title.gif (6986 バイト)

chirorin-1.jpg (14191 バイト)

i-281.gif (1566 バイト)i-291i.gif (980 バイト)i-296n.gif (1038 バイト)i-288f.gif (999 バイト)i-297o.gif (1033 バイト)i-300r.gif (1023 バイト)i-295m.gif (1059 バイト)i-283a.gif (1037 バイト)i-302t.gif (1005 バイト)i-291i.gif (980 バイト)i-297o.gif (1033 バイト)i-296n.gif (1038 バイト)i-282.gif (1559 バイト)

住    所

サ イ ト 状 況

 
千葉県勝浦市小羽戸589-1
      (TEL 0470-76-3657)

       
芝のサイトと砂利のサイト(50区画)

チェックイン/チェックアウト

開 設 期 間


【チェックイン】13:00【チェックアウト】12:00
トレーラーハウスの場合はチェックアウトが10:00
  


通年

料    金

施    設

■トレーラーハウス(ダブルタイプ2〜3人用)

15,000円

 ■トイレ  まぁまぁきれい
■トレーラーハウス(エクセレントタイプ2〜3人用)

18,000円

 ■シャワー  あり
■トレーラーハウス(ファミリータイプ4〜5人用) 20,000円  ■炊事棟  温水なし・きれい
■オートキャンプ(通常) 5,000円  ■風呂 地下水をくみ上げた天然温泉でジャグジーバス
■オートキャンプ(GW・お盆) 6,000円  ■レンタル 毛布・食器・ランタン・コンロ・鉄板など
■Dayキャンプ 1名700円
車1台500円
■AC電源使用 1,000円
■テントサイト(5人用テントサイト込み) 1,500円
■テントサイト    700円

プ  レ  イ

周    辺


・場内に子供の遊び場
・場内の池で釣り
・エアガンで射撃プレイ


・海水浴場 
・行川アイランド(車で15分)
・鴨川シーワールド(車で30分)
・勝浦朝市(車で10分)

キャンプ場の感想

キャンプ場内の炊事棟は常に掃除され、トイレもきれいで新しいキャンプ場ではないが清潔な感じがする。
お風呂も湯船と洗い場が別で湯船は露天になっているが洗い場は室内なので寒くなく良い。
サイトは芝のサイトはかなり広い。それに比べ砂利のサイトは少し狭く感じた。
キャンプサイトには我が家だけだったこともあるが開放感もあり、また雨のために撤収が遅れたことも
管理人は気持ちよく許可してくれ有り難かった。 

chirorin-kanri.JPG (18821 バイト)
管理棟

chirorin-site.JPG (21798 バイト)
砂利のサイト

chirorin-2.JPG (16801 バイト)
トレーラーハウス

chirorin-huro.JPG (21424 バイト)
お風呂

chirorin-park.JPG (18570 バイト)
場内の遊び場

chirorin-suiji.JPG (13847 バイト)
炊事棟

i-281.gif (1566 バイト)i-28ds.gif (1022 バイト)i-291i.gif (980 バイト)i-283a.gif (1037 バイト)i-300r.gif (1023 バイト)i-307y.gif (1031 バイト)i-282.gif (1559 バイト)

3月17日(土)   曇りのち雨

土曜日の夕方から雨が降り、その雨は日曜日明け方まで残るという予報。
私も子供たちも今ひとつ気乗りがしない。
でも雨でも行きたいとひとり張り切ってるパパ。
悩んだ末、次の日ゆっく撤収してくればなんとかなるだろうということで
千葉県の勝浦チロリン村オートキャンプ場へ行く事にした。
バタバタと用意をして10時半過ぎ出発。
雨は夕方からという予報だったのに正午前から雨が降り出し
キャンプ場へ着いた時にはかなりひどい雨。

受付を済ませサイトへ。
受付のお姉さん・・・すごくきれい。
そのきれいなお姉さんが我が家が傘を持って行ってなかったので
傘を貸していただいて助かった。
サイトはこのキャンプ場でいちばんいいサイトの様だ。
炊事場はすぐ近く、トイレもちょうどいい距離にあり
なんといってもサイトが広い。
キャンプサイトに誰もいないせいかもしれないが・・・。
結局、テントを張ったのはうちだけであとはキャンピングカーとキャンプ場のトレーラーハウス。
まぁこんな雨の日に好き好んでキャンプする人なんていないわ。

どんより

雨は少し小降りになったりするがやむ気配は全くなし。
誰に文句を言っても仕方ないが、あ〜〜いやだ、いやだという思いで設営。
まずはリビングシェル。
このリビングシェルは1月のSPW野宴会バージョンの時に急遽購入したもの。
その時にはスノーピークの社長直々に設営を手伝っていただき
社長に手伝ってもらってるというだけでもうドキドキしてどうやって設営したか
ぜんぜん憶えてない。
「社長〜〜〜どうやるんだっけ?」って叫びたい気持ち。
でもパパはしっかり「こうだった。あ〜だった。」と言いながら
設営終了。お〜〜さすがパパ!
スノーピークの製品は設営しやすい。
嘘のように設営の間の夫婦喧嘩がなくなった。

素晴らしいシルエット

雨が降るのでリビングシェルとテントをくっつけて設営したが
なかなか上手くくっつかずつい「パパ〜やっぱりトンネル欲しいね〜」などと言ってしまう。
あ〜〜いかん、いかん。
迂闊な事を言うとまた会社の帰りに買って帰ってきそうだ。

設営後は、今日のメイン・イベント。
ダッチオーブンでアウトドア料理に挑戦。
定番のビーフシチューを作る事にした。
息子に「ダッチオーブンは男の料理だから頼んだよ」と言っておいたので
「僕が料理をする!」と張り切っている。

お兄ちゃん、なんだかアウトドアの達人みた〜〜い
 
野菜を切るところから息子がやってくれるのかと思ったら
それはしっかり私にさせて自分は
ダッチオーブン用の手袋をしてリフターをしっかり持ってじ〜〜っと見張っている。
これなら誰でもできる。
誰に似たのか、まずは形から!

ビーフシチューの出来は初めてにしてはまぁまぁの出来。
安〜〜い輸入肉がまるで神戸牛のように・・・

とってもおいしいわ〜〜

食事のあと、場内の家族風呂へ。
お風呂は湯船は露天になっているが、洗い場は室内なので
この寒さの中すごくありがたい。
今の時期は家族風呂で時間で交代で入るようになっているが
これからのシーズンはどうなるのだろう。
お風呂は割と広いがどうみてもひとつしかないようだ。
男女を時間で交代制にするのかなぁ。

お風呂のあとは、かなり雨もひどく寒くなってきたのでテント内に入って就寝。
明日晴れますように・・・

3月18日(日)   曇りのち晴れ

朝、起きるとどんよりと空は曇り、まだ雨は降りますよという感じ。
これじゃ〜〜テントは乾かない。
いや〜〜な予感。
私の頭の中は狭い、狭いベランダで必死でテントを乾かす私の姿が・・・
それだけはなんとしても避けたい。

朝食はまたまたダッチオーブンで石焼きビビンバならぬ「鍋焼きビビンバ」
まずはダッチオーブンで普通にご飯を炊き
それにビビンバ用のトッピング(スーパーによく売っている物)
挽肉を味噌で炒めたもの、生卵、キムチを載せて出来上がり。
でも、失敗!
お米の水の分量が少なかったようでご飯が硬〜〜い。
お酒をちょっと足して蒸せばいいような段階じゃない。
本当に硬い。
仕方ないので水を少し足してもう一度炊きなおし。
まぁなんとか食べられるぐらいになった。

空は晴れるどころか雷までなって雨も降り出した。
もう最悪!
仕方がないのでテント内と小物類だけ片付け始める。
でもそうこうしてるうちに少しずつ晴れ間が・・・。
テントとリビングシェルも少しずつ乾いてきた。
スノーピークの生地が防水、撥水機能が施されてるせいか
なんとなく乾きが早いような気がする。

ペグを洗うのは僕たちの仕事さ

もう帰る頃には暑いぐらいのいいお天気に・・・
もう少し早くそうなってくれたらとちょっと残念。
でも、なんとかベランダでテントを乾かさずにすんでひと安心。
1時過ぎにキャンプ場をあとにする。


わざわざ雨のキャンプを体験するために行ったような気がするが
それでも炭を囲んでの他愛もない子供達との会話は楽しい。
ダッチオーブンもデビューさせることができたし、
なんとかテントも乾いたし、キャンプ場もなかなか良かったし
そう思うとなかなか楽しいキャンプだった。
でも今回ほど、キャンピングカーやトレーラーハウスで
キャンプをしてる人を羨ましく思ったことはない。
キャンピングカーの人は朝食を取るとさっさと片付けて早くにキャンプ場をあとにする。
それを横目で見ながら、ただひたすら雨がやむことを待っている我が家。
ちょっとさみしい思い。
でもこれでまた雨のキャンプを体験して自信をつけた我が家でした。