Ltvz35


チェコがドイツの再軍備に対抗するため開発したLtvz35です。
でも結局はドイツと戦火を交えることなくチェコがドイツに併合され、
この戦車もドイツの戦車不足を補充するのに役立っちまったと言う、
へなちょこな経緯を持つ戦車です。

キットはチェコのCMK製です。田宮も輸入しているだけあって部品の
合いとかはめ合わせはなかなかグッドです。
ただキットのキャタピラはそのまま組んでしまうと、ピッチピチに張った
状態になってしまい、実車とは感じが大分異なってしまいますので(<珍し
く考証?している!)、今回は力技でダボダボのナミナミにして見ました。
その結果ちょっと問題が… でも、うまくごまかしてOK。

本当はカステンのキャタピラつければ決まりっ!なんですけどね、
手に入らなかったもんで...

<<< 猛烈に感動するソ連へなちょこ軍曹 >>>

ソ連へなちょこ軍曹:

「おおおおおおっ〜〜!これだよっ!これっ!」

「私が前から要求しているのは、この手すりなんだぁ〜!
この手すりさえあれば、どんなでこぼこ道でも、急旋回されようと
われわれ戦車搭乗歩兵が振り落とされることはないのだっ!(軍曹感激っ!)
くそぉ〜それにしてもドイツめっ!いいもん使ってやがんなぁ〜(羨望)」

ドイツへなちょこ捕虜:
「もしもし、それは手すりではありませ〜ん。無線機用のアンテナ
で〜す。(汗)」

ソ連へなちょこ軍曹:
「なにアンテナ?そんな物、我々戦車搭乗歩兵には無用だっ!」

「我々にはひたすら突撃あるのみっ!」

「おいっ、このドイツ野郎をとっととシベリアへ送っちまえっ」

ドイツへなちょこ捕虜:
「けっ、このスラブの野蛮人めっ!」

<<<へなちょこ軍曹 デートする>>>

ソ連へなちょこ軍曹:
「なぁ〜、同志ナターシャ。この手すりいいだろぉ〜、
この絶妙な高さといい、幅といい最高だろう?」

同志ナターシャ:
「そうねぇ、洗濯物なんかも干せるわねぇ〜。」

ソ連へなちょこ軍曹:
「そうだろ、これ俺が捕獲したんだよ。ちょっと犠牲は多かったけどね。
なぁに兵隊はまた補充してもらえば良いしさっ。どうせ沢山いるし。」
「ねっ、同志ナターシャちょっとそこの小屋で休憩していかない?いいだろ?」

と言いつつ、やや強引に同志ナターシャを小屋へ引きずり込んでいく軍曹であった…

ソ連戦車兵:
「あ〜あ、また出たよ、軍曹の悪い癖。
いっつも俺はデートする時の運転手だもんなぁ。
配属変えてほしいよ。まったく...

「あっ、卵見っけ。ラッキィ。」


今回のディティールアップは、配線追加とヘッドライトのレンズはめ込みっす。

お約束のフォルクスワーゲン4WDと大きさ比べです。
ちょっと大型の乗用車並み?

我が家のマロン(オカメインコ)も登場!
ちなみに、この後部品をもぎ取られましたぁ(泣)


なお、登場人物の名前はプライバシー保護のため、すべて仮名を使っております。

前のページへ戻る
トップページへ戻る

GeoCities Japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / E-List / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン