空を、漕いでしまったよ。仁淀川。

陽が山の稜線の向うに落ちると、川面には不思議な時間が訪れる。宙と水の境界がなくなる瞬間がやってくるのである。勢いをなくした光が、邪心なく川底に届く。すると、透明な空気と透明な水はひとつになる。見よ、ボートが空を飛んでいる。川底の上空、数メートルのところをボートはまぎれもなく滑空していった。澄んだ川だった。日本一の清流、仁淀川。

ツーリング・データ :

DATE 天候 区間
1996/9/14 越知−宮地
1996/9/15 宮地−柳瀬
1996/9/16 雨のち晴 柳瀬

水質 ★★★++

さすが日本一の清流。

水量 ★★★-

ちょっと少なめ。よく腹を擦る。

MAP

9月14日、3:00に仁淀川橋 に到着する。朝7:30の甲子園フェリーで出発してより既に7時間以上経っていた。さすがに四国も、太平洋側となると遠い。橋のたもとに、車一台をデポして、もう一台で上流を目指す。(この辺りの河原も、キャンプにもってこいの好立地。右岸、橋の真下あたりに降りていける道がある。車を止めるにも丁度いいスペースがある。)

越知 についたのは、もう黄昏近くだった。セメント工場の裏地を降りていくと、そのまま河原に降りていける。ただかなり急なうえに凸凹の坂であったり、河原が玉砂利であったりするから、ふつうの車ではちょっと無理。ジープで来ていて幸いだった。いっきに河岸まで車で乗りつけ、荷物を降ろすと早速出艇の準備に取りかかった。その間、対岸にある学校からは、放課後の部活動だろうか、ブラスバンドの音やエレキギターの音が聞こえてくる。おや、あれは懐かしい「スモーク・オン・ザ・ウォーター」。いまでも若いバンド野郎のバイブルなのであろうか。ファルトを急いで組み立てなければならないのに、そんなことを考えていると随分となごんでしまったのであった。

とりあえず、キャンプが張れる河原まで行きましょ。ということで出艇したのは、5:30。おいおい、もう日が暮れかかっているぞなもし。が、だからこそ、あの美しい瞬間に出会えたのであった。川が、宙になる瞬間。水と空気の境目がなくなる。ボートは、浮いていた。浮いているのだか、どうして浮いているのか分からなかった。ただ遥か下の方を、川底の石たちが通りすぎていった。

6:00宮地上の河原に接岸。わずか30分足らずだが、夢見心地のツーリングを終えて、この河原がキャンプ地になった。日没と競争するように、テントとタープの設営。なんとか間に合って、友人S氏のお手製の燻製を肴に、至福の一杯。時折、川面を魚が跳ねている。いや、跳ねる音が聞こえている。タープの下から這い出して見上げた空には、見たこともないぐらいの美しい天の川が、走っていた。

明けて9月15日。快晴。昨日はもう暗くなりかかっている頃に接岸したから実際の美しさは分からなかったが、いまこうして白日の下に見ると、仁淀は文句なく美しい。

南国土佐の空は、日本ばなれした朗らかさに満ちている。こんな所に生まれ育ったら、器の大きな人間になれたのかも知れない。なんてホントに感じるような、澄んだ空と、水だ。

10:30出艇。極楽ツーリングだ。

地図に載ってなかったまだ新しい橋の下あたりの瀞場で、魚つりに熱心な愛すべき人に会った。その人が乗っているのは、どうも自作のボートらしい。その珍しい船から身をのりだして、水中の魚の様子を一心に窺っている。瀬で待ちかまえて、外界との接触を絶った、ただひたすら釣果という結果しか追い求めないような、殺生きわまりないごっつぁん釣りをしているアユ釣り師とは、全然違う人種だ。こんな素敵な人ばっかりだったら、夏の川旅はどんなに楽しいものだろう。

横畠を過ぎた辺りで、 ちょっと厳しい落ち込み。 残念ながら、これは見送ることにした。岩場をアップダウンしながら、ライニングした。

1級、1.5級ぐらいの瀬が500メートルおきにやってきて、アユ釣り師さえいなければ、全く以て文句はない。でもそうでないから文句を言う。本来通りたかったルートを通らずに浅瀬へとはまりこんで、随分と腹を擦った。また、そこしか通るところがないから、紳士的に話しかけようとしたら、「カヌーがワーワー言って通ったあとは何時間もアユが戻ってこなくって困っちゃうよ」と話も聞かずに牽制してくる。ワーワー言わないから通るよと言って、通ってやった。ザマ見やがれ。

が、水が少ないのは確かで、瀬のなかに岩がやってくる。何度もライニングダウンしたのだが、ちょっとばかり面倒臭がって、入った瀬が最低だった。片岡の上流1キロぐらいの地点。中洲を挟んでルートは二つあるのだが、右はザラ瀬。左はというと行けそうに思えたのだけど、ダメでした。何故かこの辺の石だけは、他の丸まっこい石とは異なっていて、粗いコンクリートよりさらにザラザラとした表面の石。こんなのに乗り上げた日には、ボトムはボロボロ。たちまち、水が入ってきた。穴、約5箇所の大破だった。

艇の応急手当てをして、2:00、やっと昼飯ポイントの片岡 に到着。均整のとれた沈下橋が目印だ。その手前には広い瀞場があり、水泳にはもってこい。相方が昼食の準備をしているにも拘わらず、思わず泳ぎだしてしまった。 船着き場の近くには、カゴが沈められており、よく見ると 津蟹 がウジャウジャと入っている。この川のめぐみだ。

★★ここでワンポイント情報★★

休憩ポイントとしては、この片岡に如くところはない。左岸船着き場を登ってすぐのところに商店があって、まことに便利。この店、ビールからつまみから 、アユから蟹から雑貨まで揃えている何でも屋さん。ここのご店主がまた、気前のいい方で 、水を入れてあげよう。氷をあげよう。と有り難いばかり。10尾以上は入っていたと思うがアユが3500円。時間さえ許せば、川原で竹串に刺して、丸焼きという手もあるだろう。 また、この店の近くには公衆電話がある。

思うように漕げないのは、水が少ないのと、いたるところで垂らしているアユ釣りの竿のせいだ。本当は、もう10キロぐらい先にまで到着しているはずなのだが、全然お話にならない。このままでは仁淀川橋まで行き着くのは難しい。残るはこれから日没までの2時間あまりと、明日の早朝を利用したとしての3時間。5時間足らずで20キロをこなすことができるであろうか。今日のペースだと3時間かけて、やっと10キロ。ウーム、絶望的だ。

焦る気持ちは、ロクなことを招かない。ザラ瀬をまいて、乗船しようとしたところ、どこにも淀みがない。いよいよ中洲の突端にまで来てしまった。戻るといっても、相当大回りになるし、時間が勿体ない。「ママヨ」と速やかに乗ろうとしたが失敗した。船が流された。体勢が崩れて川に倒れ込むことになった。船に引きずられるままに、いつか本流に飲み込まれてしまった。

流れの中には、大きな岩が点在していた。足を打つ。なんとか艇に這い上ったものの、そのまま流されるままに漂う。やがてトロ場がやってきて、難は逃れる。ただし、ボクの足指の先からは、2枚の爪がなくなることになった。まあ、いつかはまた生えてくるものではあるが。痛いのは、確かである。

夕闇迫るなかを漕ぎ進むと、柳瀬橋が見えてきた。折しも右岸に消波ブロックが列んでいるのが見えてくる。このブロック沿いにかなり長い瀬がある。本日最後の瀬。というか、これが結局仁淀川最後の瀬になってしまった。

仁淀川最終日、9月16日。早起きして、なんとか下れるところまで行こうとも思ったが、「無茶は、やめなさい」と神様が諭すかのような雨模様。諦めて、バスで、車をデポしたところまで行く ことになった。幸い、この柳瀬には、バス停がある(ちなみに、病院もあるし、自販機もあるし、電話もあれば、駐在所まである)。朝一番6:53のバスで一路下流を目指す。

仁淀川橋のたもとに到着したのが7:30。早すぎて、店なんてどっこも開いちゃぁいない。

★★ここでワンポイント情報★★

と諦めるのは、まだ早い。いいとこがあるのである。仁淀川を遡ること、車で10分。すると中追渓谷温泉はコチラってな看板が出てくる。そこからさらに10分、山深い谷あいに秘湯が現われる。この温泉、朝は7:00から営業しているのである。よくもまあ、こんな断崖絶壁の地に温泉宿をつくったものだと感心するようなロケーション。時間があれば、ぜひ寄ってみられよ。食堂は朝のうちは泊まり客専用になっているのだが、寂しそうな顔をすると、泊まり客と同じお膳でいいならつくってあげるとのあったかい言葉。田舎の人情とはいいものです。

雨は、降ったり止んだり。ようやくおひさんが顔を出したのは、昼も過ぎてから。一向に片づけが進まない。柳瀬を後にしたのは、3:00。次の目的地、中村へとハンドルをきったのだった。

川時間・憧憬写真館 に、仁淀川の思い出を飾ってみました。

インディストラクティビリティー号の冒険インデックスページに戻る