鉄の杖:ユダヤ共産主義の研究

ユダヤは共産主義を通してクリスチャンを殺害する

キリスト教破壊、クリスチャン殺害を企てるユダヤ主導の共産主義。彼等は我らのクリスチャン兄弟姉妹を公然と殺した。そして今も共産主義は

クリスチャンを殺し続けている!!


「黙示録2:27彼は、鉄の杖をもって土の器を打ち砕くようにして彼らを治める。」
 

以下は目次と詳細:

<目次>

1. 共産主義者、ユダヤの手先レーニンにより、殺害されるクリスチャン、破壊される
  教会。
2. ユダヤと共産主義の関係;
3. ユダヤタルムードと共産主義:
4. 共産主義思想とは?
5. ユダヤのペテン思想、共産主義の実態;
6 .煽動と訴訟:聖書が語るユダヤのクリスチャン攻撃の手法。
7. ロシア革命以前のユダヤ人による革命、英ピューリタン革命、フランス革命。
8. フランス革命の再現、ロシア革命
9. 鉄の杖:
 

<詳細>

1. 共産主義者、ユダヤの手先レーニンにより、殺害されるクリスチャン、破壊される

教会。  殺害


ユダヤにより、この世界にまた教会に起こされる災い、問題は数々あるが、その
中の一つ、共産主義は、多くのクリスチャンの命を奪い、信仰、教会を破壊した。
共産主義とは、この運動により殺害された人数を数えるなら、何と一億人もの命を奪った恐るべき思想、
であり、まさにユダヤの鉄の杖である。
このユダヤ主導の共産主義を理解することはこれからの時代に彼等が世界に対して、
また教会に対して起こそうとする災いを理解する助けとなるはずである。
 一億人の犠牲者

2. ユダヤと共産主義の関係;

*歴史上、一億人以上の人々を殺害した「共産主義」という思想は、ユダヤ人マルクスの発明、
*また血塗られた共産主義革命である、ロシア革命とは、革命スタッフの90%以上を占めるユダヤ人が計画実行したもの。
 

すなわち、共産主義という思想、及び共産主義の歴史とは、ユダヤにより作成され、
また実行され、実現されたもの。

 ロシア革命とユダヤ
 
 

3. ユダヤタルムードと共産主義:

ユダヤ人が共産主義思想という偽りの思想を発明し、諸国を混乱と飢餓と
恐怖へ落としいれたその理由は何か?
それは、彼等ユダヤ人がユダヤ教というカルトを信じ、その悪魔的な教典、タルムード
の教えに感化され、その教えに忠実に従っているからである。

「輸血を神が禁じている」と盲信するものみの塔信者は自分の子が輸血できない
ために死んでも「自分は神に従っている。正しいことをしている」のだと誤解している。

同じく殺人、他人の富の強奪を命じるタルムードを盲信する愚か者のユダヤ教徒は
異邦人の国の王を殺し、異邦人の国を乗っ取り、その国のクリスチャンを殺害し、教会を
閉鎖し、その国の富を自分達の手に収めることを「神」が命じていると誤解するようになる。
また、悪魔的な教典タルムードは異邦人を巧妙に偽善的にだますことを勧めている。
それで、彼等は「平気で嘘をつく人」になる。
 

悪らつな偽善と嘘を重ね、労働者への裏切りを重ね、ソ連の国を奪い、王を殺し、クリスチャンを殺し、キリスト教を廃絶する様たくらんだユダヤ人レーニンはまさにタルムードの教えを忠実に実行しており、
彼の信条、実行はまさにタルムードそのものである。彼の行動に関しては
理想を掲げる共産主義からは理解できない。逆に
彼にとっての共産主義とは、実は建て前に過ぎないことが分かる。彼はタルムードのいう
とおり、異邦人をだますため、偽善と嘘と強奪をくり返している。ユダヤの手先レーニンの
不可解な矛盾する行動はタルムードによってのみ理解できる。
 
 

共産主義とはマルクス、レーニンを始めとするユダヤ人による
おおがかりな嘘であり、その隠れた意図、目的は強奪した国において、
ユダヤタルムードの理想、ユダヤ独裁を実現するための方便に過ぎないことがわかる。

「労働者の天国」を約束しながら、その実、労働者にとっても、クリスチャンにとっても地獄の様な社会、唯一ユダヤ人のみ、富を独占するこのソ連共産主義社会は、まさにユダヤタルムード
の教えそのままの(ユダヤにとっての)理想郷。

 タルムードとクリスチャン殺害
 キリスト教を異常に執拗に攻撃し、抹殺を図ったレーニン。

4. 共産主義思想とは?:

共産主義思想とは「異邦人」を騙してその国の国民に分裂を生じさせ、その混乱に乗じて
「ユダヤ」が国を乗っ取り「ユダヤ独裁」体制を作りあげるための嘘つき理論。
具体的には、「ブルジョアジー(金持ち)」vs「プロレタリア(労働者)」という架空の戦いを
国の中に起こし、国民を分裂させ、内乱、乗っ取りを行う。
偽り者ユダヤはこの思想を武器にソ連、東ヨーロッパ、アフリカ、アジアの国々を乗っ取り、
現在まで、1億人もの異邦人の命を奪っている(!!)
 マルクスとキリスト教

5. ユダヤのペテン思想、共産主義の実態;

労働者の天国を約束しながら、実際に政権を取ると手のひらを返し、
労働者を大量逮捕、殺害する嘘つきユダヤ男レーニン。
ユダヤ主導の共産主義は、労働者の天国との看板に偽りあり。
実態は嘘と、虚偽と偽善と、殺害、宗教弾圧によるユダヤ独裁の国。

 虚偽と欺瞞のソ連共産主義
 

6. 扇動と訴訟:聖書が語るユダヤのクリスチャン攻撃の手法。

 煽動と訴訟
この手法は、共産主義の中で再現されている。

7.ユダヤ人による革命、英ピューリタン革命、フランス革命。

ソ連のロシア革命を実現したレーニンはフランス革命を模範、教訓として
いた。それゆえ共産主義革命とフランス革命とには密接な関係があることがわかる。
18世紀に起きたフランス革命はある意味、共産主義革命の模範、型である。

ロシア革命が革命スタッフの
90%を占めるユダヤ人により行われた実質ユダヤ革命である様にフランス革命もまた
ジャコバン(ヤコブ=ユダヤ)党を始めとするユダヤ人主導により、
行われたユダヤ革命。

それは、扇動により民衆を興奮させ、信仰深いフランス王ルイ16世、及び王妃
マリーアントワネットの首をギロチンにより切り落とした、ジャコバン(ヤコブ=ユダヤ)
党主導の殺りくの革命。それは、ユダヤお得意の扇動と訴訟により
行われた。王と王妃に関するあらゆる中傷と、非難、デマを含む出版物がユダヤ主導のグループにより、
民衆向けに出版され、扇動された民衆は、自らの王と王妃の首をはねることに荷担し、
自らの国を血に染めた。この混乱の中で、キリスト教はこの国の中で廃止され、祭司は、棄教を
強制的に宣言させられた。
代わりに徳の神なるルシフアー崇拝がこの国を被った。

また、英国王の首をはねた英ピューリタン革命もまた、売国奴クロムウエル
を表面に出し、しかし実際は裏であやつるユダヤ主導による革命である。

 英国ピューリタン革命
  ユダヤ主導のフランス革命
フランス革命
 

8. フランス革命の再現、ロシア革命

ユダヤジャコバン党主導で行われたフランス革命は、その100年以上後で行われた
レーニンによるロシア革命の型であった。すなわち、これら2つの革命は繋がっており、
その裏にはユダヤがいる。
フランス革命とロシア革命

9. 鉄の杖:


「黙示録2:27彼は、鉄の杖をもって土の器を打ち砕くようにして彼らを治める。」
 
 

共産主義とは、神は死んだと冒涜的な教えを公言し、
神無用の無神論、進化論を取り入れる諸国の民に対して与えられた神の裁きの「鉄の杖」なのか。

何故、この様にいかさま、偽善、殺害、迫害、飢饉をもたらす偽善思想が
世界を席巻したのか、大成功だったのか、多くの人々が熱狂的に受け入れたのか?
それはもちろん、彼等ユダヤ人の嘘が完璧と言うこともあるが、
しかし、それだけでは、理由がつかない。

事実は、この教えが、聖書でいう鉄の杖であり、神を否定し、神不要、
神は死んだと冒涜を公言、無神論を受け入れる冒涜の諸国の民へ加えられた神の裁きだから
ではないのか。恐るべき圧制、鉄の杖をもたらす、この教えが大成功した裏には、神の許しがあったからと
思われる。

共産中国また北朝鮮の真の支配者はもちろん、ユダヤであり、
金正日などは、傀儡に過ぎない。これらの国におけるクリスチャン迫害の真の原因は、
キリストを憎むタルムードの民にある。

 戻る

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  -----------------------------7d5314281703ac Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream