大歳神社の千年フジ(山崎町)
Since 2000/05/18
Last updated on 2001/05/05 



 
西暦960(天徳4)年に与右衛門という人が植えたと伝えられる巨木です。10本前後の幹が束になった状態で、幹回り2.8メートル、フジ棚は約420平方メートルに広がっています。5月3〜5日の「フジまつり」前後が見頃です。近くの花菖蒲園と違って、無料です。

 昨年(2000年)の開花は例年より1週間ほど遅かったそうですが、訪ねた5月16日には既に盛りを過ぎていました(花はアップに耐えられない状態でした)。それでも境内の風情はさすがでした。


2000/05/16

 今年(2001年)は5月4日に出かけました。ちょうど房の先まで咲き切った「満開」の状態でした。場所は国道29号の今宿北の信号(西松屋前)を西に入って突き当たり、左に折れたところです。近くに小さな駐車場がありますが、「フジまつり」のさなかで、順番待ちの状態でした。筆者は「道の駅 山崎」に車を入れて、そこから歩きました(約800m)。ゴールデンウイーク中で、国道29号は、中国自動車道から(下り車線へ)降りてくる車で渋滞していました。


2001/05/04

 花の拡大写真は「花便り」の「フジ(藤)」のページに掲載しています。
ここをクリックすると開きます。 → フジ(花便り)

 

『兵庫県内』に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com