top
タイを語る

タイに関する掲示板への私の投稿集です。
1999 , 2000 , 2001 , 2002 , 2003 , 2004 , 2005 , 2006 , 2007 , 2008


名簿 / 12.15 / menamjuku

はい、それでは名簿を作りますので、皆さん以下の情報を
bkkrider@geocities.co.jp に送って下さい。

名前:
所属:
専攻:
自己紹介: フリースタイルで、何か一言、二言、三言、四言...
コンタクト:


なお、この名簿は一般非公開です。


サンプルとしては、ここを参照↓。
http://www.egroups.co.jp/files/menamjuku/members.html



Re: RE:[menamjuku] この本を探せ! / 12.14 / menamjuku

どっひぇーっ。読み終えたら、ぜひ、レジメを作って発表して下さい。

> I have this book, but in Thai.



この本を探せ! / 12.13 / menamjuku

Title: State Crime in an Era of Change
Author: Ji Ungpakorn, Suthachai Yimprasert


あのー、タイトルが英語なんで、英語の本だと思うんですが、見かけた方は御一報下
さい。

参考リンク:
http://www.geocities.com/chainat_prov/4411/THA-thammasat-massacre.html



パスック抄読会 / 12.11 / menamjuku

はい、それでは投票もあらかた済んだという事で。

日時:12月13日(木)、夜7:30スタート
場所:バンラック幼稚園

食事は済ませて来て下さい。早めに来れる人は、適当にだべっていて下さい。なお、
バンラック図書室を閲覧したい人は、お昼あたりから来てもいいと思います。タイ・
東南アジア関係の面白い本がたくさんあります。

ちなみに私は子守の関係で、7:30頃に到着予定です。

参加者は、Pasuk の例の論文に目を通して、質問・コメント・裏話等を用意して下さ
い。

--
以下、参考文献です。

[Bangkok Post]
Premier urged to heed King's warnings

Double standards causing confusion

Pradit Ruangdit

Prime Minister Thaksin Shinawatra must throw aside his ego and partisan
approach if he earnestly wants to solve national problems, academics said
yesterday.

Thianchai Wongchaisuwan, director of Thai Vision Project, said Mr Thaksin
must heed His Majesty's warnings in his speech to the nation on Tuesday to
mark his 74th birthday.

The messages were clear: the prime minister could not be too optimistic and
he also must not apply double standards, Mr Thianchai said.

The King, he said, was straightforward in telling Mr Thaksin to accept the
fact that Thailand's economic situation remained disastrous and what his
government did was not always right.

``The King wants Mr Thaksin to see that problems are still serious and
difficult to solve. Not one of the economic indices has improved.

``The government does not have the luxury to think it has never done
anything wrong,'' Mr Thianchai said.

He said the King also warned Mr Thaksin against using double standards as
that would only cause confusion both at home and abroad about where Thailand
was going.

Mr Thianchai said the King knew that although Mr Thaksin looked confident on
the outside, deep in his heart he knew that pulling the country out of
recession was extremely difficult.

Still, Mr Thaksin believed only his way was the right way.

``One day he said the government was not interested in trade but in
grass-roots economy. The next day he said something totally different,'' Mr
Thianchai said. ``That is why the King warned he cannot have too many
hearts. He must set only one single standard in doing things.''

Prayad Hongthongkham, a Chulalongkorn political scientist, said double
standards were dangerous because they helped one but hurt another.

Mr Prayad said Mr Thaksin may have been a poor example himself.

The prime minister, while saying everyone on the board of the Expressway and
Rapid Transit Authority was in the wrong for making the state pay a
6.2-billion-baht penalty to a contractor, did not even wonder why former
Bank of Thailand governor Rerngchai Marakanond was the only one at fault in
the failed defence of the baht.

The government also must stop thinking it was always right and start
listening to others, as the King had advised, Mr Prayad said.

The monarch said problems could be overcome only if all agreed to reasonable
discussion, face-to-face.

http://www.bangkokpost.com/061201_News/06Dec2001_news03.html


[TIME]
A Royal Dressing-Down
Imperious Thaksin gets a very public scolding from King Bhumibol for the
state of the nation
BY ROBERT HORN Bangkok

A mandate can sometimes be a dangerous thing. Since scoring the largest
electoral win in Thai history last February, Thaksin Shinawatra has proved
to be a Prime Minister with no tolerance for criticism. He promised voters a
return to prosperity, but as the country's economy continues to crumble,
Thaksin has lashed out at economists, academics, bankers, bureaucrats and
news organizations that have questioned his policies. Citing the 11 million
votes (out of 29.9 million cast) he won, the PM has told his detractors to
support him or shut up. But last Tuesday, Thaksin got a very public
dressing-down from a man he doesn't dare tell to keep quiet, a man with a
mandate infinitely more impressive than his own: King Bhumibol Adulyadej.

In his 55 years on the throne, King Bhumibol has made the constitutional
monarchy a moral counterpoint to the slime pit of Thai politics. Revered by
his subjects as semidivine and for his work among the poor, he intervenes in
politics only during times of crisis?most notably ending the bloodshed of
the May 1992 democracy uprising. He prefers giving advice to Premiers in
private. So, as Thaksin and his ministers sat in the Dusidalai Throne Hall
awaiting the King's annual birthday address to the nation, they were
expecting the usual sermon on development peppered with parables and gentle
jibes. Instead, Bhumibol, 74, warned Thailand was heading for catastrophe,
and lambasted its political class for their arrogance, intolerance and
double standards. "The Prime Minister has a long face now after I mentioned
catastrophe," the King said. "But I'm telling the truth. I think we all know
that our country is not developing, that everything seems to be in decline."
By the time the King was done, Thaksin's face was red.

If Thaksin can't argue with the King, he also can't argue with the numbers.
As a candidate, he pledged Thais would have more money in their pockets in
six months, thanks to his programs for suspending farmers' debts,
nationalizing bad loans and doling out seed money for small enterprises to
every village. But after half a year, GDP is down 1.4%, exports have dropped
11.7%, investment has fallen by 6% and private consumption by 0.4%, and bad
debts are still plentiful. Thaksin blames the world economic slowdown, but
while others cautioned that was coming, he still promised boom times. Not
all the numbers are heading south. Unemployment is up 0.6% and the cost of
bribes is up 15%, according to a study sponsored by the Office of the Civil
Service Commission. Thaksin's economic policies may not be solely to blame
for Thailand's economic woes?most of Asia is teetering on recession?but some
of his actions, especially his government's decision to raise interest rates
during such a downturn, have been counterintuitive to say the least. Central
bank governor Chatu Mongol Sonakul advised him that raising rates was the
wrong policy; the governor was fired soon thereafter.

Other independent voices have also felt the Prime Minister's wrath. Thaksin
has used his weekly radio address to ridicule some of Thailand's leading
bankers and economists for making gloomy forecasts. Newspaper editors say
Thaksin's Shin Corp., the country's largest advertiser, pulls ads if they
report unfavorably on the government. (Government officials deny this
charge.) Unhappy with coverage of himself in the foreign media, Thaksin and
his advisers have also accused journalists from several Western news
publications?including TIME?of bias and of being part of a smear campaign
against him. The climate of intimidation has some opposition politicians and
columnists calling the Prime Minister "Field Marshal Thaksin," a reference
to Thailand's days of military dictatorship. "People can't be made to think
the same way," King Bhumibol admonished during his speech. "When we have an
idea and others say it is not right, they have the right to say so."

The day after the King's address, Thaksin told reporters the monarch was
speaking to the whole nation, not just him. Even before the speech,
Thaksin's approval ratings were starting to slip, falling from a high of 72%
in May to 52% in August, according to a poll by Bangkok's Assumption
University. Pollsters said it hadn't fallen further because people don't see
any alternative. That shouldn't lull Thaksin into thinking he can ignore the
King's advice. Says Sem Pringpuangkaew, a Thaksin loyalist who organized the
nationwide petition drive in support of the Prime Minister while the PM was
on trial for concealing his assets earlier this year: "Everybody has to
listen to the King, including the Prime Minister." If he doesn't, Thaksin
may find his vaunted mandate melting away.

http://www.time.com/time/asia/news/magazine/0,9754,187657,00.html



Re: Peace March / 12.09 / menamjuku

Pridi といえば、今日見つけたページなんですが、↓
http://sensitive.virtualave.net/dcforum/gen/159.html#1


で、ちょっと気になった4ヶ所を引用します。どのように気になったのか気になる人
は、次回会った時に私に尋ねて下さい。


[1] In 1939, Field Marshal Plaek Phibulsongkhram, Siam's right-wing
prime minister, even changed the name of this country to to Muang Thai or
Thailand (in imitation of the German Deutschland), and thus began a policy
of ultra-nationalism, chauvinism and irredentism.


[2] Pridi, however, was opposed to the Franco-Thai conflict. He argued that
we should have regained disputed territories from the French through an
international tribunal, not by military force.


[3] The Allies
wanted to send Phibul and his cronies to Japan and have them put on trial
there as war criminals but Pridi saved them by persuading the Allies to try
them in Bangkok instead. All were eventually acquitted.


[4] But the officers paid little heed. Led by Capt Somboon Choonhavan (the
name used at that time by late PM Gen Chatchai Choonhavan) the soldiers
searched the house, room by room. Finding no trace of Pridi, they
eventually left. It was at that moment, says Poonsuk, that she realised her
hitherto peaceful life was gone forever. (1947年のクーデターの直後、
Pridi の家に捜索に来たアーミーの話)



12月10日は憲法記念日 / 12.09 / menamjuku

というわけで、タイの憲法の話をちょっと。

-- 引用(タイ現代政治史、加藤和英、H7=19??=j
1932年憲法
【第4条】国王は仏教徒でなければならず、宗教擁護の第一人者である。

1946年憲法
【第4条】国王は仏教徒でなければならず、宗教擁護の第一人者である。

1947年憲法
【第4条】国王は仏教徒であり、宗教擁護の第一人者である。

1949年憲法
【第7条】国王は仏教徒であり、宗教擁護の第一人者である。

1952年憲法
【第5条】国王は仏教徒でなければならず、宗教擁護の第一人者である。

1968年憲法
【第6条】国王は仏教徒であり、宗教擁護の第一人者である。

1972年憲法
【第9条】国王は仏教徒であり、宗教擁護の第一人者である。

1976年憲法
【?】(本書に記載無し)

1978年憲法
【第7条】国王は仏教徒であり、宗教擁護の第一人者である。

1991年憲法
【第7条】国王は仏教徒であり、宗教擁護の第一人者である。
-- 引用終 --


問題1
1932年憲法の制定において、「国王は仏教徒でなければならない」との条文が定
められたのは、キング・人民党の間のいかなる対立や折衝の産物だったのか。193
2年憲法はキングが以前から準備していた憲法草案に似ているとの事だが、その草案
にも同様な条文が入っていたのか?

問題2
タイ語の表現のニュアンスとして、
1. 国王は仏教徒でなければならず
2. 国王は仏教徒であり
は、どのような違いがあるのか。1952年憲法で、一時的に表現が#1に戻ったのは
なぜか。1976年憲法には、国王の宗教に関する条文があるのか。

問題3
-- 引用(Thai Society: Comparative Perspective, Erik Cohen, 1991) --
The Sanskrit term satsana (Pali sasana), generally translated as "religion,"
is no less ambiguous than the term chat... In Thailand, the term satsana
originally referred specifically and solely to Buddhism; however, at a later
stage the connotation of the term was expanded to include all officially
recognized religions in Thailand, including Christianity and Islam.

The Thai constitutions, after the revolution of 1932, defined the king as
akkharasasanupathamphok, which according to Ishii, is a term, "... open to
alternative translations, 'the protector of Buddhism' or 'the protector of
religion,' depending on the interpretation placed upon sasana (satsana)."
This ambiguity in the term satsana, is the source of an important dilemma in
the definition of the monarch's role towards religion: if the term is taken
in its narrow sense, the king will be perceived as the protector only of his
Buddhist co-religionists--which is certainly acceptable to them, but leaves
out the Thai subjects belonging to other confessions...However, if the term
is taken in its broad sense, then the belongingness of non-Buddhists to the
Thai collectivity is reconfirmed--but the monarch's protection may be
unwanted by some of the religious communities themselves...It causes a
problem for the Muslim community, which finds it hard to reconcile even the
benevolent protection of a Buddhist monarch with the basic precepts of
Islam.
-- 引用終 --

1932年当時において、憲法第4条は、もしかして、
「国王は仏教徒でなければならず、仏教擁護の第一人者である」
という意味だったのか。


以上3点につきまして、どうでしょう、誰か...



黄金の三角地帯から / 12.04 / mekong-books

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Oasis/1850/essays.html

1986年に著者が初めて北タイの hill tribe を訪れてから今日に至るまでの経過が、
大変興味深く綴られています。小さいフォントで印刷しても全200ページぐらいにな
りますが、私は一挙に読んでしまいました。

タイにおける hill tribe の歴史、人類学、社会学を考える資料としてお勧めです。

また、hill tribe をタイ政府やタイ国民がどのように扱うかという点に着目する
と、タイ社会を理解するための資料にもなります。



Re: パスック論文 / 12.03 / menamjuku

いやー、いつもながら Pasuk 先生の文章はキレがいいですねー。皆さん、こういう
文章を読む時には、ちゃんとプリンターでプリントして、蛍光ペンを片手に読まない
と勉強になりません。

ちなみに、Pasuk 先生のホームページはここです↓。
http://pioneer.netserv.chula.ac.th/~ppasuk/index.htm

早稲田の村嶋先生も、ホームページで雑誌掲載の論文を載せてくれると助かるんです
が、と webmaster にメールしたんですが無しのつぶてです。
http://www.wiaps.waseda.ac.jp/user/murashima/

どーですか、この論文で抄読会をしたい人、はい、手を挙げてください。



座談会 / 12.01 / menamjuku

はい、今晩(土曜日)7pmぐらいから、バンラック幼稚園にて。アジ研の東さん
(経済)を囲んでの座談会です。



流星群 その2 / 11.29 / menamjuku

さて皆さん、前回の11月18日〜19日の獅子座流星群は、おそらくぐっすりとお
休みになられて見れなかったと思います。

で、第2弾です。

[Another meteor shower due next month]

Stargazers who missed the Leonid meteorite shower on the night of Nov 18-19,
can catch another meteor shower in the middle of next month.

Worawit Tanwithibundit, an executive of the Thai Astronomy Association, said
a Geminid meteor shower, the second brightest meteorites next to the
Leonids, will appear in the sky during the night of Dec 13 until the early
hours of Dec 14.

Those wanting to see this meteor shower clearly should lie down on the
ground and look at the northeastern part of the sky, Mr Worawit said.

The shower may be seen in all parts of Thailand, but in the South the
weather at this time of year may obstruct viewing.

He said the Geminid meteors, seen for the first time in 1860, will be moving
at a speed of 43km per second and look like water drops. The peak moments of
this phenomenon will be from 3am until 6.10am on Dec 14, he said.

http://www.bangkokpost.com/261101_News/26Nov2001_news05.html



White Lotus のオフィスの場所 / 11.15 / mekong-books

Soi 58 を入って行って、突き当たりのT字路を左折します。それから角を道なりに
右折すると、ほどなく左側にオフィスが出てきます。一応 White Lotus という看板
が出ています。Sukhumvit から歩いて10分ぐらいです。

私は正確な住所や地図を持って行かず、ただ Sukhumvit Soi 58 とだけ覚えて行った
ので、オフィスを見つけるのに手間取りました。気がつかずにうっかり通り越してし
まい、オートバイでソイの網の目を走り回りました。近所の人に尋ねても、Tesco
Lotus は知っていても White Lotus は知りません。

さんざ迷った挙句に Soi 50 から Soi 70 まで探索し、
 「これで見つからなかったら今日は諦めて出なおしてこよう」
と、3度目ぐらいの Soi 58 の探索で発見しました。もう既に2時間ぐらい走りま
わってクタクタでしたので、
 「こんな近くにあったのか」
と、一挙に気が抜けてしまいました。



中国国民党残党 / 11.15 / mekong-books

中国国民党残党というと、英語では Kuomintang 又は KMT ですね。私が読んだ本の
中では、

Thailand: Dictatorship or Democracy?
1995, Donald F Cooper

という本の中で、タイ近代政治史における KMT の役割がめっぽう詳しく書かれてい
ました。おかげで、タイ北部(メーサロン等)を旅行した時に、イメージがわいて良
かったです。


ホー・イスラム というのは初耳でした。タイ北部に住む中国系のイスラム社会です
か。何かドラマがありそうですね。



Suriyothai / 11.14 / menamjuku

イギリスから学部留学中の Des が、Suriyothai 関係の調査をしています。
1.16世紀のアユタヤの歴史
2.タイのナショナリズム関連での Suriyothai の扱われ方

彼とディスカッションをしたい人は、明日水曜日の午前中に Siam Society の図書室
へ集合して下さい。

または、私に連絡をくれれば、彼に紹介します。彼は明日から1週間ほどアユタヤに
泊まり込み、その後はチャンタブリに帰ります。タイには来年の5月までいる予定で
す。



White Lotus のオフィス / 11.13 / mekong-books

今日、White Lotus のオフィスに行って来ました。アジア関係の絶版本が数多く並ん
でおり、マニアにとっては宝の山です。タイ関係の本をザッと眺めるだけでも1時間
はかかります。雰囲気的には、ちょっとした私設図書館です。

まずは、目録をご覧下さい↓。
http://www.thailine.com/lotus/thai_oop.html

ここを訪れるにあたっての注意点を挙げておきます。
1.書庫内に蚊が出るので、長袖のシャツを着るか、蚊よけスプレーを持参したい。
2.ボスの Ande は話好きなので、つかまったら腰をすえて1〜2時間は話しましょ
う。
3.近所に売店が無いので、スクンヴィットで何か飲み物を買って持参しましょう。



古本の値段 / 11.11 / mekong-books

私は本は極力買って読む事にしているんですが、値段が2000Bを越すと、ウッ、
と来るものがあります。

で、今日 Merman Books で見つけた本なんですが、

The Politcs of Reform in Thailand : Education in the Reign of King Chulalongkorn
1969, David K. Wyatt
2500B

Lords of Life
1960, Chula Chakrabongse
2500B

Chinese Society in Thailand : An Analytical History
1957, George William Skinner
2900B

チュラロンコン大学の図書館でコピーすれば3冊まとめて500Bぐらいで済む、と
考えると...

とりあえず、2、3日考えてみます。

あ、早い者勝ちですので、欲しい方はどうぞご遠慮なく。


ちなみに、前述の

Friendly Siam: Thailand in the 1920s
Ebbe Kornerup

についてですが、1928年出版のデンマーク語版と英語翻訳版が売られていまし
た。それぞれ3000Bぐらいです。著者はアジア各国を旅行して旅行記を書いたよ
うです。日本への旅行記もデンマーク語で出版されたようです。



Bangkok Film Festival / 11.08 / menamjuku

さて皆さん、お待ちかねの Bangkok Film Festival がやってきます。11月16日
−25日です。
http://www.bkkfilm.com

まあ映画というのは各国の深層文化を表わしているので、タイ映画を見る事はタイ社
会の深層を覗き見る絶好の機会です。このフィルムフェスティバルに出品される映画
は、全て(ほとんど?)英語の字幕付きです。

私は去年の Bangkok Film Festival では、
・ Elephant Keeper
・ Chao Phraya
の2本しか見られませんでしたが、今年は気張って全作品(タイだけ)制覇を目指し
たいと思います。

それにしても、bangkok zigzag が入っていないのは残念でした↓。
http://www.immersionfilm.com/projects.html



Book Fair / 11.08 / mekong-books

Buy second hand boks at low prices, some new books are on discount, up to 70
percent. Also on sales are Nancy Chandler sttionary, art notebooks and 2002
calendars--it's time to go for early New Year shopping.

Nov 10-11
10am - 5pm
Te Neilson Hays Library, 195 Suriwong Rd., 02-233-1731

--
という事です。何が出てくるかわかりませんが、Neilson Hays Library でのセール
なので、面白い本が出てくるかもしれません。



Leonid 流星群 / 11.07 / menamjuku

さて皆さん、来たる11月18日(日)〜19日(月)にかけて、Leonid 流星群が
ピークを迎えるそうです。ピークのピークは午前1時半だそうです。

なんでも、今年はタイが観測に向いているそうで、わざわざこれを見るためにタイに
来る天文ファンもいるようです。ただし、バンコク近郊では見るのが難しいかも知れ
ません。バンコクからだと、カンチャナブリの山奥へ行くのが距離的には良さそうで
す。

参考リンク:
http://eclipse.span.ch/leonids.htm



子育ての話 / 11. 06 / タイ 掲示板

ニーパイさん。これは一般論ではなかなか論じにくいのですが、子供が乱暴な場合、「どうしつけるか」よりも「どうして乱暴になったのか」を分析する事が重要だと思います。子供の発育は外界(特に家庭環境)に対するレスポンスですので、その環境を検討する事が問題解決の第一歩です。

みぃみぃさん。私が読んだ「子どもの発達と社会・文化」という放送大学のテキストによると、
 「自己抑制的面は就学前まで漸進的に伸び続けるのに対して、自己主張・実現的面は3歳から4歳までは伸びるがその後ほぼ同じ水準に停滞してしまう」
との事です。活発的な子どもは後から抑制を身に付ける事ができるが、抑制的な子どもは後から活発性は身に付け難い、という事でしょうか。



資本主義社会における言論の自由 / 11.03 / menamjuku

以下、Far Eastern Economic Review からの引用です。
http://www.feer.com/2001/0111_01/p010intell.html

--
Thai Daily Plays Hard to Get
The Thai government has in recent weeks offered 50 million baht ($1.12
million) worth of advertising to Bangkok's fiercely independent The Nation
in exchange for softer coverage, staffers at the daily claim. Since Prime
Minister Thaksin Shinawatra won office in January The Nation has maintained
its hard-hitting editorials where other Thai dailies have noticeably
softened their line. Thaksin's government has come under opposition fire for
its perceived strong-arming of the press, mainly through the lure of
advertising. Although the government has repeatedly denied the charges, it
does have discretion over massive advertising budgets at various state
enterprises. Meanwhile, the company Thaksin founded, Shin Corp., has
maintained an advertising ban on The Nation for the past six months, say the
sources. As Thaksin's populist pledges start to be implemented, it is now
more important than ever to manage the message that his policies are
actually working. Predictably, The Nation refused the offer.



Re: 水着について / 10.29 / 新「タイに行こう」情報交換ボード

セントラルなどのデパートのスポーツ用品売場に行くと、各種の水着が並んでいます。日本で買うよりは安いし、タイのお土産としてもグッドです。

ビーチに着いてからでも水着を買う事はできますが、バンコクのデパートほど品揃えが多くないので、ツアーの前にショッピングをする時間があれば、バンコクで買っていった方がいいです。



フィルム上映会 / 10.28 / menamjuku

1929年頃のタイの様子を撮影したフィルムの上映会があります。タイの歴史ファ
ンは必見です。学生証を持ってくると、入場無料です(普通は150B)。

Date: November 13
Time: 7.30 p.m.
Place: Siam Society

参考:
http://www.siam-society.org/Lectures3/L126-glover.htm



Re: Seacon Square の DK Book Mart / 10.26 / mekong-books

確かに DK は、Seacon Square の支店に限らず、新しい本でも埃をかぶっています
ね。私も、他で手に入る本は、他で買うようにしています。ただ、ここでしか手に入
らない本もあるので、そういう時には何冊か置いてある中からなるべく綺麗そうな本
を選ぶようにしています。

また、タイでは落丁が珍しい事ではありませんので、怪しそうな場合には
 「ニー、シー、ロー、ヤー、トー、ニー、シー、ロー、ヤー、トー」
と、全ページチェックしてから買うように心がけています。



バンコクの本屋 / 10.25 / mekong-books

私もあまり積極的に本屋の開拓をしているわけではありませんで、訪れる本屋はオー
ソドックスに Asiabooks、Kinokuniya、Bookazine、DK Book House あたりが多いで
す。

お勧めの本屋としては、Silom Complex 内にある Merman Books でしょうか。東南ア
ジア関係の英語の古本が多いです。

また、大学図書館にゲストで入館して、館内で本を丸ごとコピーする事もできます。
チュラロンコン大学の図書館は、インターネットで書庫の検索ができます↓。
http://www.car.chula.ac.th/



Seacon Square の DK Book Mart / 10.22 / mekong-books

これは地下一階にあるのでちょっと目立たないんですが、古ぼけた本が多くて面白い
です。

今日は、

 The Chakri Dynasty
 1983, Abha Bhamorabutr

 Thai Talk
 1995, Suthichai Yoon

の2冊を買いました。



The 6th National Book Fair / 10.19 / mekong-books

本日から下記のブックセールが始まったようです。
 The 6th National Book Fair
 Date: Oct 19 - 28
 Place: Queen Sirikit Convention Center

今年の春にも似たような催しで、
 The 29th Thailand National Book Week' 2001
 Date: Mar 27 - Apr 08
 Place: Queen Sirikit Convention Center
というのがありまして、私は古本屋のブースで
 Red Bamboo
 1961, Kukrit Pramoj
を発見し、200B出して買い求め、ホクホク顔で帰って来ました。

この本は、Kukrit の政敵である Sulak が
 "If any Thai author wrote anything against the Communists, such a book
would receive tremendous applause. That is why USIS saw to it that Kukrit
Pramoj's Red Bamboo, a mediocre novel, was translated into 18 languages."
(Siam in Crisis, p151)
とこき下ろした本ですが、なかなか心温まる物語でした。


今回も大変混み合いそうなので、都合が許せば平日の朝10時頃に到着するのがいい
と思います。



住居報告 / 10.18 / タイ 掲示板

90日毎の住居の報告についてですが、
1.指定日の前後1週間は受理されます。
2.書留郵便で送る事も可能です。
詳しくは、以下を参照↓。
http://www.visathailand.com/q_002.htm

ちなみに、non-immigrant visa, class-O の滞在許可の延長申請の際の「面接」ですが、私の場合は面接室に行ったら係官が電話中で、「合格」のサインだけもらって部屋から出てきました。



抄読会、Ebbe Kornerup / 10.07 / mekong-books

抄読会についてですが、これは定期的にやっているわけではありませんで、毎週日本
人留学生が数人あつまって、何かしらアカデミックなネタをもとに雑談するというイ
ンフォーマルな集まりです。


ところで、私が今読んでいるのは次の旅行記です。
Friendly Siam: Thailand in the 1920s
Ebbe Kornerup
1999 (reprint), White Lotus

どなたか、
 ・初版は何年なのか
 ・著者はどういう人物で、何のために旅行をしたのか
ご存知の方はおられますか?



競馬法における「学生」の定義 / 10.05 / タイ 掲示板

以前 Legal Net というパソコン通信フォーラムで、私が、競馬法における「学生」の定義について取り上げた事がありました。

 【競馬法】
 第28条(勝馬投票券の購入等の制限)
 学生生徒又は未成年者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

おそらく文脈から読み取ると、「学生」とは文部省管轄の大学の学生を対象にしているものと解釈できますが、競馬法が制定された昭和23年当時に比べると、現在の学生のあり方は多様化しています。

社会人が多い大学夜間部、通信制大学や放送大学、聴講生や研究生、大学院生、文部省管轄でない防衛大学校や気象大学校、外国の大学に在籍中の者などを、一律に「学生」として扱えるのかという法理論的な困難さがあります。

ちなみに、Legal Net の管理人の弁護士さんは、競馬法に学生の定義が述べられていない事に問題がある、との御意見でした。



抄読会のお知らせ / 10.04 / mekong-books

来週の水曜日頃 (時間・場所は flexible) に、以下の文献で抄読会を行ないます。バンコク在住で興味のある方は御連絡ください。


Ideological Practice within Peasant Rebellions: The Case of Siam around the Turn of the Century
Shigeharu Tanabe, 1982
Paper presented at the symposium on 'History and Peasant Consciousness in Southeast Asia'

50ページぐらいです。



タイにおけるクレームの有効性 / 09.30 / タイ 掲示板

私は特に翻訳の訓練はした事は無いんですが、以前趣味で(日本の)法律の勉強をしていたので、その文体が滲み出るんだと思います。

そういえば私も日本にいた時には、社会改善の一策として、あちこちにクレームレターを出していました。地下鉄のホームでタバコを吸っている人を黙認している駅員を見かけたときには、その駅員を名札から名指しして、
 「駅員が職権で注意しないとすると、一般の乗客はますます注意しにくくなります」
と書いて送ったら、後日営団地下鉄の職員がわざわざ私のマンションまで訪ねて来られた事があります。

しかし、タイでは accountability の意識が薄いので、クレームに対する誠実な対応は期待できないです。



タイの法律 / 09.26 / タイ 掲示板

タイの法律に関する情報は、日本語ではほとんど手に入らないです。英語でもなかなか難しいです。私が引用したのは、Chulalongkorn Law Review, Volume VII, 1998-2000 という雑誌の中の、Family Law of Thailand という論文からです。

そういえば、バンコクの日系本屋で、タイ人との国際結婚に特化した日本語のガイドブックが売られていて、もしかしたら法律関係の情報も多少は含まれているのかも知れませんが、いつもビニール袋を被っているので内容がわからないです。

どうでしょう、てんもさん、国際結婚にまつわるタイの法律を集めたページを作ったら、受けるんじゃないですか。



タイの夫婦財産制 / 09.24 / タイ 掲示板

タイの民商法1471条によりますと、夫婦の個人財産の規程は次の通りです。
1.婚姻前に取得した財産
2.洋服や仕事に使う道具など、もっぱら個人の用途に用いるもの
3.個人に対する相続や贈与によるもの
4.婚約の際に夫から妻に贈られたもの

また、同法1474条によりますと、夫婦の共有財産の規定は次の通りです。
1.婚姻中に得られた財産
2.特に夫婦で共有する旨を明示された相続や贈与によるもの
3.個人財産から生じる利息や配当等

日本の民法では、例えば、夫が働いて得た収入は、相応の生活費を差し引いて夫の個人財産になるのですが、タイでは全額が共有財産になるようです。

また、外国人の土地所有は、一部の例外を除いて認められていないので、土地付き一戸建を購入した場合、タイ人配偶者が所有権を取得します。



Re: バンコクの遊園地ないですか? / 09.17 / 新「タイに行こう」情報交換ボード

ちょっと郊外に出ると、ドリームワールド(遊園地)やサファリワールドがあって親子で楽しめますが、バンコクではとにかく移動が大変なので、滞在予定のホテルの近くで何か探すのがいいと思います。渋滞の中で1時間も2時間も車内に閉じ込められるのは、特に子供にとって辛いです。



Re: ファルコンの日本人妻と娘 / 09.11 / mekong-books

今日読み始めた本なんですが、
Histoire Civile et Naturelle du royaume de Siam, et des Revolutions qui ont bouleverse cet Empire jusqu'en 1770
1771, F. H. Turpin
1908, English translation: A History of the Kingdom of Siam up to 1770
1997, Reprint from White Lotus

本書では、King Narai と Faulcon について、次の章で取り上げています。
Chapter 2. The Reign of Chao Narai
Chapter 3. The Revolt of the Macassars
Chapter 4. The Revolution that brought about the downfall of Faulcon and the French

また、Faulcon の妻と子のその後については、
Chapter 5. The Breach between the French and the Usurper
に詳しく描かれています。

やはりフランス人の著によるものだけあって、いかに Faulcon が迫害されたかが
生々しく描かれています。

本書によると、1688年に Faulcon が処刑された時に彼の妻は22才。子供の年齢は
書かれていませんが、boy だったようです。以下に、本書より所々引用して紹介しま
す。

She was appointed to the Royal Kitchens. In the opinion of the Siamese,
this is an honourable post and by no means a humiliation. She had two
thousand women under her orders, as palace servants. She was entrusted with
the care of the gold and silver plate, of the King's wardrobe and of all the
fruits served at table. Her lack of self interest made her despise the
valuable perquisites of her office and, very different to her predecessors,
handed over a considerable sum every year to the royal treasury. The King
of Siam, surrounded by corrupt and rapacious officials, was astonished to
see such honesty, and often said that only Christians could carry the scorn
of wealth to such a pitch.

Although she was not so unhappy as she had anticipated, she suffered
considerably from the fact that her son had been taken away from her. For a
long time she feared that his education had been entrusted to the idolatrous
priests, but she was much relieved to hear that he was being brought up at
the Seminary in charge of the Bishop and the French missionaries.

Her son afterwards obtained a captaincy in the Siamese navy, on the
Coromandel coast... Having inherited his father's abilities, he might have
risen to a high position. But lavish as his father had been, he desired
wealth merely for the purpose of making presents to Princes and Kings. His
bounties, which ensured his favour at Court, exhausted his resources. He
died in poverty in 1754, leaving his wife a son and several daughters in
absolute want...

There remains only a son named John Faulcon, married to a Portuguese in
Siam. The Burmese took him prisoner but, evading the vigilance of his
guards, he escaped to Siam with his wife, where they lived in obscurity.

Such was the posterity of the celebrated Constantine Faulcon who, of humble
origin, raised himself to the steps of the throne.



Re: レンタカー / 09.09 / 新「タイに行こう」情報交換ボード

保険がバッチリ付いている一流レンタカー会社の中では Budget が比較的安くてお勧めだと思うんですが、コラートには営業所が無いようですね↓。
http://www.budget.co.th

ドンムアン空港までは持って来てくれるようなので、いっその事、ドンムアン → コラート → コンケン とドライブするのはどうでしょう。

タイで初めて運転すると道に迷いやすいですが、自分で運転する旅というのは、また格別です。



Re: 山田長政の時代のアユタヤ / 09.08 / mekong-books

前述の

 My Country Thailand: It's History, Geography and Civilization
 1941, Phra Sarasas

を読んでみたのですが、ファルコンの家族については次のような記載があります。

He left a wife and a son to mourn him. His wife, curiously enough, was a
Japanese lady. This widow after many hardships and sufferings became
superintendent of the royal kitchen of King Tai Sra, and was still living in
1717.

また、山田長政の家族については次のような記載があります。

His only son by a Thai wife, Oin Yamada, succeeded him as governor of Nakon.
The misfortune which befell his father now dogged the son's footsteps. The
rebel governor of Nakon who had been ousted by Yamada, came back with a
force, and took the city by assault. Oin Yamada and his Japanese friends
had to flee to Cambodia, where he gathered his compatriots and came back to
Ayudhya, secretly nursing his vengeance.


著者は1937年に Minister of Economic Affairs に任命された事もある人民党の
幹部で、第二次世界大戦前には日本に3年間滞在した事もある親日家です。戦後は
マッカーサーに向かって
 「将来、アメリカはソ連とかならず対決する日が来る。その時、力になるのは日本
である。日本をいじめる事は、アメリカのためにも、アジアのためにも、ならない」
と進言したそうです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog064.html

本書において著者は、1932年のクーデター以前の絶対王制を酷評しており、サン
ガについても絶対王制を維持するための政治的な道具であるとして批判しています。
また、タクシン王については、組織的な陰謀によって王座を奪われたとして名誉を回
復しています。

本書は、出版当時の人民党政権の歴史観を相当程度反映しているものと思われます。
そういう意味で本書は、二重の歴史書として興味深い本です。



メーサムレップ / 09.08 / 新「タイに行こう」情報交換ボード

おおっ、メーサムレップ! 私もオートバイで行きました。午後に着いたので、のんびりしているうちに夕暮れになり、村の家々にロウソクが灯ったのが幻想的でした。

ところで、
http://www.google.co.jp
で検索すると、メーサムレップ関係の旅行記がちらほらと見つかります。



Re: 山田長政の時代のアユタヤ / 09.06 / mekong-books

私が読んだ本の中では、

 Thailand: A Short History
 1984, David K. Wyatt

が、The Empire of Ayudhya (1569 - 1767) という章に40ページを割いています。

また、

 From Japan to Arabia: Ayutthaya's Maritime Relations with Asia
 1999, Kennon Breazeale ed.

という論文集の中で、

 Ayutthaya and Japan: Embassies and Trade in the Seventeenth Century
 Nagazumi Yoko

という論文が山田長政当時の日・タイ関係を解説しています。


上記2冊から私なりにまとめたのが、次の年表です。


また、これは手元にあってまだ読んでいないのですが、

My Country Thailand: It's History, Geography and Civilization
1941, Phra Sarasas

という、やや異色の本にも山田長政時代の様子が数ページにわたって描かれています。



フィリピンでオートバイが高速道路乗り入れ可に / 08.30 / Guest Book です

フィリピンではこれまでオートバイでの高速道路への乗り入れが禁止されていましたが、7月18日に次のような判決が出ました。

Toll Regulatory Board (TRB) has no power or authority to ban motorcycles on expressways and therefore, the ban in the expressways on motorcycles is void and illegal.

この判決を受けて、Philippine National Construction Corp. (PNCC) がオートバイの高速道路乗り入れの条件を定めました。日本との対比でいくつか挙げますと。
1.排気量は400cc以上
2.サイドカーはダメ
3.2人乗りはOK
4.常にヘッドライトを点灯する
5.通行料金は4輪車と同額

今回の判決は、フィリピンのライダーたちの長年におよぶ政治論争の成果です。が、排気量制限などを巡って今後も論争は続きそうです↓。
http://motorcyclephilippines.com/

タイでは未だオートバイは4輪車に比べて不当な扱いを受けているんですが、タイのライダーは政治意識に欠けているので改善は困難そうです。



non-immigrant visa, class O の延長 / 08.14 / タイ 掲示板

私の場合は1998年8月27日に東京のタイ大使館で、1年間有効の non-immigrant visa, class O, multi を取得しました。1999年の8月に初めて滞在許可の延長を申請した時は書類集めが大変でしたが、その後の延長申請は、2000年、2001年と、比較的簡単に済みました。

銀行口座預金残高としては毎回25万Bをキープしています。まだ work permit を要求された事は無いです。なんでも、タイ国籍の子供がいると審査が通りやすくなるそうです。



Re:今日の出来事 / 07.27 / にゃんTHAI 提示版

BMWといえば、先週末に久しぶりにパタヤまでドライブしたんですが、やはりBMWは高速走行で真価を発揮しますねー。スタビリティとコントローラビリティとでもいうんでしょうか。高速カーブで、もたつく他車の間をぬって前に出ると、自分のドライビングテクが上がったような気がして気持ちいいです。



今日の出来事 / 07.26 / にゃんTHAI 提示版

オートバイに乗っていて、渋滞でつっかえました。隣はピカピカのベンツです。あっ、道路乞食がやってきて、ベンツの窓を拭き始めました。私も自動車を運転している時は人事じゃないんですが、オートバイの時は気楽に傍観できます。

運転手は当惑した顔つきで、
 「ノー、ノー」
と手を振りますが、乞食はテキパキと窓を拭き続けます。それにしても、ピカピカのベンツの窓を薄汚いボロキレで汚しておいて小銭を要求するとは、もはや犯罪的行為と言えましょう。

乞食が窓を拭き終えて、私が
 「さあ、運転手はどう対応するか」
と、固唾を飲んで見守っていたところ、乞食は金を要求せずにそそくさとその場を立ち去ろうとします。
 「あれっ」
と思った瞬間、後から来たバイク警官が乞食の逃げ道をブロックしました。バイク警官は相当怒っているようで、乞食の頭に空手チョップで脳天割りを食らわせて、
 「パイ レオ」
と怒鳴ります。いやー、タイの警官は恐いです。

ところで、やはり路上で100B単位で金をせびる、乞食以上に悪い輩がいるんですが、脳天割りを食らわせて
 「パイ レオ」
と怒鳴ってみたいものです。



バイク屋の彼 / 06.18 / タイ 掲示板

おおっ、ゆこさん、去年の8月にチェンマイにツーリングに行ってバイクが故障した時には、バイク屋の彼に助けてもらいました。今年の3月にもツーリングで立ち寄って、オイルをチェックしてもらいました。そーですか、ご結婚されましたか。おめでとうございます。

送金についてはよく知らないのですが、当面の生活費という事であれば、タイ国内で日本円に両替して、身につけて持って行くのが一番確実ではないでしょうか。50,000Bを超えるタイバーツのタイ国外持ち出しには許可が必要だそうですが、日本円の持ち出しには制限が無いそうです。

でも両替率の変動が大きいので、いつ両替したらいいのか悩みますね。



Re[2]:Motorcycle Anthropology / 05.23 / Nandemo Square

そーですか。タイに住んでいながらタイ語が読めない私なので、インドネシア語のメーリングリストには手が出ないです。

ところでバンコクには RTW (round the world) Rider がよく立ち寄るんですが、インドネシアを走る人も近頃増えてきました。例えばこの人↓。
http://www.transasia.at/en/journal/1_2.html



Motorcycle Anthropology / 05.17 / Nandemo Square

近頃、アジア各国のオートバイ関連のリンク集(英語版)を作りました↓。
http://geocities.com/bkkriders/asia/

マレーシアとシンガポールはさすがに情報が豊富です。それにフィリピンと香港が続きます。日本は意外に少なかったです。

ところで Horipa さん、インドネシアの情報がなかなか見つからないのですが、何かないでしょーか?

それにしても、こうして各国のオートバイ事情を調べてみると、Motorcycle Anthropology とでもいった輪郭が浮かんできて面白いです。



Napster / 04.04 / にゃんTHAI 提示版

1年ぐらい前に TIME MAGAZINE で読んで、ギョギョギョー と思ったんですが、要するにインターネットを通じて個人が持っている MP3 のファイルを交換しあうネットワークです。それで、今日ひょんな事から Napster をダウンロードして使ってみました。
http://www.napster.com/

まず、1971年の映画 Silent Running で Joan Baez が歌う Rejoice in the Sun をダウンロードしました。2.6MB です。感動の再会です。

次に、日本語の歌もあるかなー、と思って NSP を探してみたら、ちょぼちょぼありました。実は私はNSPのファンなんです。それで、「夕暮れ時は寂しそう」のダウンロードを試みたんですが、途中でエラーになりました。

デビルマンの主題歌も見つけたんですが、connectivity の関係で、日本からはファイルを持って来にくいです。

最後に、1979年の映画 Hair で最後のシーンに流れる The Flesh Failures をダウンロードしました。2.5MB です。それにしても、Napster は何でもありの世界です。

Napster の問題点としては、ダウンロード先の個人に接続速度の点で負担がかかる事と、相手がログアウトしたらダウンロードが中断してしまう事でしょうか。

それにしても、やはりタイにいても常時接続の光ケーブルぐらいは欲しいところなんですが、まあ、タイだからしょうがないか...



re: タイで免許を取ってみた / 04.03 / タイ 掲示板

タイの Motorcar Act に、次のように書いてあります。

--
第57条
自動車の運転の練習をする者は、当該自動車に係る免許を受けてから3年を経過している者を同乗させ、かつ、その指導の下に、当該自動車を運転しなければならない。

自動車の運転の練習中は、練習をする者と指導をする者以外の者は当該自動車に同乗してはならない。

自動車の運転の練習中に事故により損害が発生した場合には、指導者が賠償の責任を負う。ただし、練習をする者が指導者の指導に従わなかった事が証明される場合は除く。
--

日本では路上で練習するために「仮免許」が必要で、これを取るまでがなかなか大変なんですが、タイでは隣に3年以上運転免許を持っている人を乗せていれば、誰でもいきなり路上で練習できるんですね。

ちなみに、志真子さんは20歳ぐらいの時にタイの運転免許証を購入しましたが、全く運転ができなかったので、私が筑波大学のキャンパスで特訓しました。もちろん、タイ政府発行の国際運転免許証を取らせての話です。



韓国で250ccのオートバイ生産開始 / 03.30 / Nandemo Square

「韓国オートバイ事情」は大変興味深く読ませていただきました。ところで、Hyosung のホームページをチェックしてみると、Mirage 125 は生産終了のようで、かわりに同じ V-twin の Aquila 125 が後継車種として販売されています。ついでに、Aquila 250 というのも作り始めたようです↓。
http://www.hyosungmotors.co.kr/e_main_index.htm



ウルトラセブンがタイで放映開始 / 03.30 / にゃんTHAI 提示版

といっても、ケーブルテレビの話なんですが。UBC Kids で4月3日の 7:30 p.m. からスタートだそうです。さて、日本では放映自粛となった禁断の第12話ですが、やはりタイでも放映されないんでしょうね。

まあ、私の家ではUBCを契約していないので、どうせ見られないです。デビルマンとか水戸黄門を放映するなら、UBCとの契約を考えてもいいんですが。

http://member.nifty.ne.jp/ucchie/personal/iseki/U_ess1.html



外国人と婚姻関係にあるタイ人が土地を購入した例 / 01.18 / タイファンのページ

英語の掲示板である news://soc.culture.thai に、興味深い体験談が投稿されましたので、ここに紹介します。

My wife and I purchased 2.5 rai and built a house and factory. We put both in her name and I have a 30 year lease with a 30 year option.

When we registered the land I had to sign a document that said the land was not communal property. She also had to swear that it was her money that paid for the land with me standing there. Everyone knew this to be false and my wife did not understand.

When asked whose money it was she said my husbands. The officer told her to say it was hers and then they could register the land in her name. So they asked her again whose money and she said it was hers. They registered it with no further questions or problems.

All of the documents and permits we needed to build our buildings has her name as owner and mine as a witness. The land office told us that they just changed the law so that a Thai woman married to a falang man could own land.

なんとも柔軟性に富んだ対応ですが、これが一般的なものなのか、あるいはこの役人個人の茶目っ気なのかはわかりません。



Re:タイ人配偶者のタイ国土地所有(便乗です) / 01.17 / タイ-国際結婚関係掲示板

> 私の妻は私と結婚する前から彼女の母から家を貰って妻名義で家を持って
> 一人で住んでいるのですがこの場合は私と結婚して籍も入っているんです
> が彼女の名義のまま所有することが出来るのでしょうか?

大丈夫です。The Acquisition of Immovable Property by Aliens in Thailand という本によると、1999年3月23日に次のような通達が出たそうです。

Any Thai having an alien spouse may purchase or accept land as a gift with no consideration and register the ownership of such land during marriage under a condition that the spouse must jointly provide a written legal confirmation stating that the entire source of funds for such purchase or gift is solely from the "Personal Property" of such Thai.

KOU さんのケースでは既に結婚前から贈与されていたわけなので、そのまま放っておくのが一番です。



Bangkok Post のバックナンバー検索 / 01.16 / タイファンのページ

Bangkok Post のバックナンバー検索は、長い間調整中で使い物になりませんでしたが、今日、新しい検索ページが完成している事に気がつきました。
http://scoop.bangkokpost.co.th/bkknews/query.asp

これで、Nation のバックナンバー検索と合わせて、タイ社会の時事問題や、特定のトピックについての情報を得ることが簡単になりました。
http://202.44.251.4/NationNews/IsNews/query.asp

例えば、"mobile phone" というキーワードで検索すると、タイにおける携帯電話の発展の様子を調べる事ができます。また、"lese majeste" で検索すると、どういう時に不敬罪が持ち出されるのかを知る事ができます。

皆さんも、ぜひお試し下さい。



Naval Academy / 01.14 / タイファンのページ

というわけで、1月13日の子供の日に Naval Academy に行って来ました。妻は仕事だったので、私が一人で3歳になるベビーを自動車に乗せて連れて行きました。幼児は運転中でもじっとしていないので、なかなか恐いものがあります。

着いてみると、なかなかの盛況でした。構内は一般車両進入禁止でしたので、路上には2重、3重に自動車が駐車されて、私も自動車を駐車するのに30分かかりました。歩道にはオモチャやお菓子の出店が並び、「あれが欲しい、これが欲しい」と泣き叫ぶベビーを抱きかかえて、さっそく疲れてしまいました。

構内には実物の装甲車やヘリコプターなどが展示されていましたが、子供が群がっていて、じっくり観察する事ができません。また、私はチャオプラヤーに係留された軍艦への乗船を楽しみにしていたのですが、一時に乗船できる人数に制限があり、300メートルほどの列ができていました。おそらく1時間待ちぐらいでしょうか。3歳のベビーを連れて暑い中1時間もおとなしく列に並ぶ事は不可能ですので、諦めて岸から眺めるだけにしました。しかしベビーは、しきりに軍艦に乗りたがります。理屈ではなだめられないので、気をそらすのに一苦労でした。

1時間ぐらい構内をぶらつくと、もう他に見るものが無くなったので帰ってきたのですが、帰りはひどい渋滞でした。こんな事なら、近所の公園にでも連れて行った方が、よほどマシだったと思いました。

帰りにクロントイの近くの交差点で信号待ちをしていた時に、小学生ぐらいの女の子が近づいて来て、ボロキレでフロントガラスを拭き始めました。私は手を振って追い払いましたが、その直後に、今日は子供の日だった事を思い出し、なんとも複雑な思いに駆られました。



子供の日 / 01.10 / タイファンのページ

タイでは1月の第2土曜日を「子供の日」と称して、民間企業・政府機関共にさまざまな催し物を企画します。今年は1月13日です。

国会議事堂見学ツアーなどもあるそうですが、私は Samut Prakan にある Naval Academy を見学しに行く予定です。
http://paknam.com/navyacademy.html

タイで「子供の日」が制定されたのは1955年です。タイの政治史を振りかえりますと、この年はピブン首相が、その政治基盤を軍政から議会政治に転換しようとした年でした。それまでピブン政権を支えていたアメリカの軍事支援がピブン首相のライバルのパオ(警察)により多く割かれるようになったので、ピブン首相はアメリカの支援に見きりをつけて、タイ国内の世論と票を味方につけようとしました。圧政を緩和し、さまざまな人気取りパフォーマンスを演じました。

こういった文脈で見ると、「子供の日」の制定も、ピブンの人気取り政策の一環だったのではないかと私は考えています。



ウィルスメール / 01.05 / にゃんTHAI 提示版

正月早々、送信者名も件名も宛先も内容も無いメールが届きました。MPAAOBMP.EXE というファイルが添付してあって、これを実行すると何が起るのか気になるんですが、やっぱりやめておきます。

それにしても、この種の匿名メールはどの程度まで逆探知できるんでしょうかね?


Date: Thu, 4 Jan 2001 06:18:03 +0900 (JST)
Message-Id: <200101032118.GAA20951@mail.geocities.co.jp>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: multipart/mixed; boundary="--VEUF452FS9QJWHQN45A3CP"

----VEUF452FS9QJWHQN45A3CP
Content-Type: text/plain; charset="us-ascii"

----VEUF452FS9QJWHQN45A3CP
Content-Type: application/octet-stream; name="MPAAOBMP.EXE"
Content-Transfer-Encoding: base64
Content-Disposition: attachment; filename="MPAAOBMP.EXE"

TVqQAAMAAAAEAAAA//8AALgAAAAAAAAAQAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
AAAAgAAAALRMzSEAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
AAAAAAAAAAAAAAAAAABQRQAATAECAAAAAAAAAAAAAAAAAOAADwELAQAAAFYAAAAAAAAAAAAAABAA
...



ウィマンメーク宮殿 / 01.05 / タイファンのページ

みなさん、明けましておめでとうございます。正月も4日となりますと、バンコクも渋滞と喧騒が戻ってきました。

今日は、在タイ2年と5ヶ月目にして、初めてウィマンメーク宮殿に行ってきました。ラマ5世が1901年から1906年まで住んでいた王宮で、現在では一般開放されています。広い園内に展示館が何ヶ所もあるので、丹念に見て回ったら一日がかりです。

考えてみるとバンコクにはずいぶんと多くの博物館の類がありますが、私はまだあまり見て回っていません。今年はもうすこし積極的にバンコクを探検してみたいと思います。