康への影響を知るのが
                           最大の目的だったようだ。
                           人体実験をしたのは「体内に入ったプルトニウム
                           が排せつされる早さを知るのが目的」だった。ロ
                           チェスター大では11人に注入したが、うち1人は6
                           日後に死亡、解剖で詳しい結果が得られた。
                           この直後、ランハム氏はメモで「患者が末期段階
                           なら、プルトニウム注入量を増やすよう」に指
                           示、シカゴでの実験は、2人に94.91マイクログラ
                           ムという多量のプルトニウムが注入され、患者は
                           すぐ死亡している。
                           しかし、患者のうち4人は20年以上生存、うち3人
                           はアルゴンヌ研究所が追跡調査を実施した。
                           他の実験も含めた約300ページの調査報告書を公
                           表したエリン・ワイス室長は「4月半ばまでには
                           論文や資料が見られるよう準備を急ぐ」と約束し
                           た。(朝日新聞 1995/02/10)

                           広島「調査」の学者 人体実験にも関与 
                           米ジャーナリスト明かす
                           【ワシントン17日=氏家弘二】原爆投下直後に広
                           島を訪れて被爆の実態を調べた米国の学者らが米
                           政府のプルトニウム人体実験にもかかわっていた
                           ことを、人体実験の報道でピュリツァー賞を昨年
                           受賞したジャーナリストのアイリーン・ウェルサ
                           ムさん(44)が明らかにした。
                           ウェルサムさんによると、取材の中で2つの調査
                           にかかわっていたことがわかったのは、物理学者
                           ら3人。原爆投下後間もなく、広島に入り、被爆
                           の影響などについてデータを集めた。その中に
                           は、子どもの体への放射線の影響や発病状況の項
                           目もあったという。
                           日本などに広島・長崎への原爆投下は人体実験だ
                           ったという意見があることについては、「投下の
                           目的が実験だったといえるデータは持っていない
                           が、投下後に実験と同じように調査したのは事実
                           だ」と話した。(朝日新聞 1995/03/18)

                           原爆は東京湾へ 示威投下で十分 「水爆
                           の父」が言明
                           【サンアントニオ(米テキサス州)17日=AP】原
                           爆など核兵器の開発を担当し、米国の「水爆の
                           父」と呼ばれる物理学者エドワード・テラー博士
                           は17日、第2次世界大戦末期の広島、長崎への原
                           爆投下について、戦争を終結させるために日本に
                           投下したのは正しかったが、東京湾に示威的に投
                           下し、その威力を東京周辺の1000万人の前に示す
                           ことにとどめた方がよかった、と言明した。
                           また、テラー博士は、マンハッタン計画で原爆を
                           一緒に開発したオッペンハイマー博士がこの「示
                           威投下」の案に反対したとした上で、特に2つ目
                           の長崎への原爆投下については「明白かつ全く不
                           必要だった」と述べた。
                           テラー博士は示威投下で戦争を終結できただろう
                           とした上で「死者を1人も出さずに済んだと思う
                           し、道徳的観点からも、この方がよかった」と語
                           った。テキサス州のトリニティ大学で開かれた戦
                           後50年のシンポジウムでの発言。(朝日新聞
                           1995/03/19)

                           太平洋戦争時の米首脳「原爆不要と認識」
                            米の歴史研究家が論文
                           【ワシントン3日=時事】米歴史研究家のガー・
                           アルぺロビッツ氏はこのほど、外交専門誌「フォ
                           ーリン・ポリシー」に「広島−歴史家たちの再評
                           価」と題する論文を寄稿、「太平洋戦争早期終結
                           のために原爆が必要なかったことを、当時のトル
                           ーマン大統領ら米政府首脳は知っていた」と結論
                           付け、原爆投下の目的はソ連に対する力の誇示だ
                           ったと告発した。
                           同氏はトルーマン大統領やスチムソン陸軍長官、
                           バーンズ国務長官ら当時の米政府首脳の日記や手
                           紙などを分析した結果、この結論に達したと述べ
                           ている。
                           この論文によると、米首脳部は日本の暗号電文解
                           読から、1945年7月のポツダム宣言の前に昭和天
                           皇が戦争終結の意思を持っていることを知ってい
                           た。米側も当初は原爆を使用しないでも、ソ連の
                           対日参戦方針の明示や天皇制の維持を保証するこ
                           とによって日本が降伏に応じると判断していた。
                           ところが、ドイツ降伏後、米国は戦後のソ連との
                           対立関係を意識し、「対ソ外交戦略の切り札」
                           (スチムソン長官)として日本に原爆を投下する
                           方針に転じた。(朝日新聞 1995/06/05)

                           米が核の人体実験検討 51年に29項目 ビ
                           キニ関係者が文書入手
                           広島市で28日開幕した世界平和連帯都市市長会
                           議・アジア・太平洋地域会議に出席したマーシャ
                           ル諸島の関係者が、米国が太平洋で原水爆実験を
                           繰り返していた1951−52年、核戦争の調査には人
                           体実験が不可欠と米国政府内で考え、具体的に実
                           験項目を検討したことを示す資料の存在を明らか
                           にした。「米国公文書館から入手した」といい、
                           最近、相次いで明るみに出ている米国の核人体実
                           験の証拠の1つとしている。
                           明らかにしたのは、ビキニ・アトール市の代表に
                           随行している米国人法律顧問、ジョナサン・ウェ
                           イスガル氏。米軍医療政策委員会が52年、国防省
                           長官にあてたメモは「核及び生物化学戦争の調査
                           は、人体実験なしにはデータを得られない時点ま
                           で到達している。委員会は、この種の調査に人体
                           を利用することを満場一致で承認した」と記して
                           いるという。
                           ウェイスガル氏は、その前年に米国防省医療団
                           が、29の放射能実験を提案した文書も入手。生存
                           者体内の放射能汚染、核爆発のせん光の目への影
                           響、核実験人員の体液の放射性同位体の測定など
                           の項目があり、「将来の核兵器テストに、生物学
                           者や医師の参加が必要と考えるべきだ」と結論付
                           けているという。(毎日新聞 1995/06/29)

                           日本への原爆投下 開発科学者156人が反
                           対 トルーマン大統領に嘆願書
                           【ワシントン15日共同】米国の原爆開発に参加し
                           た科学者たちが、原爆投下がもたらす悲惨さへの
                           道徳的責任を考慮、日本への投下前に、その威力
                           を示す公開の実験を実施するようトルーマン大統
                           領に求めた嘆願書をめぐる詳しい経緯や内容が15
                           日、米国国立公文書館の文書などで明らかになっ
                           た。当時書かれた嘆願書や草案類は17あり、計
                           156人の科学者が署名した。うち今回初めて明ら
                           かになった1945年7月4日付の嘆願書は、日本に降
                           伏拒否がもたらす悲劇を考える機会を与えるた
                           め、示威実験の実施を迫るなど科学者の心のかっ
                           とうが浮き彫りにされている。
                           同公文書館は17日に、存命中の科学者によるシン
                           ポジウムをワシントンで開催、嘆願書を広く一般
                           に公開する。
                           原爆開発のためのマンハッタン計画の中核施設だ
                           ったロスアラモス研究所は50年前の45年7月16日
                           未明、ニューメキシコ州で世界初の原爆実験をし
                           た。署名者の1人であるジョン・シンプソン・シ
                           カゴ大名誉教授や公文書館の関係文書によると、
                           開発の中心的存在だったレオ・シラード博士らが
                           実験の半月前の7月1日からロスアラモス研究所で
                           署名集めを始めた。この際の嘆願書は、ウラン加
                           工施設があったテネシー州オークリッジの研究所
                           にも送られ、7月4日付で計67人が署名した。
                           嘆願書は「(核)兵器の威力が世界にもたらす結
                           果により、米国には道徳的義務が生じる」と指
                           摘。「この兵器が使われる前に、威力を示すべき
                           であり、日本は降伏拒否が招く結果を考慮する機
                           会を与えられるべきだ」と勧告している。
                           同公文書館が今回一般公開する資料では、陸軍の
                           開発責任者だったグローブズ将軍が署名集めを知
                           り、150人の科学者の意見を聞いたのに対し127人
                           が示威実験を求めたことも明らかにされている。

                           人間模様よくわかる
                           伏見康治・元日本学術会議会長(物理学)の話 
                           当初はマンハッタン計画に積極的に参加した研究
                           者たちが、日本への原爆投下が間近になって悩み
                           抜いたことは、物理学者の間でうわさ話に伝えら
                           れていた。その人間模様が今回の史料公開で初め
                           て具体的に分かると言える。(中日新聞 1995年
                           07/16)

                           トルーマン大統領 原爆18発投下を承認 
                           米紙が報道
                           【ワシントン16日関口宏】米ワシントン・ポスト
                           紙は第2次世界大戦中の米国の原爆開発計画と日
                           本への原爆投下に焦点を当てた16日付の特集記事
                           の中で、当時のトルーマン大統領は1945年7月24
                           日、日本への原爆投下計画として、8月に2発。9
                           月、10月、11月に各3発、12月に7発の合計18発の
                           原爆を投下する軍事・科学顧問提出のプランを承
                           認していたと報じた。
                           同紙はこうした事実を国立公文書館が保存する記
                           録を3カ月にわたって調べた結果として報じてお
                           り、トルーマン大統領は原爆の性能が実験によっ
                           て確かめられていない状況から、原爆投下だけで
                           は戦争終結に十分ではないかもしれないと判断
                           し、11月に米兵76万5000人を九州に上陸させる計
                           画も併せて承認したとしている。
                           日本への原爆投下計画として広島、長崎に投下さ
                           れた2発のほか、さらに16発の投下が計画されて
                           いたことは、米国が大規模な日本破壊作戦を計画
                           していたことを物語るとみられる。同紙は計画の
                           詳細を明らかにしていないが、米国の原爆開発計
                           画の進行状況からみて短期間に多数の原爆を投下
                           するのは困難であり、計画は単なる机上プランに
                           すぎなかったとみられる。
                           記事はまた、原爆投下をめぐっては歴史家の間で
                           正当性が論議され、さらに日本を降伏させること
                           よりもソ連への圧力強化に狙いがあったなどとす
                           る見方に触れながら、「トルーマン大統領は第2
                           次世界大戦をできるだけ早く米国の勝利で終結さ
                           せるという最終のゴールのために原爆を使用し
                           た」との見方を裏付ける十分な証拠があると述べ
                           ている。(中日新聞 1995/07/17)

                           米国防総省 広島、長崎の原爆被爆者デー
                           タ 核戦争研究に利用
                           ABCC収集解禁文書で「モルモット説」裏
                           付け
                           【ワシントン30日共同】米国の原爆傷害調査委員
                           会(ABCC)が広島、長崎の被爆者から収集した
                           医学データを、国防総省が将来の核戦争を想定し
                           た軍事目的の研究にも利用していた事実がこのほ
                           ど、同省や全米科学アカデミーなどの解禁文書で
                           確認された。
                           国防総省は、核使用の際の医療対策に収集データ
                           が役立つと期待。広島、長崎のデータとビキニ環
                           礁での原水爆実験の資料を比較し、爆心周辺で放
                           射線から身を守るには服装をどうするか、などと
                           いった分野も研究していた。
                           ABCC設立当初から被爆者が抱いていた「モルモ
                           ット扱いしているのでは」という疑いを裏付ける
                           ものだ。
                           また日本で「ABCCの研究は非人道的」との非難
                           が強まることを恐れた米側が、病理標本やデータ
                           を重要機密資料として、その保護に極度に配慮し
                           ていたことを示す文書も見つかった。
                           1946年11月26日、トルーマン大統領は「原爆が人
                           間に与える長期的影響の研究を継続すべきだ」と
                           の陸、海両軍医務総監の勧告を承認。これを受け
                           て全米科学アカデミー研究評議会に原爆傷害委員
                           会(CAC)が設置され、現場機関として広島、長
                           崎にABCCが発足した。
                           CAC議事録によると、47年3月のCAC第1回会議で
                           海軍の代表が「防御的措置」と「攻撃的措置」の
                           両面で被爆者データを利用することを提案した。
                           またパターソン陸軍長官は同月、ジュエット科学
                           アカデミー総裁に送った書簡で被爆者研究の「軍
                           事的重要性」を強調し、極東司令部による協力を
                           約束した。
                           翌48年6月に「特殊兵器プロジェクト」(国防総
                           省国防核兵器局の前身)のハズブルック参謀長が
                           まとめたメモは、被爆者データは「放射能戦争研
                           究に非常に重要」だとして、核攻撃の際の死傷者
                           数や負傷者の治療などに関する情報への利用に期
                           待を表明した。
                           ABCCで収集されたデータや生検、解剖標本はこ
                           うして同プロジェクトや陸軍病理研究所で保管さ
                           れ、47−49年にまとめられた核戦争防護の各種研
                           究に生かされた。
                           同プロジェクトのワイナント放射線防衛局長の論
                           文は広島、長崎より良い防護施設がなければ「米
                           国の大都市では10万人以上の死傷者が出る」と核
                           シェルターの重要性を強調。ホートン同局医療部
                           長の論文は、広島の被爆者の生殖能力や遺伝的影
                           響などのデータを引用した。
                           さらにクーニー原子力委員会軍事応用局放射部長
                           の論文は、広島、長崎でのデータとビキニ実験と
                           の比較から身体器官への影響を分析。「爆心から
                           1.5キロ離れた地点なら軍服、シャツの着用でも防
                           護になる」などと指摘した。

                           今さら驚かないが…
                           近藤幸四郎・広島県被団協事務局次長の話 中学
                           生の時、先生に(調査のためABCCへ)行ってく
                           れんか、と言われた。アメリカにはとても協力す
                           る気になれず断った。モルモット扱いは、我々は
                           前々から言っていて今さら驚かない。50年たっ
                           て、ようやく証明されたかという感慨が強い。

                           ABCC
                           原爆放射線の長期的な医学影響調査を主な任務と
                           して1946年11月、トルーマン大統領が設立を指示
                           した。47年から広島、長崎で調査を開始、予算は
                           米国原子力委員会などから出された。日本からは
                           国立予防衛生研究所が参加。約12万人を対象に寿
                           命(死亡)調査、成人健康調査、病理学的(解
                           剖)調査、遺伝的調査などを実施した。(共同)
                           (毎日新聞 1995/07/30)

                           米元機長「戦争勝利に原爆必要だった」 
                           戦友会で正当性強調
                           【アルバカーキ(米ニューメキシコ州)7日=上
                           治信悟】広島、長崎に原子爆弾を投下したB29の
                           乗員が7日、戦友会が開かれているアルバカーキ
                           で記者会見し、当時の心境などを語った。会見し
                           たのは広島に投下した「エノラ・ゲイ」の機長だ
                           ったポール・ティベッツ氏(80)や他の乗員、原
                           爆を製造したマンハッタン計画にかかわった科学
                           者など10人。
                           質問が集中したティベッツ氏は「当時我々は戦争
                           していたのであり、目的は勝つことだった」と述
                           べ、「使える兵器は何でも使え」という戦略家の
                           格言を引用して、原爆投下の正当性を強調した。
                           さらに「戦争にモラルはなく、戦いの場で私は別
                           人だった」と語った。
                           また、広島に出撃した元航空士ダッチ・バンカー
                           ク氏(74)は「今日、自宅の留守番電話に日本軍
                           の捕虜だった人たちから原爆投下を感謝する7本
                           の電話が入っていた」と述べた。
                           一方、長崎に投下した「ボックス・カー」のパイ
                           ロットだったダン・アルバリー氏(74)は戦争直
                           後に長崎を訪問し、「ひどい破壊だった。(原爆
                           の)影響は続くと思った」と語った。(朝日新聞
                           1995/08/08)

                           核戦略用に設置? 米の研究所、治療はせ
                           ず
                           原爆被害を科学的にきちんと明らかにすること
                           は、被爆者の心理的な不安を解消し、核兵器の廃
                           絶を国際社会に認めさせる上でも不可欠だ。けれ
                           ども人体への影響の研究は、被爆者のためという
                           より、被爆者を利用する動機で始まったといって
                           もよい。(核取材班=添田孝史)

                           ■NYに落ちたら
                           米国は47年、原爆傷害調査委員会(ABCC)を設
                           立。広島、長崎に研究所をつくり、原爆が人体に
                           与えた影響を調べ始めた。75年からは、米国エネ
                           ルギー省と日本の厚生省が費用を折半する財団法
                           人の放影研が調査を引き継いでいる。
                           87年から全米に散らばるABCC関連の文書を探し
                           集め、ABCCの元所員らにインタビューして被爆
                           者研究の歴史を調べているペンシルベニア大のス
                           ーザン・リンディー教授に尋ねた。

                           ――ABCCの研究は軍事目的だったのですか。
                           「研究は、核兵器が人類にとってどんな意味を持
                           つかを決めるためのもので、冷戦戦略の一部だっ
                           た。米国の将来の核戦争に備えるためだったこと
                           は疑いの余地がない。ニューヨークに原爆が落と
                           されたら社会的にどうなるか、人問がどうなる
                           か、というモデルでもあった」

                           ――ABCCは調査だけで治療はしないといわれて
                           きました。なぜでしょう。
                           「治療すれば、原爆投下の謝罪につながると考え
                           ていたようだ」

                           ABCCは、多い時は1000人を超える職員を抱えて
                           いた。16万の被爆者を選び、どこでどんな状況で
                           被爆したかを数年かけて1人ひとりにインタビュ
                           ーし、亡くなった7500人を解剖した。
                           現在も母集団の12万人について、亡くなるたびに
                           その死因を追跡し、2万人を2年に1度健康診断す
                           る。8万人の被爆2世、そして2800人の胎内被爆者
                           の調査も継続中だ。放射線以外でも、疫学調査と
                           してこれを超える規模のものは世界に存在しな
                           い、といわれる。
                           被爆者をモルモット扱いしたと言われるABCCの
                           姿勢は、放影研にも引き継がれてはいないだろう
                           か。
                           占領史研究者、笹本征男さん(54)は、今年末に
                           発行される「通史日本の科学技術〈国際期〉I・
                           II」(学陽書房)の中で、ABCCの研究を引き継ぐ
                           放影研の設立目的にも不明確さが残る、と指摘し
                           ている。
                           財団法人の目的には「被爆者の健康保持及び福祉
                           に貢献する」ことをうたっている。一方、両国政
                           府が74年に交わした公式の外交文書では、目的は
                           「放射線が人に及ぼす影響の調査研究活動」とさ
                           れ、「被爆者のため」という文言はどこにもない
                           のだ。
                           ABCC、放影研の研究成果は結果として人類の貴
                           重な財産となり、被爆者にも役立ってきたことは
                           間違いない。一方で、米国側のエネルギー省は核
                           兵器開発を担当する部局である。研究成果が核開
                           発に応用されてきたのではないだろうか。

                           ■年20億円の投入
                           6月末に訪れたワシントン郊外のエネルギー省
                           で、「シーダ」という名前のデータベースを見
                           た。
                           ハンフォード、ロスアラモス、オークリッジとい
                           った核兵器製造現場で働いた人たちの健康状況を
                           1人ひとり追跡するデータベースだ。その中に
                           「JALSSA01」というファイルがあった。
                           ABCC、放影研が集めた被爆者7万5991人の被ばく
                           線量、性別、死因などの関連がオンラインで分析
                           できる。利用するにはエネルギー省の許可が必要
                           だという。
                           被爆者のデータは、実は原爆をつくり、落とした
                           国の、核兵器をつくる省に管理されていた。
                           同省のセリグマン次官補代代理は「放射線の人体
                           への影響を知るには、日本の被爆者の研究が最も
                           基本となる」と話す。被爆者のデータは、核兵
                           器、原子力関係の労働者から得られたデータと違
                           い、一挙に放射線を浴びせられた子供から老人ま
                           での男女多数が、長期にわたって追跡されている
                           からだ。
                           米国が今も年間約20億円を広島・長崎の研究に投
                           じ、威力の見直しなども進めているのは、データ
                           の重要性が極めて大きいからと思えば納得でき
                           る。原子力発電、X線などの医療分野、そして核
                           兵器工場でも、放射線をどれだけ浴びると有害か
                           という基準づくりに、被爆者を追跡したデータは
                           必要不可欠となっている。
                           データベースの中では、被爆者1人ひとりは数字
                           でしか表れていない。数字の裏には、家族や友
                           人、生活基盤を根こそぎ奪われ、病気の影におび
                           え続けた被爆者の実際の人生がある。そのデータ
                           の重みを、私たちはどれだけわかっていたのだろ
                           う。軍事、産業目的の被爆者調査の恩恵を受けな
                           がら、データの持つ意味に無関心に過ごしてはこ
                           なかっただろうか。
                           核兵器の廃絶を目指すために、「被爆者」という
                           言葉を世界共通語にしようというアピールを採択
                           したのは、内外の非政府組織(NGO)が77年に広
                           島で主催した「被爆者の実情に関するシンポジウ
                           ム」だった。以後、英語の辞書も
                           「HIBAKUSHA」と表記するようになった。
                           被爆者の思い、被爆国の願いを広く、深く理解し
                           てもらうには何をしていくべきなのか。広島・長
                           崎の原点から、もう一度考えてみたい。(朝日新
                           聞 1998/07/29)

                           米、45年の原爆投下正当化 陸軍省機密報
                           告
                           1945年の広島、長崎への原爆投下決定の経緯を記
                           録した米陸軍省の最高機密報告が、ワシントン郊
                           外の米国立公文書館で発見された。46年に作成さ
                           れた同報告は原爆投下を「正しい戦略思考に沿っ
                           た決断」と正当化、(1)日本の軍事的撃破と無
                           条件降伏達成(2)日米両国の犠牲者抑制(3)日
                           本の軍事的抵抗能力の破壊(4)決定的な軍事作
                           戦能力の誇示(5)日本への心理的圧力強化(6)
                           戦争長期化の阻止――の6項目の戦略概念が原爆
                           投下の行動指針になったと述べている。
                           「原爆の軍事的使用」(日付不詳)と題する36ペ
                           ージの報告は、陸軍省参謀本部作戦局が大戦中の
                           機密文書を基に内部資料として作成。原爆投下に
                           は戦争長期化による日本側の犠牲と破壊を防ぐ目
                           的もあったと指摘している。
                           この報告から、スティムソン陸軍長官がトルーマ
                           ン大統領(いずれも当時)に対し「日本本土決戦
                           はドイツとの戦闘よりはるかに厳しい戦いとな
                           り、米軍に多大な戦死者が予想される」と原爆使
                           用を促すメモを送っていたことも分かった。(ワ
                           シントン=時事)(日本経済新聞 1999/08/04)

                           「旧日本軍が終戦直前、原爆実験?」
                           朝鮮半島東岸沖合 GHQに極秘情報
                           【ワシントン5日時事】旧日本軍が第2次世界大戦
                           の終戦直前、現在は朝鮮民主主義人民共和国(北
                           朝鮮)領となっている朝鮮半島東岸の興南沖合で
                           原爆実験を実施したとの情報を米軍がつかみ、戦
                           後日本を占領統治した連合国軍総司令部(GHQ)
                           などが秘密裏に調査していたことが、米国立公文
                           書館で時事通信が入手した米軍機密文書(約300
                           ページ)で分かった。1947年の米軍防ちょう機関
                           の報告は「原爆に似た爆発があった」と伝えてい
                           るが、真相は解明できなかったもようだ。
                           また、これらの文書から、米軍は興南にあった化
                           学コンビナートで日本海軍が秘密裏に核開発を進
                           めていたとみて、朝鮮戦争(50―53年)に乗じて
                           疑惑施設を徹底的に爆撃していたことも明らかに
                           なった。
                           米軍犯罪調査部隊のデービッド・スネル氏は、旧
                           日本軍が45年8月12日未明、興南沖三十数キロの
                           海上で原爆実験を行い、巨大なきのこ雲が上がっ
                           たとの情報を、ソウルで元日本軍情報将校から入
                           手。退役後の46年、米ジョージア州アトランタの
                           新聞に公表したが、一笑に付されていた。
                           しかし、在朝鮮米軍司令部防ちょう部隊が47年1
                           月16日付で作成した報告は、調査結果として、
                           「日本軍は朝鮮北部東海岸沖に浮かべた小さな船
                           で爆破を伴う実験を行い、原爆に似た爆発が起き
                           た。関与した科学者らの名も(スネル報告は)正
                           確だ」と指摘、科学者は旧ソ連軍によってソ連に
                           抑留されたと伝えた。興南は8月12日、進攻ソ連
                           軍に占領された。
                           興南での日本軍の核開発説について、45年のGHQ
                           文書は(1)日本軍復員者によると、興南の化学
                           工場で原子力関係の実験が行われていた(2)日
                           本海軍は興南の化学工場の秘密部門で、「NZ計
                           画」と呼ばれる水素化合物によるジェット燃料実
                           験を実施していた(3)ソ連による興南占領後、
                           秘密施設がソ連軍に接収され、日ソ両国科学者の
                           共同研究が行われている―などの情報を挙げて、
                           徹底調査を命じた。
                           興南には戦前、日本窒素肥料(チッソの前身)の
                           大型化学工場があり、海軍と共同で重水などを生
                           産していた。
                           一方、朝鮮戦争中の米軍文書(50年12月29日付)
                           によれば、米軍は興南の化学工場施設に空爆を加
                           え、施設の95パーセントを破壊したという。(西
                           日本新聞 1999/08/06)

                           NPT派遣団が米ネバダ核実験場で抗議の座
                           り込み
                           24日から米ニューヨークの国連本部で開催される
                           核不拡散条約(NPT)再検討会議に合わせて渡米
                           した原水禁などの「NPT再検討会議派遣団」約20
                           人が21日、ネバダ核実験場を訪れた。地元のネバ
                           ダ州やカリフォルニア州、アリゾナ州などから集
                           まってきた反核運動家らとともに抗議の行進をし
                           た後、「立ち入り禁止」と書かれた標識の前で、
                           地元の警察官らの監視の中、米の未臨界核実験や
                           核兵器開発に対する抗議の座り込みをした。
                           派遣団のほか、集まった在米の反核運動家や市民
                           グループのメンバーは約30人。うち約10人は、意
                           識的に境界線を越え、拘束されることによって抗
                           議の意を示した。先祖代々の土地の中に核実験場
                           が位置する先住民族ウエスタン・ショショーニ族
                           のコービン・ハーニーさん(80)は、警察官に詰
                           め寄って、「これ以上我々の土地を汚染するな」
                           と訴えた。NPT派遣団のメンバーで被爆者の坪井
                           直・広島県被団協事務局長(74)は「核兵器廃絶
                           を願う心に、国境や民族の壁はない。互いに協力
                           し合ってがんばっていきましょう」と呼びかけ
                           た。(朝日新聞 2000/04/22)

                           NPT再検討会議に合わせ、NYで「原爆
                           展」開催
                           米ニューヨークの国連本部で核不拡散条約
                           (NPT)再検討会議が開かれるのに合わせた連
                           合、原水禁、核禁会議による「ヒロシマ・ナガサ
                           キ原爆展」が23日、国連本部近くの多目的ホール
                           で始まった。26日まで開かれる。
                           会場には、やけどを負った子どもの写真や、放射
                           線被害を示すパネルなど約60点が展示された。資
                           料は、被爆地の広島、長崎市からの提供で、両市
                           の市長から寄せられた平和と核兵器の廃絶を願う
                           メッセージも張り出された。反核の象徴とされる
                           折りづるをつくるコーナーも設けられている。
                           開会の式典で、野沢雄三・連合副事務局長(59)
                           は「再検討会議に合わせて集まるたくさんの軍縮
                           問題の専門家や非政府組織(NGO)関係者に、
                           『悲劇を繰り返してはならない』と訴えたい」と
                           あいさつした。
                           この日は、市民や旅行者らが次々に訪れ、熱心に
                           見入っていた。地元の会社員ポールライリーさん
                           (42)は「教科書に載っていない写真ばかりだ。
                           アメリカ人はもっと核の問題に関心を持ってい
                           い」と話した。(朝日新聞 2000/04/24)

                           放射線の影響、孫の代まで マウスの生殖
                           細胞に異常
                           【ワシントン6日共同】放射線によって起こる生
                           殖細胞異常の発生率は、放射線を浴びなかった子
                           や孫でも、被ばくした親と同様に高くなること
                           を、英国レスター大のグループがマウスを使った
                           動物実験で突き止め、7日付の米科学アカデミー
                           紀要に発表した。
                           放射線被ばくによる先天異常発生の可能性が、後
                           の世代にまで引き継がれることを示す結果で、グ
                           ループは「人間への被ばくの影響を考える上で、
                           重要な結果だ」と指摘した。
                           グループは、生物に与える影響の大きい中性子線
                           と、比較的影響の少ないエックス線をマウスに照
                           射。生まれた子を、放射線を浴びていないマウス
                           に交配、生まれた子(孫)を、被ばくしていない
                           マウスと再び掛け合わせた。そこで、子や孫の精
                           子などの生殖細胞の特定の遺伝子領域に発生する
                           異常の率を調べた。
                           異常の発生率は、放射線の種類とほとんど関係な
                           く上昇。孫マウスでも、放射線を浴びていないマ
                           ウスのほぼ3倍になっていることが判明。放射線
                           の影響が、被ばくをした親やその子供だけでな
                           く、少なくとも次の世代の生殖細胞にまで伝わる
                           ことが分かった。
                           グループは「生殖細胞の異常が何世代にも及ぶこ
                           とは、被ばくによる先天異常発生のリスクが、こ
                           れまで考えられていた以上に大きいことを示唆し
                           ている」としている。(共同通信 2002/05/07)

                           原爆の影響「想像絶する」 赤十字の機密
                           報告書判明
                           【ジュネーブ15日共同=藤井靖】赤十字国際委員
                           会(ICRC)の駐日代表部職員だった故フリッツ・
                           ビルフィンガー氏が1945年8月30日、原爆投下後
                           の広島を視察、「病院での状況は想像を絶する」
                           と当時の惨状を克明に記し、核兵器の使用禁止を
                           訴えた機密報告書などがICRC本部(ジュネーブ)
                           文書館に保管されていることが15日までに明らか
                           になった。
                           外国や国際機関による原爆の影響調査は、同年9
                           月9日に広島入りした米戦略爆撃調査団と故マル
                           セル・ジュノーICRC駐日代表の報告が知られてい
                           るが、これに先立って広島を視察したビルフィン
                           ガー氏の報告は昨年までICRCの機密指定が続くな
                           どし、存在そのものが一般には知られていなかっ
                           た。
                           一連の文書のうち、8月30日付で「包帯などが大
                           量に必要」とジュノー代表に訴えた緊急電報は、
                           戦略爆撃調査団が広島入りした際、計12トンの救
                           援物資を届ける原動力となった。
                           機密報告書や電報の写しはこのほど、日本赤十字
                           社経由でICRC本部から広島の原爆資料館に届けら
                           れた。資料館は今年の資料展での展示を検討す
                           る。
                           8月30日付の電報は、広島の状況について「筆舌
                           に尽くしがたい」「病院にはなお、推定で10万人
                           以上がいる」とした上で、代表が連合国軍と交渉
                           し、大量の医薬品を広島に送るよう求めた。
                           これを受けてジュノー代表が連合国軍との交渉を
                           開始。戦略爆撃調査団の広島入りに合わせて12ト
                           ンの救援物資を送り、米軍ではなくICRCの管理下
                           で物資を配給することで合意した。
                           またビルフィンガー氏がICRCを離れる直前の45年
                           10月24日付で本部にあてた機密報告書は、本文が
                           13ページ。爆心地や病院を訪問した際の様子が中
                           心で「被爆者は髪が抜け落ちているほか、高熱、
                           下痢などにさいなまされている」「患者に巻かれ
                           た包帯は古く、うみがいっぱいたまっている」な
                           どと記した。
                           報告書は、原爆の殺傷能力は他の兵器と比べもの
                           にならないと指摘。ICRCが、核兵器の使用禁止に
                           向けた運動を起こすよう提言した。

                           ビルフィンガー文書の要旨
                           【ジュネーブ15日共同】フリッツ・ビルフィンガ
                           ー氏がまとめた文書の要旨は次の通り。
                           ▽マルセル・ジュノー赤十字国際委員会(ICRC)
                           駐日代表あて電報(1945年8月30日付)
                           市の80%が吹き飛んだように見える。筆舌に尽く
                           しがたい。多くの被爆者はいったん回復した後
                           で、病状が再び急変している。病院にはなお、推
                           定で10万人以上がおり、包帯や医薬品が深刻に不
                           足している。連合国軍司令部に対し(救援物資
                           の)空中投下を訴えてほしい。すぐに行動を起こ
                           すことが極めて望ましい。医療調査団も派遣して
                           ほしい。
                           ▽ジュノー駐日代表あて書簡(8月31日付)
                           広島で1日半、過ごした。一生、忘れることはな
                           いだろう。私の(30日付の)電報は受け取ったと
                           思う。(内容は)決して誇張ではない。あなた自
                           身、できるだけ早い時期にここに来て、自分の目
                           で確かめるよう強く進言する。多くの被爆者は治
                           療が受けられず、身体の大部分がやけどで覆わ
                           れ、傷口にはハエがたかっている。
                           ▽ICRC本部あて機密報告書(10月24日付)
                           8月30日、市内を視察した。爆撃の被害は、爆風
                           と放射線、そして熱による。爆心地から半径2キ
                           ロ以内は完全に破壊され、同6キロ以内は家屋が
                           大破、10キロ離れた地点でも被害が確認された。
                           被爆者は皮膚に斑点ができ、頭髪を失い、高熱や
                           下痢に苦しんだ末、数日以内に死亡した。爆心地
                           の近くにいた被爆者は焼き尽くされ、身元を特定
                           できない。被爆者の治療に当たるべき医療スタッ
                           フや看護婦は、悲劇的なまでに不足している。
                           病院での状況は想像を絶する。患者はコンクリー
                           トの床に寝かされ、畳の上の人はわずかしかいな
                           い。患者に巻かれた包帯は古く、うみがいっぱい
                           たまっている。
                           原爆の影響は、毒ガスも含めた既知の兵器をはる
                           かに上回る。ICRCは、核エネルギーの管理に関す
                           る国際的な議論に参加し、破壊的な力を持つ核
                           (兵器)を非合法化するために影響力を行使する
                           べきだ。(共同通信 2002/06/15)

                           被爆者救援「陰の功労者」 ビルフィンガ
                           ー氏
                           【ジュネーブ15日共同】原爆投下直後の1945年8
                           月末に広島入りし、原爆の惨状を伝えた赤十字国
                           際委員会(ICRC)駐日代表部の故フリッツ・ビル
                           フィンガー氏。日本でもほとんど無名だが、同氏
                           が打った電報がなければ、直後の連合国軍の救援
                           物資は届かなかったとされる。被災者支援で「陰
                           の功労者」ともいえる存在だ。
                           スイス・チューリヒに在住の妻インゲさん(89)
                           によると、ビルフィンガー氏は44年9月、ICRCか
                           ら申し入れがあった駐日代表部職の要請を2つ返
                           事で引き受けた。上海での仕事を放り出して混乱
                           の日本に赴任するのはリスクがあったが、インゲ
                           さんは「夫は(人道問題については)理想主義者
                           だった」と語る。
                           原爆の惨状を目の当たりにしたのは、まったくの
                           偶然だった。駐日代表部は終戦後、連合国軍捕虜
                           の解放を手掛けるため日本各地7カ所に職員を派
                           遣した。たまたま広島を担当したのがビルフィン
                           ガー氏だった。
                           だが原爆の傷跡を目撃し、広島の訪問は当初の目
                           的から大きく変質した。市内を視察した8月30日
                           のうちに救援物資を求める緊急電報を故マルセ
                           ル・ジュノーICRC駐日代表に送り、翌31日には
                           「(視察の経験は)一生忘れることがないだろ
                           う」との書簡を代表に送っている。
                           広島の原爆についての著作もあるジュノー代表と
                           比べ、ビルフィンガー氏は「広島」を公表しよう
                           としなかった。同年10月にまとめた報告書でも、
                           自ら「機密かつ非公式報告」として取り扱うよう
                           求めた。
                           インゲさんにも多くを語らなかった。しかし長い
                           夫婦生活の中で何度か「原爆は2度と落としては
                           ならない」と話したという。

                           大川四郎・愛知大学法学部助教授(法制史)の話
                            赤十字国際委員会(ICRC)と広島の関係では、
                           マルセル・ジュノー駐日代表の救援活動が知られ
                           ているが、ビルフィンガー氏の存在はジュノー氏
                           の著書でもわずかしか登場しない。2人の間で個
                           人的なあつれきがあったからだと思われるが、ビ
                           ルフィンガー氏の働き掛けがなければ、救援物資
                           は届くことはなかった。その意味で日本、特に広
                           島にとっては無視できない存在であり、さらに知
                           るべき価値がある。

                           ビルフィンガー氏略歴
                           フリッツ・ビルフィンガー氏 1901年スイス・チ
                           ューリヒ生まれ。チューリヒ工科大卒業後、アル
                           ミニウム大手のアルキャンに就職。同社上海事業
                           所の責任者だった44年9月、赤十字国際委員会
                           (ICRC)の依頼でICRC駐日代表部職員に。45年8
                           月、広島に派遣され、原爆の惨状を視察。同年10
                           月にICRCを辞任後はアルキャンの極東地域担当副
                           社長などを務めた。93年死去。(ジュネーブ共
                           同)(共同通信 2002/06/15)

                           被爆直後の報告を初公開 広島の原爆資料
                           館で
                           赤十字国際委員会(ICRC)駐日代表職員として、
                           被爆直後の広島を訪れた故フリッツ・ビルフィン
                           ガー氏が、当時の惨状を克明に記し、ICRCの駐日
                           代表だった故マルセル・ジュノー氏に送った電報
                           や報告書の写しなどが16日、広島市中区の平和記
                           念公園内にある原爆資料館で初めて一般に公開さ
                           れた。「広島の惨状」と題したジュノー氏の報告
                           書などの写しも公開された。
                           ビルフィンガー氏が、1945年8月30日付で送った
                           電報は「病院の状況は想像を絶する。病院にはな
                           お、推定で10万人以上がい
                           る」と伝え、「包帯や医薬品が深刻に不足してい
                           る」と訴えて、ジュノー氏が広島に医薬品を届け
                           るきっかけとなった。
                           ビルフィンガー氏の報告書などは、昨年までICRC
                           の機密指定が続くなどしていたが、このほどICRC
                           から同資料館に送られた。
                           16日はジュノー氏の功績をしのび、平和記念公園
                           内のジュノー碑前でジュノー記念祭が開かれ、被
                           爆者ら約300人が出席。電報などは記念祭に併せ
                           て公開された。(共同通信 2002/06/16)

                           「写真むごすぎる」? 国連で原爆展中止
                           ニューヨークの国連本部で今秋に開催が計画され
                           ていた原爆展について、主催者の日本原水爆被害
                           者団体協議会(被団協)に国連から計画中止の連
                           絡が入っていたことが13日、わかった。国連側は
                           理由を明らかにしていないが、被団協によると、
                           打ち合わせの段階で国連側から「写真がむごすぎ
                           る」という意見が出ていたという。
                           原爆展は9月18日から10月27日まで、国連本部の
                           会議場ロビーで開かれる予定だった。展示内容
                           は、原爆投下直後の広島、長崎の様子ややけどを
                           負った被爆者のパネル写真約80点と、広島原爆が
                           投下された8時15分を指して止まった時計など十
                           数点。
                           11日に国連の担当者から「残念ながら展示案は受
                           け入れられなかった。様々な理由があるが、詳し
                           くは後日伝える」「この時期以外の開催を否定す
                           るものではない」と被団協側に電子メールが届い
                           たという。
                           今年5月、被団協幹部が渡米して打ち合わせた
                           際、パネル写真のコピーを見た国連担当者は「子
                           どもたちの目にも触れる。むごすぎる写真は遠慮
                           してもらいたい」と話していたという。被団協
                           は、むごいと指摘された写真を控えることも検討
                           したが、「悲惨さを伝えなければ原爆展の意味が
                           ない」と当初計画通りに提案していた。
                           被団協の小西悟事務局次長は「何点かの展示はだ
                           めだといわれるとは思っていたが、全面中止まで
                           は予想しなかった。詳しい理由を聞いてから対応
                           を考えるが、国連以外の別の施設を使ってでも開
                           催したい」と話している。
                           国連本部には約20年前から広島、長崎両市が被爆
                           資料を貸し出しており、常設展示されている。

                                                ◇

                           海外の原爆展をめぐっては、米・ワシントンの国
                           立スミソニアン航空宇宙博物館が、広島に原爆を
                           落とした爆撃機「エノラ・ゲイ」と併せて計画し
                           た展示も、95年1月に中止になっている。戦後50
                           年の企画だったが、退役軍人団体などが「原爆投
                           下は多くの米国人の命を救った」と反発し、上院
                           が変更を求める決議を可決するなどしたため中止
                           に追い込まれた。
                           98年にインド・ニューデリーで開催された原爆展
                           では、インドが74年に地下核実験をしたことなど
                           を説明したパネルなど計6枚の展示が、政府の命
                           令で中止された。(朝日新聞 2002/07/14)

                           被爆者に神経系腫瘍多発 放影研調査
                           広島、長崎の被爆者は神経系腫瘍(しゅよう)の
                           発生率が高いことが、放射線影響研究所(広島市
                           南区、放影研)のデール・プレストン統計部長ら
                           の調査で分かった。16日、米国立がん研究所の学
                           術誌(ジャーナル)に論文を発表する。
                           被爆者8万160人の診断記録や死亡診断書を基に、
                           1958〜 95年の間に診断された、脳など神経系や下
                           垂体の腫瘍例を調べた。その結果、特に良性腫瘍
                           であるシュワン細胞腫を中心に、非被爆者より発
                           生率が高いことがわかった。
                           シュワン細胞腫以外の神経系腫瘍全体では、男性
                           の方が女性より発生率が高く、低年齢被爆は成人
                           後より30%増加する傾向がみられ るという。
                           調査対象の被爆者の大半が1シーベルト以下の低
                           線量または中線量の放射線を浴び、発生率は線量
                           に比例して増える傾向があった。プレストン部長
                           は「神経系腫瘍の罹患(りかん)率は中線量でも
                           高いことを示唆している」としている。(中国新
                           聞 2002/10/16)

                           原爆展:国連本部で来春、開催へ 被団協
                           主催
                           米・ニューヨークの国連本部で昨秋予定されなが
                           ら延期されていた日本原水爆被害者団体協議会
                           (被団協)主催の原爆展が来春、NPT(核拡散防
                           止条約)再検討会議準備委員会の期間中に開かれ
                           ることが18日、分かった。
                           国連側は昨年7月、「展示資料の内容を検討する
                           時間がない」として延期を要請。「同時多発テロ
                           を受けた米国民に配慮して、悲惨な写真を排除し
                           ようとしたのではないか」との憶測を呼んでい
                           た。被団協によると、延期要請の直後に国連軍縮
                           局から「拒否ではないので開催の希望があれば応
                           じる。国連総会かNPT準備委の時期が効果的で
                           は」と連絡があった。
                           被団協は、準備委がある来年4月を希望。今年に
                           なって「来年4月20日から1カ月間、展示場として
                           本部ロビーを確保した」との回答があったとい
                           う。11月までには展示資料を決める予定。
                           被団協の田中煕巳(てるみ)事務局長は「イラク
                           戦争で世界が混乱した後だからこそ、核被害の実
                           態を、国際秩序を守るべき国連の場で多くの人た
                           ちに見てもらいたい」と話している。【隅俊之】
                           (毎日新聞 2003/04/18)

                           被ばくにヨーグルト有効 広島大原医研な
                           どが調査
                           被ばくした際の放射線による急性障害の予防に、
                           旧ソ連諸国にまたがるカフカス地方のヨーグルト
                           が有効であるとの研究結果を、広島大原爆放射線
                           医科学研究所(原医研)と広島女子大のグループ
                           がまとめた。6月1日、広島市での原子爆弾後障害
                           研究会で発表する。
                           グループはマウスを使って実験。同地方から取り
                           寄せた菌でつくったヨーグルトの上澄み液を蒸留
                           水で2倍と10倍に薄め、それぞれ10匹に1週間与え
                           た上でエックス線を照射した。
                           その結果、上澄み液を与えなかったマウスが4日
                           目から死に始めたのに対し、10倍に薄めた液を与
                           えたマウスは10日目、2倍に薄めた液を与えたマ
                           ウスは9日目まで生きていた。
                           カフカス地方は長寿で知られ、ヨーグルトがその
                           理由の1つとされている。今後、ヨーグルトのど
                           の成分が作用しているかについても調べる。(共
                           同通信 2003/05/28)

                           映画「ヒバクシャ」完成 がんに苦しむイ
                           ラクの子供
                           劣化ウラン弾の影響とみられる白血病やがんに苦
                           しむイラクの子供や、広島、長崎の被爆者ら世界
                           の放射能汚染を追った映画「ヒバクシャ−世界の
                           終わりに」がこのほど完成した。
                           イラク戦争やイラク復興支援特別措置法案をめぐ
                           る議論が起きる中、試写会が満席になるなど関心
                           が高まっている。
                           映画は、湾岸戦争が子供たちに残した「後遺症」
                           に触れ「私を忘れないで」とメモを残して白血病
                           で亡くなった少女(14)や、白血病治療のため
                           100キロ先の病院へ通う9歳の少年らの暮らしを紹
                           介。
                           監督した東京都在住の映像作家、鎌仲ひとみさん
                           (45)は「普通の日常を送る人々が巻き込まれる
                           核被害は、イラクだけでなく明日の私たちの問題
                           だと分かってほしい」と話す。
                           青森、山梨、神奈川、徳島などで上映予定。問い
                           合わせはグループ現代、電話03(3341)2863。
                           (共同通信 2003/07/10)

                           新非核3原則を世界に 広島市が政府に要
                           望へ
                           被爆都市として核廃絶を訴えている広島市は24日
                           までに、日本だけに限定していた従来の非核3原
                           則を改め、世界共通ルールとする「新・非核3原
                           則」を提唱する要望書を政府に提出する方針を固
                           めた。28日に秋葉忠利市長が上京した際に伝え
                           る。
                           新たな3原則は「作らせず、持たせず、使わせな
                           い」とする内容。これまでの「持たず、作らず、
                           持ち込ませず」は日本だけの原則だったが、各国
                           に対しても自制を求めている。
                           広島市は北朝鮮の核保有問題や米国が小型核兵器
                           開発を進める方針を打ち出していることから、新
                           たな非核外交の展開が必要と判断。政府に働き掛
                           けることにした。
                           8月6日の平和記念式典でも、世界に向けて呼び掛
                           ける予定で、被爆地ヒロシマから、新たな非核外
                           交の流れを作り出したい考えだ。(共同通信
                           2003/07/25)

                           推定被ばく線量はほぼ正確 ニッケル使う
                           新手法で解析
                           【ワシントン30日共同】広島で原爆に被爆した人
                           が浴びた放射線量を推定するために作られた計算
                           方式「DS86」は正確だったとの研究結果を、米ユ
                           タ大とドイツの共同研究チームが、ニッケルの同
                           位体を使う新たな手法を使ってまとめ、31日付の
                           英科学誌ネイチャーに発表した。
                           被爆者が浴びた線量の特定は、発がんなど、放射
                           線による健康影響の研究や放射線の基準づくりに
                           とって重要。実際に原爆から放出された中性子線
                           量はDS86による推定値より、2から10倍も多かっ
                           た可能性が指摘され10年以上にわたって、推定線
                           量の正しさをめぐる議論が続いてきた。
                           グループは「新たな解析結果は(DS86に基づく)
                           これまでの値とよく一致し、被ばく線量の大幅な
                           見直しの必要はない」とした。(共同通信
                           2003/07/31)

                           共同研究を無断発表と抗議 広島の研究者
                           が米教授に
                           被爆者が浴びた放射線量についての共同研究の内
                           容を、断りなく単独の論文として発表したとし
                           て、広島大原爆放射線医科学研究所の星正治教授
                           や放射線影響研究所(広島市)の研究者らが31
                           日、米国の教授に抗議した。
                           発表したのは米ユタ大のトア・ストローメ教授
                           で、同日付英科学誌ネイチャーに、ドイツの大学
                           や米国立ローレンス・リバモア研究所などとの共
                           同研究として発表し、日本の研究機関は巻末の参
                           考文献一覧で紹介されただけだった。
                           ストローメ教授は論文で、原爆が落とされた当時
                           の神社の屋根や避雷針に含まれる、銅に放射線
                           (中性子線)が当たってできたニッケルの同位体
                           を調べた結果、現在使われている被ばく線量推定
                           のための計算方式がほぼ正確だと結論付けた。
                           (共同通信 2003/07/31)

                           米の核政策を強く批判 広島平和宣言骨子
                           「法の支配」と「和解」訴え
                           広島市の秋葉忠利市長は1日、6日の平和記念式典
                           で読み上げる「平和宣言」の骨子を発表した。核
                           拡散の危機が叫ばれ、イラク戦争をはじめ戦禍の
                           絶えない世界情勢に、「力の支配」ではなく、国
                           際社会のルールに則した「法の支配」と「和解」
                           の重要性を訴える。被爆60周年の2005年に開かれ
                           る核拡散防止条約(NPT)再検討会議を1つの節
                           目ととらえ、核兵器廃絶のための緊急行動を世界
                           に要請する。
                           宣言は、核兵器先制使用の可能性を明言し、小型
                           核兵器の開発も目指す米の政策が、NPT体制を崩
                           壊の危機にさらしているとの認識を表明。「核兵
                           器は神」とする政策を強く批判し、ブッシュ大統
                           領や核兵器保有を表明する北朝鮮の金正日総書記
                           らに、核戦争の現実を直視するよう広島訪問を促
                           す。
                           米国民への説得を意識し、「すべての人を永遠に
                           だますことはできない」とのリンカーン元大統領
                           の言葉を引用。劣化ウラン弾による放射能汚染を
                           もたらしたイラク戦争を「平和をもたらす戦争」
                           と正当化する主張を退ける。
                           さらに、米黒人運動の指導者、故マーチン・ルー
                           サー・キング牧師が述べた「暗闇を消せるのは、
                           暗闇ではなく光だ」との言葉を引用し、イラク戦
                           争に象徴される「力の支配」は闇であり、「法の
                           支配」と被爆者から生まれた「和解」の精神こそ
                           が光であるとのメッセージを盛りこむ。
                           「核兵器禁止条約」締結交渉を始めるよう各国政
                           府へ働きかけるため、平和市長会議の加盟都市に
                           05年のNPT再検討会議への出席など緊急行動を呼
                           び掛ける。世界の各界のリーダーたちに戦争や核
                           兵器を容認する発言を控えるよう求める。
                           日本政府には「作らせず、持たせず、使わせな
                           い」との新・非核3原則を国是とするよう求め、
                           被爆直後の「黒い雨」を浴びた人たちへの援護充
                           実にも初めて触れる。(中国新聞 2003/08/02)

                           被爆者に特有の遺伝子異常 原爆症認定へ
                           応用も
                           血液のがんの一種「骨髄異形成症候群」の患者の
                           うち、原爆被爆者など強い放射線を浴びた患者
                           は、特定の遺伝子に異常が集中していることが4
                           日、広島大原爆放射線医科学研究所の木村昭郎教
                           授(血液内科学)らの研究で分かった。
                           放射線被ばくでがんになりやすいことは分かって
                           いるが、非被ばく者との差が明らかになっておら
                           ず、いずれのがんでも個々の患者で被ばくが原因
                           と特定はできなかった。原爆被爆者で骨髄異形成
                           症候群の新たな患者は年間数十人程度とみられる
                           が、1種類でも、がんで放射線被ばく特有の遺伝
                           子異常が確認されたことは、今後のより科学的な
                           原爆症の認定に役立つ可能性がある。
                           研究成果は、28日に大阪市で始まる日本血液・日
                           本臨床血液学会で発表する。
                           木村教授らは2001年から、骨髄異形成症候群の患
                           者129人で赤血球や白血球などをつくる際に調節
                           役として働く遺伝子を分析した結果、被爆者とが
                           んの放射線治療を受けた23人のうち約4割の9人で
                           異常があった。
                           一方、遺伝子に影響がある放射線被ばくや抗がん
                           剤投与を受けていない105人の患者で、この遺伝
                           子に異常があったのは11人だけだった。
                           また木村教授らは、この遺伝子の中でも被ばく者
                           は特にDNAと結合する部位に異常が多いことも突
                           き止めた。
                           木村教授は「放射線量との相関関係も含めて、原
                           因を明らかにしたい」と話している。(共同通信
                           2003/08/04)

                           英軍が毒ガス空爆計画 広島平和研教授が
                           資料発見
                           「日本領土に報復的使用」
                           第2次世界大戦中、英軍が日本や台湾に対し、毒
                           ガス爆弾による空爆を計画していたことを示す資
                           料が、広島市立大広島平和研究所の田中利幸教授
                           (戦争史・戦争犯罪)の調査で、英国王立公文書
                           館の英空軍文書から見つかった。

                           第2次大戦中米との連携探る
                           第1次世界大戦から実戦使用され、「貧者の核兵
                           器」とも呼ばれる毒ガスが、第2次世界大戦でも
                           空爆という大量殺りくの手段として想定されてい
                           たことを裏付ける貴重な資料といえそうだ。
                           複数ある資料のうち1点は、英軍による日本本土
                           の空襲作戦計画の1つで、1945年7月12日付の「タ
                           イガーフォース作戦」の文書の一部。
                           「限定的な攻撃目標に対し、報復的に使う」との
                           前提があり、何に対する報復かは具体的記述はな
                           いが、資料には「日本の領土を毒ガスで攻撃す
                           る」「(窒息剤の)ホスゲン500ポンド(約227キ
                           ロ)が準備できる」などと書かれている。「英軍
                           には極東戦線向けに十分な貯蔵がない」「可能で
                           あれば、米軍から毒ガス弾の供給を受ける」とも
                           あり、米国との共同作戦を狙っていたとみられ
                           る。
                           44年7月の別の作戦資料は、日本の植民地だった
                           台湾への毒ガス攻撃をシミュレーションしてい
                           る。攻撃は「早ければ45年2月、遅ければ11月」
                           に行い、「4日間にわたり、最初に1000ポンドの
                           ホスゲン爆弾を1マイル(約1.6キロ)四方に600発
                           投下し、その後、(びらん剤の)マスタード爆弾
                           50〜112発で攻撃する」と具体的に記述し、攻撃
                           対象は南部の高雄と北部の基隆それぞれの周辺軍
                           事施設を挙げている。
                           田中教授は「毒ガスは当時、すでに国際法で使用
                           が禁止されていたにもかかわらず、英軍に使用の
                           意図があったのは明らか」と分析。米軍との共同
                           作戦については「一国だけでは国際法を破りにく
                           いとの意識もあったのではないか」とみている。

                           日本の動きに対抗
                           大久野島毒ガス資料館(竹原市)の村上初一元館
                           長の話 第2次世界大戦中、日本軍が化学兵器の
                           使用を準備していると英軍が察知していたことを
                           示す資料はすでに存在が明らかになっている。こ
                           れに対し、英軍が毒ガスを使う作戦を立案するこ
                           とは十分考えられる。(中国新聞 2003/08/04)

                           柿の木:長崎で被爆した木に実 茨城
                           長崎で被爆した柿の木の2世が茨城県ひたちなか
                           市阿字ケ浦の川前浩二さん(70)方で実をつけ
                           た。2世の木は反戦の心を込めて約500本が国内外
                           に配られたが、実をつけた木は5本に満たない。
                           川前さんは「生命力に驚いた。平和を愛する心も
                           この実のように育てたい」と柿の実の成長を見守
                           っている。
                           川前さんは同市立東石川小校長などを務め、98年
                           に退職した。「戦争の世紀」と呼ばれた20世紀の
                           終わりを前に、「将来にわたって、子どもたちに
                           平和と安全を愛する心を育てるような素材を贈り
                           たい」と記念樹の植樹を発案。人づてに探すうち
                           に長崎で戦火をくぐりぬけた柿の木とめぐり合っ
                           た。
                           「母」に当たる柿の木は45年8月9日、長崎の爆心
                           地から約900メートル離れた民家の庭で被爆し
                           た。樹齢150年とみられたが、5本のうち2本は熱
                           線で黒焦げになり、3本は上半分を吹き飛ばされ
                           て、幹だけが残った。この3本の幹に芽生えた新
                           芽を所有者が接ぎ木、「母」の木を再生した。
                           川前さんは長崎に嫁いだ娘を介して、柿の木に治
                           療を施した樹木医が苗木を国内外に広める活動を
                           していることを知り、配布を要望。00年から01年
                           にかけて苗木7本を譲り受け、6本をひたちなか市
                           や那珂町、東海村に寄贈した。自宅に植えたのは
                           最も貧弱な 1本をだった。
                           柿の実がなったのは5月中旬。19個の小さな実だ
                           った。風雨にさらされ、18個が落ちてしまった
                           が、今でもゴルフボールほどに育った1個が高さ2
                           メートルほどの木に残っている。樹木医に報告す
                           ると、実がなった例は西日本で3例あるだけで、
                           東日本では初めてと聞かされた。「実はならない
                           と思っていただけに、柿の木の生命力の偉大さに
                           驚かされた。どんな味がするか興味もあるが、大
                           事に育てたい」と小さな実を両手で包み込んだ。
                           【高野聡】(毎日新聞 2003/08/10)

                           『広島原爆』著者に聞く
                           『大量殺戮が目的』と状況証拠を積み重ね
                           広島への原爆投下の目標地点、爆発高度、そして
                           時刻は、誰が、いつ、どのように決めたのか─
                           ─。現代史の“空白”の1つとも言える、その意
                           思決定までのプロセスを徹底的に追跡した。
                           「原爆関係の本は国内で2000冊以上出ているが、
                           そのほとんどが被災の嘆き。それはそれでいい
                           が、50年以上たったのに、それだけではだめだと
                           思った」
                           諏訪澄さん(72)は、本書をまとめたきっかけを
                           話す。
                           中でもこだわったのは「投下時間は、なぜ午前8
                           時15分だったのか」という一点。原爆について書
                           かれた優れたノンフィクションを読んでも、どこ
                           にもその理由が記されていない。
                           「なぜ、午前8時15分に決まったのか」。4年ほど
                           前から、その「答え」を見つけるため、関連書物
                           を読みあさり、アメリカ国立公文書館に足を運
                           び、著名な研究者や、原爆投下に使われた爆撃機
                           「エノラ・ゲイ」のティベッツ機長らに直接イン
                           タビューした。<いわば『空白』部分への固執─
                           ─それが、この小論の方法論になった>と記して
                           いる。
                           結局、この問いに直接答える資料や証言は得られ
                           なかったが、米大統領の特命諮問機関の議事録に
                           残っていた<可能な限り多数の住民に、深刻な心
                           理的効果を与える>という原爆の目的にかかわる
                           文言に注目。広島市が編纂した『広島原爆戦災
                           誌』の、8時15分には多くの学校や官公庁の朝礼
                           が屋外で行われていたという記録などと照らし合
                           わせ、「状況証拠を積み重ねた仮説だが、一般市
                           民の大量殺戮を目的として8時15分という時間を
                           選んだとしか思えない」と結論づけた。
                           その上で、「私の検証作業は、まだ荒削りのもの
                           だが、それでも原爆使用決定・作戦立案の過程を
                           追跡すると、『戦争の早期終結のため使った』と
                           いうアメリカ側の説明が虚構であると分かる」と
                           言う。
                           そして「攻撃側と被災側の双方を明らかにしない
                           と全体像は見えないのに、この半世紀、アメリカ
                           側についての検証は不十分だった」と指摘。「な
                           ぜ8時15分だったのかという、ごく単純な問い掛
                           けをしてこなかった日本人は、私を含めて原爆投
                           下を道義的に許せないものとは本当に思っていな
                           いのではないか」と問題提起をしている。原書
                           房、2200円。(森村陽子)(中日新聞
                           2003/08/17)

                           エノラ・ゲイ展示を批判 原爆被害触れず
                           と米学者ら
                           【ワシントン4日共同】広島に原爆を投下したB29
                           爆撃機エノラ・ゲイが来月、米ワシントン近郊の
                           スミソニアン航空宇宙博物館で一般公開されるの
                           を前に、米学者らのグループ約150人が4日まで
                           に、展示は原爆被害などに言及しておらず不適切
                           と批判する声明文に署名した。5日、博物館に送
                           付する。
                           声明をまとめたアメリカン大のピーター・クズニ
                           ック教授(米近代史)が明らかにした。同教授に
                           よると、声明は展示が「死傷者数や歴史的経緯に
                           触れていない」と批判、博物館に展示方法の変更
                           などを求めている。
                           声明には1995年のノーベル平和賞受賞者ジョゼ
                           フ・ロートブラット氏や小説家カート・ボネガッ
                           ト氏らも署名した。

                           ▽エノラ・ゲイ展示説明要旨
                           【ワシントン4日共同】米スミソニアン航空宇宙
                           博物館によると、B29爆撃機エノラ・ゲイの展示
                           で予定される説明文の要旨は次の通り。
                           ボーイング社の「空の要さいB29」は第2次大戦当
                           時、最も高度なプロペラ式爆撃機であり、初めて
                           与圧された乗組員室を持っていた。当初は欧州戦
                           線に投入予定だったが、太平洋戦線で活躍するこ
                           とになり、通常爆弾、焼夷(しょうい)弾、地雷
                           に加えて、2つの原子爆弾を投下した。
                           1945年8月6日、このB29爆撃機(エノラ・ゲイ)
                           は日本の広島に、戦闘としては初の原爆を投下。
                           3日後、(別のB29爆撃機の)ボックスカーが2発
                           目の原爆を長崎に投下した。(共同通信
                           2003/11/04)

                           エノラ・ゲイで変更拒否 米博物館が声明
                           【ワシントン7日共同】米スミソニアン航空宇宙
                           博物館は7日、広島に原爆を投下したB29爆撃機エ
                           ノラ・ゲイの展示方法について、原爆被害の実情
                           に触れていないなどとして米学者らが求めていた
                           変更を事実上拒否する声明を発表した。
                           声明は、航空技術の発展を記念するのが同博物館
                           の使命と指摘。原爆投下による死傷者数などを示
                           さない展示説明文は適切との姿勢を強調した。
                           米アメリカン大のピーター・クズニック教授らが
                           5日、博物館に展示方法の変更を求める声明を送
                           っていた。エノラ・ゲイは、ワシントン郊外に建
                           設中の同博物館新館で12月15日から一般公開され
                           る。(共同通信 2003/11/08)

                           エノラ・ゲイ:訪米市民団体に、原爆投下
                           正当化のメール
                           広島に原爆を落としたB29爆撃機「エノラ・ゲイ
                           号」を米・スミソニアン航空宇宙博物館が15日か
                           ら一般公開することに抗議し、広島から訪米する
                           被爆者の所属する市民団体に2日以後、「原爆投
                           下は素晴らしいことだった」などと原爆投下を正
                           当化する内容の英文メール4通が届いたことが分
                           かった。エノラ・ゲイの展示を巡っては、95年に
                           も米で原爆投下の正当性を巡る論争が起きた。
                           広島からは被爆者ら3人が、11〜18日に訪米す
                           る。メールは訪米団の通訳も務める小倉桂子さん
                           (66)が代表を務める市民団体に送られてきた。
                           小倉さんによると、差出人はそれぞれ違う外国人
                           名で、団体名などの記載はなかった。メールには
                           「われわれはそこに爆弾を落としたことを素晴ら
                           しいと思っている。エノラ・ゲイも誇りに思って
                           いる」などと書かれていた。中には、「地獄へ落
                           ちろ」と書いたものもあったという。広島からの
                           抗議の訪米を報じた記事を添付したものもあっ
                           た。
                           エノラ・ゲイは原爆投下から50年となる95年、機
                           体の一部が同博物館で特別展示された。当初は広
                           島や長崎の被害実態を同時に伝える「原爆展」と
                           して企画されたが、退役軍人団体や米議会から強
                           い反発があり、エノラ・ゲイの歴史と復元作業だ
                           けに焦点を当てた展示に切り替えられた。
                           95年当時に原爆資料館長だった被爆者の原田浩さ
                           ん(64)は「被爆50年の夏、米新聞に核兵器廃絶
                           を訴える全面広告を出した時も、同様のメールが
                           届いた。原爆を正当化する声を乗り越えて核兵器
                           の恐ろしさを伝えることが、ヒロシマに求められ
                           ている」と話している。【牧野宏美】

                           エノラ・ゲイ号
                           1945年8月6日に、広島へ原子爆弾を落とした米陸
                           軍航空隊所属の爆撃機の名称。同機のポール・テ
                           ィベッツ機長(当時)の母親のファースト・ネー
                           ムからとった。
                           機体は、第2次大戦中に製造されたB29型重爆撃機
                           で、全長30・2メートル、翼幅43メートル。原爆
                           投下用に改造されていた。
                           同号は同日午前2時45分(日本時間同1時45分)、
                           原子爆弾リトル・ボーイを搭載し、12人の搭乗員
                           とともに、太平洋西部のマリアナ諸島テニアン島
                           の基地から飛び立った。原爆投下時の科学観測と
                           写真撮影を行う2機を従えていた。日本時間午前8
                           時15分、高度約9600メートルで原爆を投下、上空
                           約600メートルで爆発した。
                           同号は一線を退いた後、解体し保管された。95年
                           には米スミソニアン博物館が同機の胴体部分など
                           を展示し、併せて「原爆展」も企画したが、米議
                           会や退役軍人団体などが強く反発、原爆投下の正
                           当性をめぐる論争に発展した。結局、原爆展は中
                           止され、短い説明文とともに機体だけが展示され
                           た。
                           長崎に原爆を落としたB29爆撃機は、オハイオ州
                           デイトンのライト・パターソン空軍基地に展示さ
                           れている。(毎日新聞 2003/12/04)

                           「米兵被爆死」終戦直後に遺族へ通知…米
                           資料で判明
                           B29爆撃機「エノラ・ゲイ」による広島への原爆
                           投下で米兵捕虜も死亡したことについて米政府は
                           1983年まで公式に認めていなかったが、実際は終
                           戦直後の46―49年に、少なくとも3人の遺族に
                           「被爆死」を通知していたことが12日、広島市の
                           歴史研究家森重昭さん(66)の調査と米国立公文
                           書館の未公開資料などからわかった。
                           被爆死した米兵は45年7月末、広島近くで撃墜さ
                           れたB24爆撃機「ロンサムレディ」と同「タロ
                           ア」の乗員ら。爆心地から約400メートルの憲兵
                           隊司令部など2か所で被爆した。
                           被爆者である森さんは、元捕虜らの情報から96年
                           ごろ、ジェームズ・ライアン少尉(当時20歳)の
                           「死亡通知書」を入手した。47年8月28日付で、
                           「広島市は原爆で破壊され、少尉は亡くなった」
                           と当時の陸軍省陸軍軍務局長名で記されていた。
                           読売新聞の米国立公文書館への照会で、同館には
                           他に2人の死亡通知が存在し、連合国軍総司令部
                           (GHQ)が原爆投下の2か月後には被爆した米兵
                           捕虜の名前などをほぼ把握していたこともわかっ
                           た。しかし、当時の米側は日本国内に「プレスコ
                           ード(報道管制)」を敷いたため、原爆報道は規
                           制され、83年、歴史学者バートン・バーンスタイ
                           ン・米スタンフォード大教授が外務省の米兵捕虜
                           の死亡者名簿をもとに照会するまで米政府は「被
                           爆死した米兵」の存在を認めなかった。
                           バーンスタイン教授は「米政府が半世紀にわたっ
                           て意図的に関係資料を隠してきたと考えられ、素
                           晴らしい発見」と評価している。(読売新聞
                           2003/12/12)

                           原爆投下機:被爆者ら、米博物館に抗議署
                           名手渡す
                           【ワシントン和田浩明】訪米中の日本原水爆被害
                           者団体協議会(被団協)のメンバーらは12日、ス
                           ミソニアン航空宇宙博物館を訪れ、同館が予定し
                           ているB29爆撃機「エノラ・ゲイ」の展示方法に
                           対する抗議の署名約2万5000通や秋葉忠利・広島
                           市長らからのメッセージを手渡した。
                           訪米団が面会を望んだジョン・デイリー館長
                           (69)は「不在」(同館広報担当者)とされ、会
                           うことができなかった。被爆者らは13日にワシン
                           トン市内で開催される集会で被爆体験や今回の展
                           示への反対理由を報告。15日の展示開始日には会
                           場を訪問し、原爆被害の写真を掲げるなどして、
                           静かな抗議活動を展開する計画だ。
                           訪米団の1人の田中煕巳・日本被団協事務局長
                           (71)は「B29はたくさんある。なぜエノラ・ゲ
                           イなのか、原爆の被害を考えるのか、博物館側の
                           考えを聞きたかった」と話した。
                           デイリー館長は11日に毎日新聞と会見し「原爆の
                           被害については承知しているが、原爆投下の意味
                           をめぐる議論は長年続いている。今回の展示でそ
                           れを過不足なく示すのは不可能」と語り、展示内
                           容を変更する考えはないことを示した。
                           13日の集会を企画したアメリカン大のピーター・
                           カズニック教授(歴史学)は「原爆使用が本当に
                           必要だったかは大いに疑問。いずれにせよ、双方
                           の考えを取り入れた展示は可能なはずだ」と話し
                           ている。(毎日新聞 2003/12/13)

                           原爆被害の資料展示訴え エノラ・ゲイで
                           被爆者ら
                           【ワシントン15日共同】広島に原爆を投下し、こ
                           のほど復元されたB29爆撃機エノラ・ゲイがワシ
                           ントン郊外の米スミソニアン航空宇宙博物館新館
                           で一般公開された15日、日本原水爆被害者団体協
                           議会(被団協)ら日本の被爆者団体と米市民団体
                           が、原爆の悲惨さを伝える資料が展示されていな
                           いとして同館前で抗議集会を開いた。
                           原水爆禁止広島県協議会の坪井直常任理事は「十
                           数万人の子どもや女、男が一瞬にして死んだ。わ
                           れわれは核廃絶に向け、気持ちを1つにしなけれ
                           ばならない」と連帯を強調。
                           原爆投下直後の広島に調査のため入った父親を持
                           つレスリー・スーザンさんは「父も被爆し私も被
                           爆2世。核のない世の中をつくらなければ」とア
                           ピールした。
                           展示場では米国人がエノラ・ゲイにペンキを投げ
                           付け、一時警備員が周囲を封鎖する騒ぎとなっ
                           た。(共同通信 2003/12/16)

                           被爆者の苦痛報道=「エノラ・ゲイ」展示
                           問題−Wポスト紙
                           【ワシントン17日時事】17日付の米紙ワシント
                           ン・ポストは、広島に原爆を投下したB29爆撃機
                           「エノラ・ゲイ」の完全復元機が米スミソニアン
                           航空宇宙博物館新館で一般公開され、これに抗議
                           するため訪米した広島、長崎の被爆者について報
                           じた。「エノラ・ゲイ、本当に恐ろしいせん光の
                           中で」という見出しで、「ヒバクシャ」という日
                           本語も紹介。原爆の悲惨さを伝える内容となって
                           いる。
                           「わたしは(被爆)当時、13歳だった。吹き飛ば
                           される直前、この飛行機が空を横切ったのを見
                           た。怒りと苦痛を感じていた。級友は火に包まれ
                           ていた。泣きたかったが、泣けなかった」(西野
                           稔さん)、「(エノラ・ゲイを見て)悲しかっ
                           た。涙が出そうだ。展示されているすべての戦闘
                           機を見ると、ここ(スミソニアン博物館)は戦争
                           博物館ではないのかと思えてくる」(田中煕巳さ
                           ん)−。同紙は被爆者のこのような思いを伝え
                           た。(時事通信 2003/12/18)

                           被爆死米兵の遺影を登録 追悼祈念館に親
                           族持参
                           広島で被爆死した元米兵ジョン・ロング・ジュニ
                           アさん=当時(27)=の遺影が4日、広島市中区
                           の国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に登録され
                           た。一昨年開館し、約8800枚の遺影をデータベー
                           ス化して公開する祈念館に、米兵の写真が加わる
                           のは初めて。館内のパソコンで対面できる。
                           持参したのは、ジョンさんのおいの長男に当たる
                           執筆業ネイソン・ロングさん(34)=東京都東久
                           留米市。写真は軍服姿のモノクロで、ネイソンさ
                           んは「安らかに眠ってください」とのメッセージ
                           を書類に添えて、在りし日の大叔父の姿を職員に
                           手渡した。
                           ネイソンさんらによると、ジョンさんは米軍爆撃
                           機の乗員だった1945年7月28日、呉市の日本軍戦
                           艦を攻撃中に撃墜され、広島市中心部へ連行され
                           た。捕虜としての拘束先(現中区)で被爆死した
                           とされる。
                           ネイソンさんは昨年8月、佐伯区にある妻朋子さ
                           ん(36)の実家を訪問。朋子さんの母から、祈念
                           館の遺影公開を聞いて、米国に住む父が持つ唯一
                           の写真を複写した。
                           神戸市生まれで日米各地を移り住んだネイソンさ
                           んは「原爆被害について、ほとんどの米国人は無
                           関心。米兵の犠牲を知らせ、1人でも多くの人に
                           原爆の悲惨さを伝えたい」と話していた。
                           ジョンさんとともに、朋子さんの祖母の親族2人
                           の写真も登録され、祈念館の遺影は8847枚となっ
                           た。荒谷茂主幹は「味方をも無差別に殺す原爆の
                           残虐性を示す遺影になる」と強調していた。(中
                           国新聞 2004/01/05)

                           「黒い雨」今も心身に影響 広島の研究会
                           が被爆者調査
                           被爆体験の影響を調査していた広島市原子爆弾被
                           爆実態調査研究会(座長・神谷研二広島大原爆放
                           射線医科学研究所長)は21日、「(原爆投下直後
                           に降った)黒い雨の体験者には、今も健康・精神
                           面に影響がみられる」などとする結果を発表し
                           た。
                           2002年8月から9月に60歳以上の約1万人にアンケ
                           ート、原爆投下の8月6日に市内にいた約3800人の
                           回答を分析した。
                           被爆者ではないが、爆風やせん光などを感じた
                           「原爆体験者」のうち黒い雨を体験した人々は、
                           今もさまざまな病気を患ったり「光や大きな音が
                           怖くなった」などと回答した割合が大きかった。
                           一方、黒い雨を体験しなかった原爆体験者と、原
                           爆非体験者との間に心身への影響の差はみられな
                           かったという。(共同通信 2004/01/21)

                           被爆者の新たな特徴判明 遺伝子異常の場
                           所と種類で
                           血液がんの一種「骨髄異形成症候群」の患者のう
                           ち、原爆などで放射線を浴びた患者特有の遺伝子
                           異常を発見した広島大原爆放射線医科学研究所の
                           木村昭郎教授(血液内科学)らは15日までに、遺
                           伝子異常の場所と種類で、被爆者と非被爆者の違
                           いが一層鮮明になる新たな特徴を発見した。
                           放射線による発病かどうか区別する手掛かりとな
                           り、原爆症認定に応用できる可能性がある。16
                           日、米国の血液学専門誌で発表する。
                           木村教授らは1995年から昨年までに、この病気で
                           治療を受けた患者160人で、赤血球や白血球をつ
                           くる際に調節役を果たす遺伝子を分析。
                           その結果、被爆やがん治療で放射線を浴びるなど
                           した患者29人のうち12人で見つかった異常は、1
                           人を除き遺伝子の一方の末端にあった。
                           これに対し、非被ばくの患者131人中、異常があ
                           ったのは15人で場所は一方に偏らず、両端がほぼ
                           同人数。(共同通信 2004/03/15)

                           被爆者の健康追跡を重点に 外部研究者が
                           放影研に勧告
                           原爆被爆者の健康調査を日米共同で行う放射線影
                           響研究所(放影研)の研究内容を検討するため、
                           広島市南区の放影研で開かれていた専門評議員会
                           は19日、「被爆者のがん発生は今までに予想の半
                           数に満たない」などとして、放射線による健康影
                           響に重点を置いた研究を引き続き進めるよう放影
                           研に勧告した。
                           勧告は(1)被爆者のがんの多くは今後20年間に
                           発生する(2)胎内被爆者の健康も今後20年以上
                           の追跡が必要(3)被爆2世を対象にした調査は始
                           まったばかりだ−などの理由を挙げ、研究継続の
                           重要性を強調している。
                           また、米国からの拠出金が円高傾向のため実質的
                           に減っていることなどから、研究の優先順位は
                           「非常に慎重に決めるべきだ」とくぎを刺した。
                           専門評議員会は日米10人の外部研究者で構成。17
                           日から3日間、放影研側から報告を受け、検討を
                           進めた。(共同通信 2004/03/19)

                           放影研予算を削減方針 米エネルギー省が
                           伝える
                           日米共同で広島、長崎の原爆被爆者の健康を長期
                           追跡調査している放射線影響研究所(放影研、広
                           島市南区)に対し、運営資金を拠出する米国エネ
                           ルギー省(DOE)が2005会計年度(今年10月−05
                           年9月)で予算を削減する方針を伝えていたこと
                           が1日、関係者の話で分かった。
                           放影研の予算は年間約37億円。このうち約28億円
                           を厚生労働省とDOEが折半し、残る約9億円を厚
                           労省が単独で負担している。削減率は不明だが、
                           原爆傷害調査委員会(ABCC)時代を含め半世紀
                           以上続く研究は大幅な変更を迫られる可能性も出
                           てきた。
                           削減の理由としてDOE側は「国家の安全保障政策
                           への重点配分」などを挙げたといい、イラク戦争
                           やテロ対策、財政赤字が背景にあるとみられる。
                           (共同通信 2004/04/01)

                           捕虜になり広島で被爆死 米兵の遺影が平
                           和祈念館に
                           大津の中村さん 当時姿を目撃「母国の爆
                           弾 気の毒」
                           太平洋戦争末期、搭乗機が撃墜され捕虜となり、
                           広島で被爆死した米海軍兵レイモンド・ポーター
                           さん=当時(24)=の遺影が12日、米ウィスコン
                           シン州在住の遺族の申請に基づき広島市中区の国
                           立広島原爆死没者追悼平和祈念館に登録された。
                           米兵捕虜の遺影登録は、3月に続き3人目。
                           ポーターさんとみられる米兵の姿は、当時中学生
                           だった無職中村明夫さん(72)=大津市=が被爆
                           前日、父親が勤務する中国憲兵隊司令部の独房で
                           目撃した。その様子を自らの体験記につづってい
                           た。
                           原爆で父親を失った中村さんは、遺影登録の知ら
                           せを聞いて「米国は憎かったが、母国の爆弾で死
                           んだ捕虜は気の毒だった。米兵も原爆による無差
                           別虐殺の犠牲者だ」とあらためてポーターさんの
                           冥福を祈っている。
                           広島市西区の歴史研究家森重昭さん(67)の調査
                           によると、ポーターさんの爆撃機は1945年7月28
                           日、対空砲火を浴び瀬戸内海に墜落。ほかの捕虜
                           とともに爆心地から約400メートルの中国憲兵隊
                           司令部に拘束された。
                           中村さんの話では、同司令部幹部だった父重雄さ
                           ん=当時(38)=に「捕虜が見たい」と頼み、同
                           年8月5日、同司令部を訪れると、5つ並んだ独房
                           にそれぞれ米兵が入っていた。
                           ポーターさんとみられる男性は、中村さんの目の
                           前で憲兵に「ポーター」と名前を呼ばれ「イエ
                           ス」と立ち上がった。下着のシャツにパンツ姿
                           で、華奢(きゃしゃ)な体格とおびえた表情が印
                           象に残ったという。(中日新聞 2004/04/13)

                           原爆:遠距離被害者ら924人に急性症状 
                           被団協調査
                           日本原水爆被害者団体協議会(被団協、東京都港
                           区)が昨年5月から、会員らを対象に実施してい
                           た被爆実態調査で、「遠距離被爆者」と原爆投下
                           2週間後までに爆心地から2キロ以内に入った「入
                           市(にゅうし)被爆者」の計924人に、原爆放射
                           線との因果関係が高い「急性症状」やがんなどの
                           疾病があったことが22日分かった。被団協が同
                           日、広島市中区の広島弁護士会館で発表した。東
                           京、大阪、広島など計11地裁で係争中の原爆症認
                           定集団訴訟では、入市・遠距離被爆者が原告計
                           138人のうち7割近くを占めており、被団協は調査
                           結果を意見書として提出する。
                           調査では、2297人が回答。被団協が把握している
                           限りでは、80年代後半以降の国の基準で「入市・
                           遠距離被爆者」が原爆症と認められたケースは、
                           85年と88年の2例だけという。
                           同訴訟の全国弁護団連絡会事務局長の宮原哲朗弁
                           護士は「国の厳しい認定基準に対し、被爆による
                           実態を事実として突きつけたい」と話している。
                           【遠藤孝康】(毎日新聞 2004/05/22)

                           原爆データベース完成 記事や写真をHP
                           で公開──広島大原医研/広島
                           ◇「核兵器廃絶発信を」
                           広島大原爆放射線医科学研究所(原医研)が所蔵
                           する原爆・被ばくに関する資料のデータベースが
                           完成し、2日からホームページで公開を始めた。
                           利用は調査・研究目的に限られ、事前審査もある
                           が、原医研は「被爆者が高齢化する中、データベ
                           ースが原爆体験の風化を食い止め、世界に核兵器
                           廃絶を発信する役割を果たしてくれれば」と期待
                           している。
                           公開されたのは「原爆・被ばく」をキーワードと
                           する67〜79年の新聞記事(中国・毎日・読売)約
                           3万1500点▽米国陸軍病理学研究所(AFIP)が収
                           集した被爆直後の広島の写真や病理学写真約1200
                           点▽原医研付属国際放射線情報センターが所蔵す
                           る原爆・被ばくに関連のある図書や雑誌のリスト
                           約6200件──の3種類。同大は03年度に日本学術
                           振興会の補助金で、データベース化に取り組ん
                           だ。
                           川野徳幸・原医研助手は「広く研究者に公開する
                           ことは、59年前に投下された原爆とは何かをあら
                           ゆる分野で解明する手がかりになる」と話してい
                           る。
                           利用できるのは(1)教育、研究機関に所属する
                           者(2)原爆・被ばく、平和に関する調査を行う
                           者(3)データベース作成協力新聞社、広島大図
                           書館長または原医研所長が認めた者。
                           広島大図書館のホームページ
                           (http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/abdb/)にアクセ
                           スして申請し、ID、パスワードを受け取る。写真
                           や書籍リストのみの申請も可能。【牧野宏美】
                           (毎日新聞 2004/06/04)

                           米の出資削減に反対声明 約束違反と放影
                           研理事会
                           被爆者の健康を日米共同で調査している放射線影
                           響研究所(広島市)のバートン・ベネット理事長
                           は24日、理事会終了後に記者会見し、米国政府が
                           打ち出した出資金削減の方針に対し、日米の科学
                           者ら計9人で構成する理事会が「一方的削減は運
                           営資金折半の日米合意に反する」との反対声明を
                           まとめたことを明らかにした。
                           同理事長によると、声明は「放影研の研究にはま
                           だ長い時間が必要だ」と研究継続の重要性を訴え
                           ている。米エネルギー省、国務省、連邦議会に近
                           く郵送する。
                           理事会初日の23日、複数の理事から「理事会とし
                           て態度を表明すべきだ」との意見が出て、急きょ
                           取りまとめた。
                           放影研の予算は年間約37億円。うち日本独自の研
                           究分として約9億円を厚生労働省が負担。残る約
                           28億円を米エネルギー省と厚労省が折半してい
                           る。
                           3月中旬、エネルギー省の予算担当者が来日し、
                           出資金削減の方針をベネット理事長らに伝えた。
                           (共同通信 2004/06/24)
 
 

 戻る

  -----------------------------7d50333033c Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream