突撃砲 HEZER 初期型

世界に誇る信頼の兵器を産出するチェコが生んだ傑作戦車のHEZERくんであります.
ベースにしたリベットボリボリの38(t)戦車の面影は微塵もなく、究極の突撃砲!って感じが
とっても素敵なココロであります。結構小型なので、チョウの様に舞い、ハチの様に刺すっ!って
感じを受けますが,実車は非力なエンジンと変速機にトラブルが起きやすかったらしく、本来の性能を
発揮できなかったようであります.また、最高スピードも40Km程しか出なかったので、チョウの様に...
ってほど、チョコマカ戦場を走り回れなかったようです.

キットは世界の?ドラゴン製であります。このHEZERは昔から気に入っていた車両のひとつなので
今回気合入れて作りこもうと、大枚はたいて資料を買い込みましたが,内容が今一でキットの方にも
特に不満な点もなかったので、ほとんど素組み状態となってしまいましたぁ〜.(汗)
  ちなみに今回は手すりの類を真鍮線に置き換えたくらいであります。

作例の塗装はどうやらポーランドの軍隊の塗装のようであります.が、一体どういう軍隊かは不明であります.
実は、この事には塗装してから気が付いたのであります。(汗)
と言うのは「あれっ?ドイツ軍のマークは何処に?」と、よくよく塗装説明書をみたところ、
塗装説明書には”Porland Home Army”と書いてあったのでした。直訳すると”ぽーらんど家軍?”と
言うことになるのであります。(汗) でも、"猫軍"というのも世の中にはあるようなので、"家軍"と
言うのもあるのかもしれません。とにかく謎であります。

このおかげで、こいつの分類をドイツとポーランドとチェコのどれにしようかと一瞬迷いましたが、
結局生産国のチェコにしちまいました。

う〜ん。ニワトリ将軍も誇らしげであります。

うしろ姿も素敵.弾という弾を全て弾き返しそう...

でも実際は前面以外の装甲が薄いのでやられちゃった?(汗)

ご先祖の38(t)様とツーショット。なんと洗練されたスマートなデザイン。ステキッ!

VWとツーショット。う〜ん、コンパクトでかっちょぇぇ〜!

新工場長のプリンさまの最終チェック。

プリン工場長:「んん〜?、ちょっと、この砲身の角度がねぇ〜...」
へなちょこ作者:「ひぃぃ〜、やめてくれぇぇ〜!(絶叫っ!)」


なお、登場人物の名前はプライバシー保護のため、すべて仮名を使っております。

前のページへ戻る
トップページへ戻る

GeoCities Japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / E-List / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン