花の部屋 9月の花 ツリフネソウ

〔御前山〕

〔景信山〕

 ツリフネソウは秋の野山ではどこにでも見られるめずらしくもない花だ。しかしマツムシソウやヤマハハコと同じように、山道を歩いていてこの花を見かけると、ああ、もう夏が終わって秋になりつつあるんだな、としみじみした気持にさせられる。

 湿り気のある薮っぽい茂みの中に小さな花が群れ咲いているが、遠目に目立つような花ではない。うかうかすると見過ごしてしまうが、しかし近寄ってみるとなんともおもしろい、味わいのある形をしている。フグが大口を開けて小魚を待ち構えているようなおもしろい形の花が、細い花柄の先にちょこんと吊り下がっている。ツリフネソウは何を考えてこんな形になったのだろうと不思議な気持になる。

 名前の由来は、この細い柄にぶらさがっている花の姿を帆をかけた船に見立てたとも、活け花で使う釣船型の花器に見立てたものだともいわれている。花の名前には実に面白いものが多いが、このツリフネソウも、命名者の想像力の豊かさを感じさせられる。

 近づいてよく見ると、花弁は3枚で、上側に1枚、下側の2枚は左右に広がっている。下側のものは大きく、一部が管状になって距を形成し、渦巻き状となっている。距の中に密が入っていて、マルハナバチがこれを目当てに集まってくるという。

 ホウセンカと同じ仲間で、果実は熟すと勢いよくはじけ、種がばらまかれる仕掛けになっている。

 目立たぬ花ながら、緑濃い草むらに点々とばらまかれたような濃い赤紫の花は色鮮やかだ。花筒を覗くと、入口は黄色い敷居になっていて、その奥は白地に赤紫の斑点を散らした華やかなインテリアで飾られている。

 まれに白花が見られる。数年前の夏の終わりに、大菩薩の稜線から林道に降りてきて白花のツリフネソウに出会い、新鮮な思いでしばらく花に見とれていた。

 黄色い花もあるが、これはキツリフネと呼ばれる別種だ。こちらは距が巻かず、垂れている。花の時期もキツリフネの方がすこし早いようだ。

〔大菩薩〕 〔キツリフネ*大菩薩〕

 この花の楽しさに気づいたのは、十数年前の9月中旬の裏高尾の縦走路だった。このときは高校時代の仲間と家族連れで景信山から裏高尾を歩き、美女谷温泉に降りたが、景信山のすぐ先の草むらにツリフネソウがいっぱい咲いていた。私は写真を撮りたかったが、仲間がいるので我慢し、翌年の同じ時期に今度は一人で出掛けて、こころゆくまで写真を撮った。通り過ぎるハイカーたちが、道際の薮の中でいったい何を撮っているのだろうと不思議な顔をしていた。マクロレンズを通して花をじっくり見ることによって、ツリフネソウの美しさ、楽しさがよくわかった。

 以来、晩夏・初秋の低山や林道でこの花を見るのが楽しみのひとつになっている。去年も御前山と乾徳山でずいぶんたくさんのツリフネソウを楽しんだ。
(2002年9月11日)



トップページ 花の部屋