エリア浸水&復旧作業


2007年9月6日(木)台風9号の影響で山間部に大雨が降った影響で荒川が増水。
大芦橋での水位メーターによると10時で1.65mだった水位が17時には3.68m、23時 6.35m、24時 7.35m、7日1時 8.36m・・・
早朝6時がピークで9.33メートル
このときエリアは小屋の屋根がやっと見える状態。日除けにしているシートの先は水の中でした。
一週間前の9月1日の水位が0.07mであったことを考えるとすごい数字であることがわかると思います。しかも23時以降は一時間に1mという速さで増えています。1`もある川幅なのにすごい水の量です。

9月7日(金)

10:30am  水位 8.89m

 エリア部分拡大すると・・・→

大芦橋から
  広すぎて撮れません


1:00pm 水位 8.28m

なんとか作業が出来る水位。

ごみがなるべく流れて行ってくれるように広い所へ出し、流れに乗せます。


 4:00pm  水位 7.44m


 もう水は引いてしまいました。

 車が通れるように道を作り今日の仕事は終わりにします。



8日(土)〜9日(日

 たくさんのお客様が助けに来てくれました。皆さんのエリアへの愛をひしひしと感じ、私たちも一日も早く再開せねば、という思いになります。

 まだ暑い中、ひどいにおいに包まれながらの重労働なのにがんばって下さいました。あまりに泥だらけなので写真を撮るまもなく残念。

 なかでも梅ちゃんは丸の内OLさんでありながら日に焼けながらの力仕事、おまけにカメラマンもやっていただきました。画像は残りませんでしたが2日続けて働いて下さり、感謝感謝です。


      

 なおるかなぁ・・・・   

臨時安全講習会? 


緊急用フロート

膨らむとこんな感じになります。
(・・・・約48時間経過後)




11日(火)

 みなさんの頑張りのおかげでだいぶ方付きました。

 でも乾くまでは長靴が必要。きれいに見える草地も湿原のようです。


    


21日(金)
 

 

業者さんに頼んで砂利をひいてもらいました。

手作業では大変だった泥の除去作業も重機ではあっという間でした・・・



22日(土)

営業再開です。

芝の下は多少ぬめりますが、ほとんど問題なし。

土手のごみを見なければ何事も無かったかのよう。



23日(日)

時折雨も降り、冷たい風も強めに吹く中、復活祝いバーベキューをしていただきました。
ほたて・うまづらはぎ・いかの炭火焼、えびチリ、もつ煮、やきそば、サラダ・・・・
たくさんのご馳走、皆さんの秘めたる才能を、おなか一杯味わうことができました。