やあ!やあ!ご縁ができましたね

千葉県ソフトテニスシニア連盟

  シニアと名のつくソフトテニスの連盟は珍しいのではありませんか。 

「軟式庭球」の時代から、ずーっと続けてきた人、「子育ても一段落」で始めたママさん達等々の50歳を超えたソフトテニス愛好者の集まりです。いつの間にか、独特の運営ノウハウを蓄え、本部、支部の主催する大会を開いています。

 大先輩の話ですと、戦後間もなく40人ほどの腕に覚えのある人が始めたようですが、今では、支部も、ほぼ県内全域に結成され、会員数も平成21年9月の集計では1,270名となっています。

 在住、勤務、県内クラブ所属、そして50歳以上の条件だけですので、転勤された方でも直ぐに、近くの支部に入会されて大会に参加して下さい。

 県には、ソフトテニス連盟(一般名 県連)もありますが、県連とは同じ組織ではありません。でも、県連とは仲良く、ジュニアからシニア予備軍は県連、シニア年齢層は当連盟と分担しています。
 又、月、火等の週日に開かれます、小学生、中学生、レディース等の大会のお手伝いなども、週日に余裕のあるシニア連盟の会員の大事な役割の一つにもなっています。

 現在の組織としては、正副会長、正副理事長、支部理事長などで、各支部を更に6ブロックにして、6つの連盟主催大会の運営を行っています。(活動計画参照)

 事務局は、理事長宅が原則で、平成20年からは松戸市の太田氏宅が本部の事務局になっています。

 支部としては、結成順で、松戸、柏、流山、千葉、船橋、県南(茂原中心)、鎌ケ谷、市原、習志野、浦安、市川、我孫子、県東(成田中心)、八千代、そして内房(館山、木更津中心)が、16年度に結成されましたので15の支部となり、ほぼ全県下での結成と言っても良いと思います。

 年間の活動計画や各大会の戦績表は、このホームページでも逐次報告されますので、お楽しみに。

 ご質問がありましたら暫定管理人 二宮悳 ninomiya@sannet.ne.jp までご連絡ください。