CAPE HORN KAYAK EXPEDITION(ケープホーン・カヤック遠征記)



はじめに
 1996年9月、我々は冬のナバリノ島を1周する計画を立てた。ナバリノ島は南緯55度、ビーグル水道を挟んでフエゴ島の対岸に面し、40km南にはホーン島およびホーン岬がある。また、1000kmに及ぶパタゴニア多島海の南端にあたり、かつて生活していたヤーガンインディアンは、その先のドレーク海峡と南極海を前にそれ以上の南下を阻まれた。
 カヤックによるホーン岬1周は、フランク・R・グッドマン、バリー・J・S・スミスらによって1978年に成し遂げられた。その後、我々が知っているだけでも3度ホーンは回られており、1992年には初の女性(レベッカ・リッジウェイ)による周回記録も残されている。
 我々の最終目標もホーンにあるが、まずはパタゴニアの冬にあたるこの時期にホーン周辺、特に、知られざるオステ島を探り、ナバリノ島を1周することが今回の計画の主な目的である。
 ヨットマンの間では、ホーンを回るとケープホナーの称号が与えられ、ヨットクラブのディナーでテーブルに足を載せても許されるそうだが、我々の場合はせめて、各地のカヤッククラブでの喫煙が許されたらと思う。
 ホーンの東、50kmの太平洋上に浮かぶディエゴラミレス島の気象データによると、カヤックが不可能な日ばかりではない。また、冬のホーン地域の僅かな幸運のみに頼るほど、我々は経験不足ではない。
 ホーンとその周辺は、貴重な休暇を費やしてカヤックをするに値する場所である。我々に与えられた自由な時間を大いに楽しみたい。



CAPE HORN map1
 上の地図の"CAPE HORN"をクリック
 すると、拡大図がご覧頂けます。 





隊長 新谷暁生

  Contents

   1.

   2.準備
     I. 情報収集
     II.カヤック
     III.言葉の問題
     IV.チリ海軍という障壁

   3.カヤック生活
     I. 穏やかな出発
     II.ナバリノ島
     III.海峡横断 part1
     IV.海峡横断 part2

   4.リンク
    ・Nanok
    ・a view from Sea Kayak




隊長と小畑氏

隊長・新谷氏(左)と小畑氏
遠征を終えて       




 このレポートは、千葉大キャンピングツアー部13期OB 小畑芳春(Yoshiharu Kobata)
氏によって書かれたものです。レポート、および写真等は小畑氏のご好意により、ホームページ用
に提供されたものです。                                 

 この遠征記は、「Out Door(山と渓谷社)」4月号(1997年4月10日発行)にて、
特別記事として掲載されました。                             


SIGN1 TAGA Yuzuru "多賀 譲" taga@nature21.ne.jp
 CUCT INPC Chiba Univ. Camping Tour Internet Project Commission


CUCT HP Copyright (c) 1996-2001 CUCT INPC All rights reserved.