シダレザクラ(枝垂れ桜)
Since 2000/04/12
Last Updated on 2001/04/07


  エドヒガンの園芸品種で枝が長く垂れるものを、シダレザクラ(枝垂れ桜)またはイトザクラ(糸桜)といいます。エドヒガンは長寿の桜として有名で、山高神代桜(山梨県)や薄墨桜(岐阜県根尾谷)、樽見の大桜(兵庫県)など、天然記念物に指定されている巨木がたくさんあります。シダレザクラでは、角館の枝垂れ桜(秋田県)や三春滝桜(福島県)などが有名です。

 写真は光福寺(兵庫県佐用郡南光町漆野)のオオイトザクラで、シダレザクラでは播磨随一といわれています。推定樹齢は300年です。シダレザクラはソメイヨシノより少し早く開花するのですが、南光町が当地(相生)より北(山間部)にあるので、相生でソメイヨシノが咲いたのを見て出かけると、この木もちょうど見頃のようです。 

(画像はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com