1日目 自宅19:46〜21:05山陽道「三木SA」21:33〜22:27「桂川PA」22:48〜23:43名神「多賀SA」
2日目 名神「多賀SA」0:57〜1:04「伊吹PA」4:58〜5:34東海北陸道「川島ハイウェイオアシス」6:34〜7:30「ひるがの高原SA」8:59〜9:34道の駅「ななもり清見」10:02〜11:15神岡18:37〜ひだ流葉自然休暇村ACチェックイン〜19:16流葉温泉「ニュートリノ」20:15〜20:20ひだ流葉自然休暇村AC
3日目 ひだ流葉自然休暇村AC11:04〜11:26神岡16:03〜17:01奥飛騨温泉郷AC
4日目 奥飛騨温泉郷AC9:41〜10:40神岡12:18〜ひだ春慶館〜13:31ドライブイン数河14:24〜15:21道の駅「ななもり清見」15:38〜16:12東海北陸道「ひるがの高原SA」16:30〜18:12名神「多賀SA」18:24〜19:12「桂川PA」19:27〜20:24「三木SA」21:05〜22:08自宅

名神「桂川PA」でぽりおんさんファミリーと出会う
 デスレフコンフォートにお乗りのぽりおんさんの掲示板に今回の予定を紹介していたところ、桂川PAで会えるかも・・・というコメントを我が家の掲示板にいただきました。楽しみにして桂川を目ざしました。途中、デスレフとよく似たヨーロッパのキャンピングカーに出会い、もしや・・・と思っていましたが、これは別の車でした。桂川PAに入っていくと、大型車や普通車がたくさん駐車していました。その中に、見つけました、見つけました。「あれは、ぽりおんさんの車かもしれないなあ」と嫁さんにこぼしたら「ほりぼんとよくにて前にわたしが間違った人?」とネットで知り合ったことを確認。そうしているうちに、にこにことドアの外で笑いかけてくれたぽりおんさん。少しの間でしたが、楽しいひとときを過ごさせていただきました。上のお兄ちゃんと奥さんにも会えて次の機会が楽しみになりました。どうぞまたよろしく!

結局「伊吹PA」でP泊!
 始めは、桂川でと思っていましたが、あまりにもうるさかったので、先に進むことにしました。多賀SAは下りでP泊したときに、静かだったので、上りも静かだろうと思って寄ってみると、これまた寝られる状況ではありませんでした。しかたがないので、その先の「伊吹PA」へ。車の数は少なく、駐車スペースもかなり広く、これならと思い、P泊することにしました。ちょっとさびれかけ?の感じがありましたが、静かでよかったです。

名神〜東海北陸道
 前は関ICで降りて、下の道をゆっくりと行きました。今回はそんな時間はないので、東海北陸道のただいまの終点「清見」まで走りました。途中、今度は寄ってみようと思っていた、川島ハイウェイオアシスに寄りました。そこでキャブコンが1台泊まっていました。ベガかのようでしたが、よく分かりませんでした。原付を後ろに積んでいました。自転車は見たことがありましたが、原付は初めてでした。ここで、1時間ばかり仮眠をとり、ひるがの高原SAまで快調にとばしました。しかし・・対面通行&トンネル&中央にたっている棒&左の壁は神経を使います。右に寄りすぎることはめったにありませんが、左によりがちで、ラインを踏むとブブーと音がするので気持ちよくありません。ひるがの高原では、そこの鶏肉を味付け&冷凍して、1パック300円で売っていました。嫁さんのお母さんが、唐揚げ用のものを3つばかり買っていました。あと、みそ味、辛口、甘口があったと思います。唐揚げ用は、あとでキャベツと炒めて食べさせてもらいましたが、なかなかおいしかったです。

道の駅「ななもり清見」
 清見ICを降りて高山方面に向かう途中に道の駅「ななもり清見」はありました。ここでは、生花を始め、土地の特産品が売ってありましたが、わたしとしては何も買わず、ただブドウのソフトクリームがやけに気になりました。300円だったし、雨も降っていたのでやめましたが、今度寄ったら食べてみます。みたらし団子は買って食べました。スーパーで売っているものとは違い、甘くなくさっぱりした味でした。嫁さんは、子どもに持たせてもべとべとしないのでいいと言っておりました。

ひだ流葉自然休暇村オートキャンプ場
 なんと、キャンプするのは我が家1家族だけ・・・。予約の時に確認しましたとのことでしたが、そんなことは記憶にありませんでした。まあ、さびしいけど静かでいいかな?と思いつつ「なんで?ほかの人、おらんの?やめよう・・・」とたどたどしく言う上の子の言葉に内心そうやなあと思いつつ、lキャンセルしても仕方がないので、大人1人600円が500円になる流葉温泉ニュートリノの券を受付で購入して温泉に向かいました。この温泉、よかったですよ。サウナもあるし、露天の湯はツルツルしているし、流れを熾す風呂や泡風呂など、いろいろあって満足でした。風呂上がりにビールを買ってぐいとひとのみ・・・。うまかったです。

次の朝は、雨でした。しとしとと降っておりました。
上の子がオーニングからたれる雨の滴を手にとって喜んでいました。
このあと、着替えたことは言うまでもありません。
サイトは広く駐車スペースを除いて10メートル四方はあると思います。
我が家は、「1」番のサイトでしたが、クラスCが入りやすいサイトは限られているとのことでした。
が、6メートルまでならどこでもいけそうでした。


山はきれいでした。サイトがちょうど高台になっている感じです。
白樺の木が太くて趣がありました。
 

ほかのサイトはこんな感じです・・・
 
下の建物は、トイレです。防虫用のガラス戸もあり、清潔感がありました。コテージもありました。
 

つづく【2001.6.26】

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場

 道の駅「奥飛騨温泉郷 上宝」には、この5月にP泊しました。それまでにも何度か訪れたことがあり、このキャンプ場はぜひ1度は利用してみたいと思っていました。神岡に拠点が一つあるので、奥飛騨方面は以前からよく来ていました。夏は涼しく避暑には適しています。そして、焼岳を始めとする山々、新穂高ロープウェイ、数々の温泉、そして冬にはスキー・・等々周辺の観光&レジャースポットも充実していると思います。今回、このキャンプ場を利用したのは、我が家と尾張小牧ナンバーの家族の2家族でした。入り放題の露天風呂は、家族風呂ということで、とても贅沢な気分で温泉に浸かりました。残念だったのは、1度しか入らなかったこと・・・次の朝は、眠くて寝てしまっていたため、朝風呂はできませんでした。というのも、ダッチオーブンの手入れを念入りにしたり、炭火を見ながらあゆを焼いたり・・・と深夜までくつろいでいたためです・・。川の流れが雨の後のため、ごーごーと響いていましたが、気になりませんでしたよ!自然の音はやさしい・・ですね。

キャンプサイトは、Nー2からS−1へ
 管理人さんから、はじめ林間サイトのNー2を指定されました。もし、入れなかったら適当に探してくださいということでした。Nー2へは、松の木や進入路が狭く無理をしないと行けそうもなかったので、高原川を見わたせるS−1のサイトに陣取ることにしました。サイトの前は広い道で、子どもが手押し車で遊ぶにはもってこいでした。サイトはそんなに広くはありませんでした。それでも、左手に焼岳(見えませんでしたが)、前方に高原川を望むロケーションは、なかなかでした。



 
この日は、我が家ともう一家族だけ・・。ということもあり、車を気にすることもなく、手押し車遊びを楽しんでおりました。ごろごろごろごろとあっちへ行ったりこっちへ来たりとめいいっぱい楽しんでいました。

山もきれいでした。

夕飯は・・・手慣れた(といっても3回目ですが・・)ビーフシチューでした。今回は、ダッチオーブンメーリングリスト&キャラバンメーリングリストでお世話になっている、かわさんおすすめの無水調理に挑戦!!オーブンのふたの上に豆炭を10個、オーブンの下に10個おいて温泉へ行きました。火がちょっと心配でしたが、勝手に料理してくれると期待と不安が半々でした。帰ってふたを取ると、焦げ臭いにおいはなく、よっしゃ〜〜と思って混ぜようとすると、底にくっついて動かないジャガイモが・・・それでも水を加え(本当は湯を用意したかった!)調理続行!やっぱり豆炭多かったかな?!と思いながら、これも経験だ!とつぶやいておりました。
 しかし・・・!!さすがダッチオーブン!!わたしのミスもカバーしきってくれるできばえ!!うまかったです!!肉は飛騨牛&国産牛を使いましたが、やはり飛騨牛はやわらかくておいしいですね!「これは飛騨牛だ〜〜!」なんて言ったりして、ぺろりと全部平らげました。

家族貸し切りの露天風呂・・・
 今回は、お得でした。温泉の湯もさすが奥飛騨温泉郷といった感じでしょうか・・。とても気持ちよかったです。温泉は、男湯と女湯にわかれております。この日は女湯が家族風呂でした。露天風呂では、石鹸シャンプーは使用不可。まあ、仕方がありませんね。露天風呂の湯が泡だらけになってしまいます。そのかわり、200円で8分間使用できるシャワーが10ほどありました。我が家は使いませんでした。露天風呂の湯で頭を洗いました・・。さっぱりしましたよ!いけないことをしたかもしれませんが・・。管理人さんすみません。もちろん湯船の外でです。ちょっと激しい川の流れの音を聞きながらつかる湯は何とも気持ちがよかったですよ。

トイレ、炊事場とも自動点灯&消灯
 ひだ流葉自然休暇村ACもそうでしたが、自動で明かりがついたり消えたりするのですね・・。シンクは少し低かったですが、懐が深く使いやすいものでした。横に調理台があるものと、シンクだけのものがありました。数ははっきりと覚えていませんが、調理台付きが4つ、シンクのみが8つだったと思います。(混雑時には込み合うんじゃないかな?)あと、トイレはウォームレットでした。この辺は、ひだ流葉も同じでした。

神岡で手に入れたもの・・・
 炭ならいくらでもあるから・・ということで楽しみにしておりました。もらった炭は、なんと炭俵でした。生まれてはじめて見た〜〜〜!!!さすが豪雪地方・・・。なんて関係ないかもしれませんが、市場でどっさり魚を安く手に入れる以上の感覚でした!こんなのがまだ10ほど積んでありました!

BCVの運転席の後ろに積んでもって帰りました!









【2001.6.27】旅日記へ戻る