stlogo.gif


マスキー用のルアーは普通、1オンスから2オンスぐらいの重さです。
名前の通り、マスキーを釣るためのルアーですが、私達は一見
無謀とも言える大きさのこのルアーを昔ながらのジャパニーズ
トップウォータースタイルで使います。
ただ無謀なだけじゃない。そこには私達なりの理由があります。
まーダマされたと思って一日投げ倒して見てください。
数釣れる釣りじゃないけど、信じる努力は何倍にもなって帰ってくる。
バス釣り観、マジで変わるかも。

1:釣れる魚が元気。暴れまわる
本来トップウォーターバス釣りは、その湖で活性の高い
バスを相手にする釣り。ドデカプラグに出るバスは、さらに凄い!!
ルアーに激高して襲いかかってくるから、出方がドハデ!!!
かかった後のやり取りもスリリングそのもの。暴れまっせ〜
2:ブッシュ、葦をものともしない
自重がある、ということはオーバーハング、ブッシュをなぎ倒して
ポイントへ入っていく(ここ大切)。
カバーにぶつけるように投げると着水音も小さくなる。
結果、他のルアーでは考えられない攻め方が出来る!!(超大切)
3:バスがスレてない
マスキージッターあたりで気づく人も多いはず。局所的に流行ったり
しているあたり、ここもスゴイツボです。
4:移動距離の断然少ないルアーが多い
これもツボ。他のルアーでは入らないポイントに静かに着水した
あとは、ルアーの仕事ですよね。重い分、ポイントから離れづらい
ってことは・・・・・(ニヤリ)
5:思い出に残る
ドデカいルアーで釣った。しかもスゴイファイト!!!
釣った1匹1匹絶対に忘れません。

他、ナイトフィッシングの場合、アピールが高い、など色々
ありますが、昼間に使ってこそドデカプラッガー!

注意:マスキールアーはもちろんフックのカエシも大きいので
バーブレスにしましょう。これでフッキングも良くなります。

しかし短所も・・、メジャーポイントでは嫌がられる(秘境を探しましょう)
収納できるボックスが少ない(仕切を切りましょう)
投げるのにコツがいる(練習しましょう)


利用者の声
kao1.jpg
愛知県在住A氏
獲物を仕留める時は、地の果てまで追い詰めます(笑)。多くのブラックバスなんて求めなく
ても良い、一匹のバスとの関わりが密になれば嬉しいね!マスキーで獲った時にゃ〜
一生の思い出になるぜ(笑)。

B.gif
東京都在住N氏
小バスなんて相手にしていません!狙うはロクマル、ナナマルのみ
それにはドデカプラグしかないでしょ〜
これを放るにはやっぱり思い入れのあるタックルでなきゃ!
contents2.gif