ハクモクレン(白木蓮)
Since 2000/04/08
Last Updated on 2004/03/31


 当地(相生市)のハクモクレンは3月下旬に咲きます。花びらは6枚ですが、3枚のがく片も白色のため、一見9枚あるように見えます。外見は同じ季節に咲くコブシと似ています。しかしコブシのようなウラ寂しさがなく、豊かさと発展性を感じさせます。

 恥ずかしながら私は、ごく最近まで、「白蓮教徒の乱」の「白蓮」はこの花のことだと思っていました。「白蓮」を「白木蓮」の省略形だと早合点していたのです。正しくは、白蓮(びゃくれん)は字義の通り、白いハスの花です。しかし白い花がびっしり付いた白木蓮の姿は、民衆蜂起の「白蓮教徒の乱」のイメージにピッタリだと、今でも思っています。 

 (画像はクリックすると大きくなります。)


2001/03/29


2004/03/26


2004/03/31


2001/03/29


2004/03/26


2004/03/24


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com