南会津のブナを守る連絡協議会

協賛団体 : 宇都宮渓遊会・根がかり倶楽部・浦和浪漫山岳会・山岳渓流釣倶楽部群遊・渓道楽・どんぐり山・全日本暇人協会・山形県渓流釣協議会・岩遊・
         秋田源流釣友会・奥鬼怒岩魚保存会・遡行同人梁山泊・多摩川山女道・渓魚酔・栃木渓流会・新潟三遊会・中部山岳渓流倶楽部・栃の葉訪渓団・
      南会津のブナを守る会・山岳会ぶなの会・同人トマの風・日本山岳会・葉山の自然を守る会・白神市民フォーラム・ACCJ茨城・ブナムシの会・
         ブッシュ山の会・南会津地球村・福島(渓)倶楽部・博士山のブナ林を守る会・(財)日本野鳥の会南会津支部・自然と環境を守る会津方部連絡会・
新潟ランタン会・舟形山のブナを守る会・南会津グリーンストッククラブ・月田農園・つり人社編集部                      


林野庁より正式表明を中村敦夫議員事務書にて受理   
会津ブナ林伐採計画白紙撤回!!
署名ご協力ありがとうございました
尚、現在集めている署名は提出いたしますので、事務局まで郵送もしくはFAX願います(3/20迄)

完全勝利となりました!!
ご協力ありがとうございました!!


この会は世界規模においても貴重である南会津の原生林を、関東森林管理局の使用目途も不明確で全く無意味な伐採から守るため、有志で立ち上げた会です。賛同の意思がある方であればどなたでも参加できる会となっておりますので、ご協力・ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 先日、関東森林管理局へ意見書を提出した結果、伐採決定が平成13年12月であったのが、計画の策定を3月までと引き延ばすことができました。これを機会に全国的に署名を集め、伐採計画の即刻中止を目指すべく、一大運動を起こそうではないかと思っております。
 賛同していただける方は以下の要請書を印刷・署名いただき、事務局へFAXもしくは郵送いただければと思います。


『巨木の森』南会津のブナ林を守ろう!!

南会津ブナ林伐採計画即刻中止を求める要請書・署名のお願い

 福島県南会津郡只見町、檜枝岐村、舘岩村、伊南村、南郷村の1町4村に跨る国有林(天然ブナ林)372haで成長木(巨木)を対象に主伐を実施する伐採計画が関東森林管理局より発表されました。

 戦後50年余り続けてきた天然林の伐採。それに附した木材生産事業の縮小と自然に優しく野生動物の棲みやすい広葉樹の森をつくり、生態系保護への転換を図るという林業政策の大転換を、昨年10月政府が閣議決定したのです。
 斯かる政治決定を蔑ろにする関東森林管理局の今回の計画は暴挙としか理解できません。天然ブナ林、野生動物と幾多の生物保護の見地から貴重なブナ林を伐らせてはいけません。

 イヌワシ・クマタカが飛翔する山域、イワナ・ヤマメたちが群れなす流域、高山植物を育む高層湿原の山とブナ林、豊かな自然全てを守りたいのです。

 急を要しております。関係省庁に提出するにあたり、一次集約を極力2月22日(必着)までにできるだけ多くのご署名をお願い申し上げます。尚、二次集約のご署名も3月20日まで継続してお受けしております。
 誠に勝手なお願いですが、何卒心情お察しのうえご協力お願い申し上げます。


南会津ブナ林伐採計画の即刻中止を求める要請書・署名活動へのお願い

各位様

 朝日岳・駒ヶ岳に代表される南会津の原生林は高層湿原を呈しているところが多く、しかも国有林野面積205haにもおよぶ、北海道と秋田米代に次ぐ極めて大きな流域です。また、広葉樹・針葉樹を織りまぜた多様な原生林におおわれ、安定かつ豊富な推量に満たされ、極めて多様で希少な動物の生息地でもあります。
 この南会津原生林を伐採する森林計画が、関東森林管理局より縦覧されました。この計画は只見川源流部などにもおよんでおり、日本でも有数の豪雪地帯において、自然のダムともいえるブナ原生林を伐採することは、この山域の崩壊や雪しろ期の増水、生態系の破壊につながります。
 私達、要請及び呼びかけ人は、この計画に断固反対し即刻中止を要請するものです。本来ならお会いしてお願いしなければならないのですが、何分急を要しております。誠に勝手なお願いですが、心情お察しのうえ、何卒ご協力お願い申し上げます。

現在までの流れ

 平成13年12月3日(朝日新聞福島版に掲載)    2001年末に、森林伐採計画が一般縦覧される。
 平成13年12月10日(意見書提出期限)  計画に反対する40数名がそれぞれ、異議・意見書を関東森林管理局に提出
 平成14年1月22日   南会津伐採計画に対して、計画中止など「林野庁及び関東森林管理局」へ異議申立てるべ
               く、「南会津のブナを守る連絡協議会」を設立いたしました。
 現在伐採計画の見直し中

今後の予定

 地元でも「一本のブナも切らせない」という固い意思を確認しました。よって反対運動を共闘していくつもりです。
 急を要しております。関係省庁へ提出にあたり、第一次集約を2月22日(必着)とし、それまでにできるだけ多くの署名をお送りいただきたいと思います。
 2月末の一次集約を携え、林野庁と関東森林管理局へ計画中止の要請行動を行い、第二次集約として3月末に同庁と局に再度提出し計画中止を呼びかけます。

「南会津のブナを守る連絡協議会」

事務局連絡先 〒223‐0065 神奈川県横浜市港北区高田東3‐44‐3
          渡部 信雄
          TEL・FAX:045‐544‐0411
                 047‐763‐1077
                 042-965-1285
                 03-3823‐6678

  事務局:渡部信雄(宇都宮渓遊会) 川上健次(どんぐり山)
       平江 誠(むかご山渓会) 渡辺大樹(根がかり倶楽部)

 ※ 皆様には負担をおかけいたしますが、皆奉仕で活動しております。そこをご理解いただき、送付用封筒及び送料は貴会・貴殿
   の負担において何卒お願い申し上げます。また署名用紙が足りない場合はコピーをしていただき、出来るだけ多くのご署名の
   ほどよろしくお願いいたします。


要請書内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

関東森林管理局局長殿                                            平成十四年三月八日

要請書

  私達「会津のブナを守る連絡協議会」は、福島県南会津郡只見町、檜枝岐村、舘岩村、伊南村、南郷村の一町四村にまたがる国有林内の数十箇所、合計
三七二ヘクタールにおいて、今後五年間に樹齢百年を超える天然ブナの伐採を行う旨の伐採計画を知り、正直ななところ、今さら何を・・・・・と驚愕しました。
 伐採計画の目的は森の再生であり、伐採木の処遇については伐り倒したままにして自然に委ねることを前提にした箇所もあると聞くに及んでは、その計画の
あまりの杜撰さに呆れるばかりです。
 折しも昨年十月、政府は林業政策の大逆転を閣議決定しました。新しい政策では、これまで中心だった針葉樹の植林を縮小して、野生動物たちが棲みやすい
広葉樹の森を創造・拡大し、生態系保護を重んじることを揚げています。つまり、森の価値を材木としてしか量れなかった経済効率のみ優先する林野政策では、
もはや国民の理解を得られないことを悟り、自らのそれまでの姿勢を根底から否定したのです。
 しかし貴局においては、その新しい政策の発表と時期を同じくして、南会津のブナ伐採計画を発表しているのです。政府決定の内容も省みず、国民のための
行政機関でありながら、民意の重さをも蔑ろにする相反したこの伐採計画を、どうして私たちが見逃すことができるでしょうか。
 これまで林野行政によって行われてきた天然林の伐採は、連綿と続く美しい日本の自然を損なう、環境破壊そのものでした。これまであなたがたが切り続けて
きた伐採跡地に足を踏み入れると、私たちには森の悲鳴が聞こえきます。生息場所を年々縮小されて瀬戸際に立たされた野生動物たちの悲痛な姿が見えるので
す。もうそろそろ伐採は止めてもいいのではないでしょうか。日本各地の森を見渡せば、過去のあなたがたの所業を反省する材料には、もはや事欠かないではない
ですか。
 林野行政においても既に、生態系と生物多様性の保全を目的とした、壮大な「緑の回廊構想」に着手しているではありませんか。どうして関東森林管理局だけ
が、こうした世の中の流れに逆らった破壊事業を展開しようとするのでしょうか。
 ブナの森は、すべての野生動物に恩恵を施す揺りかごです。先人から受け継いだこの豊かな森を、未来の世代へと残すことこそ、私たちに課された義務と心得
ます。これからの林野行政は、現在残された森林の健全さを保ち、過去の伐採地を再生する道筋を明らかにしてこそ、真の国民のための行政として受け入れられ
るのです。
 よって関東森林管理局においては、我々にそうした正しい姿勢を示し、森林の保護と育成に心血を注ぎ、南会津の伐採計画を即刻全面的に中止されることを
要請します。
 最後に、私たちは今回の伐採計画中止の申し入れについて、広く市民から同意を得るために署名活動を行いました。二月九日から二十三日のわずか十五日間
で、全国から実にニ六一一四名もの署名をいただき、既にこれを林野庁へ提出してあります。
 関東森林管理局局長におきましても、この多数の署名の重みと世論を充分に考慮され、伐採計画を白紙に撤回されるよう、重ねて要請するものです。

                                                                               会津のブナを守る連絡協議会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                 

南会津ブナ林伐採計画の即刻中止を求める要請書
PDFファイルのため AcrobatReader が必要です

南会津原生林伐採へ

伐採箇所

関連記事(山と渓谷・岳人)

 

皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします!!

 

 

戻 る