双葉中学校が無くなる
Since 2000/05/08
Last updated on 2000/11/03



  相生市立の双葉中学校と相生中学校は、平成15年(2003年)4月に統合される計画で、準備が着々と進んでますが、みなさんは統合後に中学校の名前がどうなるか、考えたことはありますか? そんなこと、どうでもいいですか?

  双葉中学校の卒業生は、「当然双葉中学校になる」とお考えでしょうが、残念ながら、その可能性は小さいようです。理由は次の通りです。

(1)  平成12年4月1日発行の「広報あいおい」には、仮称ながらも「相生東中学校」と表記されている。

(2)  消息筋に聞いたところ、関係者は「公募(ハガキ投票)」で決める腹づもりとのこと(本当かな?)。公募となると、相生(おお)地区のまとまりが双葉中校区を上回り、大量の組織票が出る可能性がある。

(3)  今の双葉中は昭和29年までは相生中だった。また統合後の新校区は昔の相生村の範囲に近くなるので、双葉中校区でも、高齢者を中心に「相生中」に親近感を持つ人がいる。

(4)  行政当局は、校区間の対立を避けるため、双葉中、相生中のどちらでもない案(例えば中央中学校や相生東中学校)に民意を誘導するものと推測される。

  「広報あいおい」の書き方から、行政当局は、双葉中と相生中を相生東中学校に、那波中と矢野川中(平成20年に統合予定)は相生西中学校にするつもりだろうと考えます。

  双葉中学校は創立が昭和29年(1954年)4月です。したがって創立50周年(2004年)の前年に消滅することになります。面倒な行事を一つ省略できて、絶好のタイミングですか?

 


追記(2000/11/03) 

 2000年11月2日の新聞(朝日、神戸など)によると、相生市教委は、双中と相中の統合計画を、校区住民の反対が強いため、当分の間、凍結すると決めたそうです。これで双中は、なんとか50周年を迎えられそうです。

 こちらをクリックすると『計画凍結』を報じた新聞記事が開きます。 →朝日新聞    →神戸新聞

 関連ページ  →相生市の中学校統合計画「凍結」の顛末

 

「トピックス」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com