わかば募金チャリティー
第5回
淡路島メバルFISHING


いざなぎ・いざなみ二人の神が天から垂らした滴が海に落ち、それが淡路島になった。

主催
イエローソルトウォータークラブ

協賛
(株)ラベルト 吉田保険事務所 パゴス加古川 ビーグル エイトグループ YGKよつあみ 
サイクルショップ・モリトYA!オンスタックルデザイン カンジインターナショナル ジャッカル D工房
ハヤブサ 魚矢 シーバイト スミス バスデイ ジップベイツ ヤリエ ユゲ工房 アリエス 名倉歯研(株) 

(順不同・敬称略)

協力
Salty!・釣り場速報・ハローフィッシング
(50音順)


平成19年2月24日13:00〜24:00(小潮)
天候(晴れ・北の風4m)

参加者
99名

 「誰でも手軽に入門でき、しかしタックルやテクニック、時合いや潮汐など様々な要因により釣果が激変する奥深さを持ち合わせるルアーでのメバル釣りを、同じ時間に複数の人々が一斉に取り組んだら、どんな結果がでるのだろう?」
 すっかり恒例となった淡路島メバルFISHIGもすでに5回目を迎えることとなりました。第1回目の頃はまだまだ未開拓な部分も多かったルアーでのメバル釣りも、今やすっかり全国的にメジャーなターゲットとなり、様々な釣法が開発されてきました。そこで、今年はこれまでの夜間4時間半という競技時間を見直し、今回に限り日中から深夜にかけてのロングランに設定しました。最近盛り上がりつつある日中釣りも視野に入れた展開を期待していたのですが、当日は島全体を吹き抜けるあいにくの強風。ひとつめのジンクスは破ることができませんでした。しかし、、100名の力を合わせれば何か奇跡が起きる・・・かも知れません。悪条件を克服して栄冠に輝くのは果たしてどのアングラーでしょうか?

フェイズ1
開会行事
(13:00〜)

フェイズ2
途中経過
(13:30〜24:00)

フェイズ3
検量〜表彰式
(24:00〜)


メニューへ