きょんポチのふぃぎゅあ〜こうざ その2


さてさて・・・・余計な油や汚れを取り除いた所で

サーフェイサーを噴きましょ〜ぉ!!

今回は、『ソフト99』を使って見ました。

一度全体に、サ吹きをし、乾燥後良く見てみると

細かい傷や気泡が浮かび上がるので

その部分だけ、紙ヤスリ(400番)で、削り落とした後

溶きパテを筆を使って、塗っていき

(写真は、傷や段差が有った所のサフを取り除いた所です。)

紙ヤスリを400番から1000番までを順番に掛け

再度、サーフェイサーを吹き乾燥させます。

この工程は、出来るだけ回数を重ねないで済ましましょ〜!!

なぜなら、あまりサフを吹きすぎると、細かいモールドが埋まってしまいます・・・。(T_T)

もし埋まってしまったら、先の細い物(ケガキ棒や爪楊枝やデザイン・ナイフの先)で

他の部分を傷つけない様に、穿り出します

最後に、ベース・ホワイトで全体を白くして下地は終了です。

自分は、マスキングが下手なので全体を塗ってしまいますが

ダーク系(髪や服)の所は、サフのままでもOKですよ。


え〜と、ここまで来たら後は塗るだけです。

使用する塗料は、肌色・服をラッカー系で

目や靴や服のガラをエナメル系で塗ります。

特に決まり事は無いですから、それぞれの好で

箱絵や完成写真を見本に塗って見ましょ〜♪

よく、「目を描くのがね〜」と言う人がいますが

始めから上手には出来ないのもですよ・・・練習・練習!!

ちなみに、自分は白目の所をラッカーで塗った後

鉛筆でアタリを出してからエナメルで描くようにしてます。

瞳は「ブラック」と「エメラルドグリーン」と「グリーン」

で塗って見ました。

さて・・・・目さえ出来てしまえば、ほぼ完成ですね♪

服を塗る際には、材質によって光かたも違うでしょうから

フラット・べースを使いながら、塗り分けていきます。

肌色は「キャラクターフレッシュ」に「ホワイト」を適量(!?)

髪は「イエロー」に「ホワイト」を、これまた適量(!?)

服の白い所は「ホワイト・半ツヤ」にフラットベースを少々

紺の部分は「ネイビーブルー」にフラットベース混ぜて

白い部分よりもツヤを消して生地の違いが出れば・・・・

と、思い塗り分けてみました。

 

最後に各パーツを瞬間接着剤で接着して出来あがりでぇ〜す♪

今回の接着には、エポキシ系の瞬着を使って見ました。

これは、A剤とB剤を混ぜるヤツなんだけど・・・やっぱり、付きがいいや♪

そして・・・・完成!!

                   

あ〜・・・ドライフラワーで花飾り作って見たけど・・・・大き過ぎた。(汗)

取り急ぎアップしたものの

気が付けばもう、9月なんだな〜。

も少し涼しくなれば・・・・何か作る気にもなるんだろうか?

ではでは、したっけ〜っ!!


戻る