海面・内水面部会 活動報告

マグカツルアー&餌釣り実釣会 報告


 9月9日(日)勝山漁港-萬栄丸にてマグカツルアー&餌釣り実釣会を実施しました。

今回は前日から3名が実釣しました。しかし波、風共に良くない状況で潮をかなりかぶりながら頑張ったのですが釣果は伸びませんでした。 でも鳥山はかなりの量だったので翌日に期待をしたのですが・・・。 釣行当日の4時にメンバー全員が集合し、いざ期待の高鳴る相模湾へ出発です。 天候は前日と大きく変わり風も波もあまりない好天に恵まれ最高の釣り日和となりました。


  6時30分に釣行が開始され仕掛けを投入。しかし、あたりが全くありせん。  他港の船も50船以 上集まって来ましたが何処も釣れている様子がありません。  しかも前日あれほどいた鳥達がほとんど見つからない状態で相模湾を行ったり来たりの時間が続きました。  午前中何度が大きな群れが船の下を通過していくのですがあたりはポツポツ。  午後に入り船長の号令でキハダマグロの仕掛けに付け替えてポイント移動。  1投目が終了した時点で船長から「鰹が食いだしたので移動するので仕掛けを鰹に戻して」とのアナウンスが入り全速力でポイントを移動しました

    移動した先では鰹が通過した船の竿が次々としなって行きます。  我々も急いで仕掛けを投入すると一気に竿がしなって行き何とかお土産を取れる状態となりました。  最後に望月さんの24号ハリスを切って行ったキメジを最後に納竿となり結果はトップで鰹2匹。  しかしルアーの方達をはじめ数名の坊主を出してしまい残念な釣果となってしまいました。  自然が相手ですから全員が満足のいく釣行企画の難しさと己の修行不足を痛感させられた1日でした。  キハダマグロも鰹も今年はまだまだ爆発しておりませんので、後半に期待がかかりそうな相模湾でした。  参加された皆さんお疲れ様でした。  また来年も行うつもりでおりますのでみんなで盛り上がりましょう。


C.O.F.I  市川松戸支部 富岡大輔  

夏休み船釣り教室 報告

 
  8月14日(火)寒川漁港/小峯丸にて「夏休み船釣り教室」を実施しました。

  今回COFIより堀田副会長をはじめ小原事務局長、土井さん、富岡さん、白樫さん、千葉の6名と一般募集より11名の方々に御参加を頂き総員17名での釣行となりました。 

 夏休み中とありお子様との参加者が多く見られました。 この日は暑くなることが予想されており、始めにライフジャケットの確認と飲み物を配布し、熱中症等の注意喚起を呼びかけ出船となりました。


 移動中にアクアラインを通過すると大きな橋桁を見上げたり東京湾ならではの光景を楽しみつつ、約一時間程船を走らせ釣場へ到着となりました。
 子供達はドキドキした表情で船長の合図を待ちました。 合図と同時に天秤仕掛けを落とすと開始 早 々に良型のキスがバタバタと釣れ子供達は興奮気味に喜んでいました。
 始めは魚と仕掛けの扱いに戸惑いながらも徐々に慣れていき手返しが良くなっているのがわかりました。

    

 この日は潮回りが良く終始あたりがあり、良型のキスをはじめ、カレイ、イシモチ、アジ、ホウボウ、マダイ、イイダコ等、多種多彩な釣果となり皆さん東京湾の釣りを満喫出来たかと思います。
 今回初の夏休みイベントではありましたが大きなトラブルや天候の崩れもなく無事に帰港でき良かったと思います。
 暑い中お集まり頂きました皆様ありがとうございました。


C.O.F.I   千葉雅人

外房ジギング実釣会  報告

      7月15日 日曜日 飯岡漁港「幸丸」さんにて外房ジギング実釣会を実施しました。  当日は天候に恵まれ快晴無風と絶好の釣り日和でした。  今回COFIより千葉、竹重さん、富岡さんの3人と一般参加で6名のルアーマンの方にご参加を頂きました。  身支度を済ませ黒潮エリアを目指し約1時間半程走りました。  到着後はカツオの群れを探しながらルアーをセレクトします。  皆さんジグ50g前後またはトップウォータープラグをメインに使用。


 ナブラを見付けるとフルキャストしルアーを素早くジャーキングさせ魚を誘います。  早速バタバタと3〜4kgの本カツオが快調に釣れ始め船内は慌ただしい状況でした。  移動を繰り返し順調に数も伸びました。  この日はカツオの群れに5〜6kgのメジマグロや1m超えのシイラが混泳しておりヒットすると力強い引きにドラグ音が響きパワフルな魚とのやり取りを楽しむ事も出来ました。

    

    

 日が 昇ると気温も上昇してきましたが、各自水分補給をしながら足に流水することで熱中症の対策をしました。特にこの時期炎天下での釣りは注意が必要です。  お陰様で事故もなく真夏の熱い釣りを堪能する事が出来ました。  また千葉県では色々な魚種をルアーで狙う事が出来ますのでその楽しさを伝えて行ければと思います。  暑い中ご参加頂いた皆様ありがとうございました。


C.O.F.I   千葉雅人





イサキ釣り 報告

     7月3日(火)相浜港安田丸からイサキ釣りファン10名で釣行しました。
 前泊組7名は2日午後5時に民宿安田丸に集合。  伊勢海老、カマス、、ナメロウなど新鮮な海の幸を頂き、安田絵利子女将、近所から手伝いに来た島田幸枝さんを囲み、釣行談話に花が咲き懇親を深めました。
 釣行当日現地集合の3名、一般参加の2名合計12名の釣客を乗せ、4時45分安田智浩若船長の操船で河岸払いしました。  航程10分で布良瀬に到着しました。


  海上は快晴、波高2mでやや荒れ気味。  水深12m〜13mで船長の指示タナは8m、コマセカゴFL60号にアミコマセを詰め、全長3.5m3本バリの仕掛けに、バイオのイカタンを刺し先バリにオキアミを付けて投入しました。ラインのマーカーを見ながらし11mでコマセを振出し、8mでアタリを待つとすぐにキュンキュンとイサキ独自の強いアタリがありました。
 慣れてくると追い食いさせ、ダブル、トリプルのヒットの連続で小中型時には脂ののった丸々太った大型を追尾しました。  

    当日は潮通しも良く11時沖上がりまでヒットが続き、20cm〜35cmのイサキ一人20尾〜上限規定50尾、クーラー満タンで土産を確保しました。  帰港後、地元小学校課外授業の生徒の立寄りがあり、クーラーの中でピチピチ跳ねたイサキを見て歓声を上げていたのが印象的でした。
 当日のの参加者は、樫村、金内、堀田、金原、小原、川田、和田、望月(栄)、望月(貴)、勢籏(敬称略)でした。


C.O.F.I  勢籏健治

平成30年第32回鋸南町白ギス沖釣り大会 報告

     6月10日(日)、天気予報では台風の影響で大雨・強風との事で大会催行が危ぶまれましたが、当日は雨も未だ降っておらず、風も前夜に比べると弱まった感じで、各人受付を済まし、当日の乗船名:五郎七丸のカードに並び乗船を待ちました。  無事、全員乗船を済まし河岸払い、港の外に出て8時の開始花火を待っていると、定刻より数分遅れて花火の打ち上げ。  各船,浮島を目指すのは例年の光景ですが、今回は島回りに行く船は1~2船で後は各船勝山漁港からのミヨ筋に結集し釣り開始しました。


 潮は濁り、前日の風で底荒れしているようで活発な釣果は見込めそうに有りません。  大会前の配船会議で各船情報を集め、島回りからミヨ筋に大型キスは移動した情報を共有していたと思われます。  そうこうするうちに雨も降って来て、昨日よりも温度が下がり少し肌寒く感じます。  予想通り魚の喰いは余り良くなく、たまにキス、ベラ、本カワハギ、トラギス、が当たるだけで以前の白ギス釣りのイメージは全くありません。  それでも、朝の内はボツボツと白ギスが喰って来ましたが、その後はカワハギ、ベラがたまに来るものの白ギスからの当りは遠くなりました。  毎年、産卵前に鋸南町のほぼ全ての釣り船が繰り出して大会をしているので資源が少なくなった事は否めません。  

    昔はボート釣りでも白ギス、メゴチを合わせて一束以上が当たり前だった頃を思い出すと、今後の大会の在り方も白ギス、小鯵を交互に行う等、何か方策を考えないと今後資源の枯渇等の重大な結果をもたらすかも知れません。  一回、浮島周りも攻めましたが良型白ギスは当たりませんでした。いつも攻めているミサゴ島南側の駆け上がりも攻める船は居ませんでした。  アタリの無いまま、午後1時の沖上がりの時間を迎え、帰港するとどの船もあまり芳しい釣果はなかったようです。  雨の中、おにぎりとみそ汁を公民館の中で頂き、2時から表彰式か公民館の中で始まり、当会の入賞者は次の通りです。  

ジュニアの部  小原大誠君  3位  
レディースの部  望月貴美さん 19位  
一般の部  土井広美さん 5位   堀田実さん 16位   金原義雄さん 25位

おめでとうございました。  以上、報告させて頂きます。

C.O.F.I  和田日出男

外房支部 ハナダイ実釣教室 報告

  6月3日(日曜日)外房支部主催の「飯岡こませハナダイ実釣教室」を報告させていただきます。
 例年ですと飯岡・銚子方面では、この時期にあじが北上してきますので、「あじの追っかけ釣り+こませハナダイ釣りの2本立て」で楽しめるので、この形で計画を立案したのですが、残念なからあじがまだ北上しておらず、こませハナダイ釣りのみでの開催となりました。
 

 当日は飯岡において通年で「こませハナダイ釣り」を行っている大幸丸さんに早朝の4時にCOFI会員(勢畑・千葉・池田)と一般参加8名の総員11名が集合しました。 

 今回はこませハナダイ釣りの初心者が多かったため、乗船前に船長より、安全及び釣り方のレクチャーの後、無風・快晴・べた凪という最高の釣り日和のもと4時半に露払いとなりました。

 約1時間後に釣り場に到着して、釣り開始となりました。こませハナダイ釣りの初心者は、こませのつめ方・棚の取り方・しゃくり等に戸惑いがありましたが、徐々に扱いになれてきて、船長の指定する棚23〜15mに仕掛けをおとし、しゃくることができるようになりまた。

 参加者ほぼ全員が30センチ前後の大型ハナダイを釣り上げ、ハナダイ特有の強烈な引きを堪能することができました。

  後半は手の平サイズの小物が多くなるとともに潮の流れが止まってしまい食い渋りました。

 参加者全員が、ハナダイ釣りを通して外房の初夏を満喫し、11時に沖上がりとなりました。

 下船後、池田会員からハナダイのレシピ及び保存方法について説明があり解散となりました。

 今後も多くの方が安全に楽しめる釣りを企画し、釣り人口を増やしていきたいと考えます。

C.O.F.I 外房支部 池田

初心者釣り教室 報告

 平成30年5月13日(日)行われた(市川松戸支部・内房支部主催)初心者釣り教室金谷港釣り船光進丸さんの五目仕立て船を報告させて頂きます。
 初心者釣り教室と言う事で乗船中、体調不良等あれば港に戻り万全を期すの考えの基、一般参加者を募り計画の実行となりました。
 当日は天候にも恵まれ南風吹く中、内房では滅多にお目にかかれない波高の中、総勢19人(一般参加者10名(内お子様2名)インスト9名)の参加を頂きました。  

 早朝5時30に船宿さんに集合し、氷や貸し竿を用意して頂き、乗船場所に集合。6時の出船前に光進丸船長から釣り方のレクチャーを参加者全員熱心に聞きました。
 いよいよ出船、金谷港は独特の出船方法で6時前に港の外に出て6時丁度に各船が一斉にフルスロットルでポイントに向かいます。
 タナは20〜30m又40〜50mで根に居着いた鯵を狙います。  ここ2〜3年内房では良型のサバには巡り会えませんでしたが、当日は希に3見る良型のサバの猛攻有りの本命鯵釣りを楽しみました。

 又、釣行中ダウン者も3名ほど出ましたが丘に戻る事無く少々の早上がりで今回の教室を終了する事が出来ました。
 ご協力、ご支援頂いた皆様に御礼いたします。
 今回の反省点としては初心者の釣り座をセンターに集め船酔いなどに気を配りつつインスト会員などの指導が出来れば良いと思いました。
 集合場所集合時間等決めその場所にて開会宣言をし、その場所でレンタル品を名前を確認し手渡し各自船に移動し、初心者から着座が出来ればと考えます。
C.O.F.I 広報担当 伊藤和子

前山の池親子ヘラブナ釣り教室 報告

 4月29日(日)に釣り餌「一景」主催の前山の池(埼玉県狭山市)で開催された親子ヘラブナ釣り教室にCOFIが協力して参加しました。 COFIの参加者は椎橋さん、虫鹿の2名でした。

 当日は、晴天で参加した子供たちは暑いと言いながら釣りを始めしました。 

 熱中症にかからないように日陰に入ったり、水分補給を欠かさないように注意をしながら釣りをしました。

 8時の開始早々私の担当した男の子がヘラを掛けて幸先の良いスタートになりました。

10時頃から風が吹くようになってきて子供たちも元気になり魚も次々と釣れ始めました。 

 参加者が皆さん魚を釣り上げて12時からバーベキューの昼食でした。一杯食べて2時から再開しましたがほとんどの人が4時頃まで釣りを続行していました。  

 喜んでお礼を言って帰られる皆さんをお送りしました。何事もなく無事に終了できました。

C.O.F.I  虫鹿敏克 

イサキ釣り教室 報告

   イサキ釣り教室 平成30年4月13日(金) 太東港(いすみ市)4月13日太東(勘栄丸)でイサキ釣り教室を開催しました。 当日の参加はCOFIから土井広美、土井勢子2名と釣り仲間5名の合計4名。 当船のイサキ釣りの付けエサは乾燥させたヒラメの皮です。

 午前4時半に出港しましたが船長がアナウンスで「今日は水温が低く14度しかないよ〜誘わなくちゃー駄目だよ〜」・・・ 案の定イサキのご機嫌悪く厳しい状況が続き、移動を繰り返しました。 釣果はイサキ1〜12尾、外道にメバル、ウマヅラハギ多数が釣れました。
 中乗りさんも釣りに参加し、イサキ32尾と大メバル、マダイなどをゲット、誘い方・身のこなし方が参考になりました。 帰港後、中乗りさんから釣った魚を私たちにプレゼントして頂き大感謝。 勘栄丸の昼食は五目飯、タケノコ煮つけ、ヤリイカ、サラダなどで満腹・大満足でした。

C.O.F.I  土井(広)

へらぶな釣り教室 報告

  2018年3月31日(土)に一景主催の親子ヘラブラ釣り教室にCOFIが協力という形で参加しました。一景は九州にある水産加工メーカで、新たにヘラブラ餌メーカとして進出を図り知名度アップのため積極的に関東で釣り教室を開催しています。COFIからの参加者は、虫鹿さん、椎橋さん、治田さん、富士の4名です。

   当日は晴れて暖かく、また風も穏やかで絶好の釣り日和でした。6時30分に集合して一景が準備した竿のセットのお手伝いをしたあと7時30分受付の参加者を待ちました。一景アドバイザーによる全体説明の後に、それぞれ担当の親子と釣り座に向かいました。

  釣り座は先週と同じ北側桟橋の手前にはいりました。釣り方はメーター両だんごです。先週までとは違い明らかに活性が高かく、アドバイザーの教えたとおりに釣った人は、子供でも数枚をあげていました。昼休憩までには全員が型を見ることができ、皆さんニコニコ顔です。教室は、昼までに終わったのですが、ほとんどの親子が楽しくて続けて釣りをしていました。インストラクターとしてとても楽しい1日を過ごせませた。

C.O.F.I 富士

へらぶな釣り教室 報告

 2018年3月24日(土)にヘラブナ釣り教室を柏市の清遊湖で開催しました。 参加者は、会員の虫鹿さん、椎橋さん、渡辺さん、富士の4名と椎橋さんの釣り仲間の長嶋さんの計5名で、全員が経験者でしたが、ベテランの虫鹿さん、椎橋さんからより釣れるよういろいろ教えて頂きました。また、今回は次週行う一景主催の子供釣り教室の試釣を兼ねております。 当日は晴れて暖かく、数日前の寒さがうそのように絶好の釣り日和で、ヘラブナも高活性が期待されました。

 釣座は一景主催の子供釣り教室の場所と同じ北側桟橋の手前に入りました。釣り始めると手前3つ目までの釣り座はとても浅く、また水中に障害物がありとても釣りづらい状態でした。
 釣り始めは、試釣を兼ねた宙釣りの両だんごでは、なかなか型を見ることができず、まずは底釣りで型をみることとしました。

 底釣りに変更後、虫鹿さんが底釣りで数枚を連続で上げて型を見ることができました。その後、うどんセットの自分も何とか型を見ることができました。
 水の中は寒さの影響が残っているようで、高活性とはいかず、大変厳しい釣りとなりましたが、全員が型をみることができ、楽しい釣り会となりました。
 これからさらに暖かくなるとの予報なので、次週の釣り教室では子供たちの喜ぶ姿が期待できそうです。

C.O.F.I 富士

昨年の動状況