第2回百式イカ大会 結果報告

 2006年10月1日に、百式主催による家島諸島・男鹿島でエギング大会が開催されました。競技方法は、エギングによるアオリイカ胴長14cm以上の2ハイを検量とするルールのなかで36名が日ごろ鍛えた腕を競いあった。当日は、秋雨前線がやや活発となってくる見込みで雨の心配が予想されましたが大会中はなんとか雨が降らずに終了。表彰式には、あいにくの雨となりましたが抽選会・じゃんけん大会もあり、おおいに盛り上がり終了。当大会は、初心者や他のジャンルの釣り人が気軽に入り込むことができる雰囲気を大事にして、来年もより多くの参加者の方々と楽しい1日を過ごすことができればと思っています。今大会に協賛を頂いた各社の皆様、そして参加の皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

百式イカ大会実行委員長      百合園 忠

優勝 川村昌史 21.0p+19.7p=40.7p

2位 水門 裕 18.3p+17.7p=36.0p

3位 澤井輝二 19.3p+16.5p=35.8p

4位 田中利英 17.6p+16.0p=33.6p

5位 山口裕之 15.1p+15.0p=30.1p

6位 吉田実寛 14.5p+14.0p=29.0p

7位 塩野憲章 14.5p+14.3p=28.8p

8位 辰己貴司 14.6p+14.0p=28.6p

9位 田中慶次 14.5p+14.0p=28.5p

               (参加人数36名・胴長14cm以上2ハイを検量)

受付風景 磯割り
このサイズが多かったようです。
検量風景 上位3名の皆さん
1位の川村氏 ラッキー賞の塩野氏
2位の水門氏

メニューへ