.


マムシグサ(蝮草)
Since 2000/05/27
Last updated on 2001/05/08 


 羅漢の里(相生市矢野町)から三濃山へ続く登山道で見かけたアオマムシグサです。薄暗い木陰からこちらをうかがっているようで、一瞬ドキッとしました。

 マムシグサの名前は、茎にある紫褐色のマダラ模様がマムシの銭形模様に似ているところから来ているそうです。花(仏炎苞)の形も、鎌首を持ち上げた毒ヘビ(マムシ)を連想させます。 

(写真はクリックすると大きくなります。)

 

「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com