Mr.TOYAの板さんのお仕事 〜製作日記〜

やっとの思いで完成にこぎ着けた ロータス ヨーロッパ S2

(製作記事はこの下を読んでね!)

 

( 製 作 日 記 )

ロータス ヨーロッパ S2の完成見本を製作中のTOYAです。

今週は毎日、会社から定時に帰っている。
「お疲れ!」っと言ってくれる上司の顔もなんだか恐い、そろそろヤバイ!

なぜかと言うと急に完成展示品を仕上げる事になったからだ。

だいたい、急にイベントって言われてもそう簡単に作れないよ。
もともと、手が遅くて有名なのに!

もともと、12月の展示会までに作れば良いと思っていたのに、
来週(11/20)迄に5日しか無いじゃん。

っという訳で今週はかなり無理して作業を進めている。

ライト部のくぼみを研ぎ出しするのが、面倒だったので
モーターツールに綿棒をくわえて砥いでみた。

おぉ〜! 早いぞ!今度からコレだ!

っと思っていたら、摩擦熱で綿棒が塗装面に溶着!!(ピ〜ンチ!!)
下地までえぐれてしまった。
とりあえず、ボディーカラーでタッチアップして、クリアをたっぷり塗って、乾燥待ち。
きちんと直ってくれると良いのだが...(就寝)


翌日、乾燥した塗装面に2000番のペーパーをあてて、砥いでみた。

らっきぃ〜! ほとんどわかんないじゃん!

今度は面倒がらずに手で砥ぎだしてやる。

ばっちりだ。

あとはボディー全体にワックスを塗ってやれば、研ぎ出し完了だ。 あれっ。

おぉ〜! ボディー側面に指紋が!!

3週間位、乾かしたのに、クリア層が完全乾燥していなかったのか!
ってことは他の所にも?

案の定だった...××

泣く泣く砥ぎ直し...

今度は指紋が付かない様に、あんまり力を入れないで持つ様にした。

おっけ〜!研ぎ出し終了!!なんとか間に合いそうだ!

窓枠のモールはグレーの塗装とメタルックで表現してやる。
さっそく、マスキングしてアクリル系の艶消しグレー(ほとんど黒)を吹く。
(フラットブラック指定の所って少しホワイトを入れてやると模型全体がなじむ感じに仕上がるよ)
乾燥後、マスキングをはがしてやれば...

ぐぇ〜! マスキングテープの跡が塗装面に!!せっかく砥ぎ出した塗装面がメタメタ!

こらえ様の無い怒りに打ち震えながら、こんどはモールをマスキングして、再再度研ぎ出し。
かみさんから「あんまり、進まないね」と、さらっと言われてしまう。

お・ち・こ・む・・・・(涙の就寝)

翌日、気を取り直してモールに0.8mm幅に切り出したメタルックを張り込んでやる。
昨日、塗ったグレーの部分の真ん中に来る様に貼ってやるのだが、
なかなか、上手く貼れない。
何度かはがして、位置を変えて貼ってみる。

ぷちっ。...メタルックが切れた。

再度、メタルックを切り出して貼る。(結局、何回も貼り直すはめになった)

びゅ〜ち ふぉ〜! いいよ!苦労した甲斐があったってものだ。
モール全面にメタルックを貼るより、ゴムの部分が再現できてて精密感がUP!
こんどからメッキモールの表現は、この方法だね。

次にウインドーパーツを接着してやる。

きず...? キズ?傷? クリアーパーツに傷が〜!

でも、自分の保管方法が悪かったので、あきらめて研ぎ出す。
パーツは釣り用のおもりケースなんかにティッシュを敷いて保管しましょう。(おまえの事だって?)

きら〜ん! きれい!

ほっと胸を撫でおろし、接着!接着!

クリアパーツの接着には2分硬化のエポキシ系接着剤がお奨め!
始めにパーツ同士をマスキングテープで位置決めしておいて、
隙間に接着剤を塗ってやる。
パーツがずれないようにそぉっと待つこと2分。

無事にウィンドウパーツが接着完了!!

もう、時間が残ってないが、ここまで出来ればなんとかなりそう。
...あれ? 手になんか付いてる?

きっらぁ〜ん! ....0.8mm幅のメタルックだった。

やばっ! 慌ててモールを見てみると、時すでに遅し! 苦労して貼ったのに...

モールは最後に貼ってやることにしましょう。
ってんで小物部品を仕上げていく。
ドアのプッシュボタンに何か良い流用パーツは無いかしらん。
ジャンクパーツの山を探していると、エラン用のメッキパーツ発見!
取付ピンの所だけ欲しいので、デザインナイフで慎重に切取る。
こういった無くし易い部品は慎重に机の上にならべておく。
たまに手にくっついてて無くしちゃうことがあるからね。

ゴト!....ゴトって何....仮置き中のボディーがこけてる。

慌てて手に取ってダメージを確認!こと無きを得る。.....ホッと一息

作業を続けることにする。

あれ!....無い!

メッキパーツを置いてあった所にパーツが無い。
さっきのドタバタでどっかに吹き飛ばしてしまったらしい。

あ〜ぁ。 結局、 無くなるんだね。 こういうパーツって。

「策士、策におぼれる」...意味不明な納得をし、
仕方が無いので、買い置きしてあった新品のエランからパーツをゲットする。
今度こそ、なくさないように作業を進める。

気が付けばPM12:00を過ぎており、今日はイベント当日だ!

接着剤がはみ出さない様に小物部品を取り付けて ふぃにっしゅ!!

何とか間に合ったようである。 ふぅ。

AM2:00をまわっていたが、お決まりの完成祝いのビールは外せない。...(泥酔&就寝)

[あとがき]
こんな風にして出来上がったロータス ヨーロッパS2の完成品見本ですが、
無事、11/20,21の日立市でのH.C.M.C.展示会でゲスト展示して戴きました。
H.C.M.C.の斎藤さん、当日、搬入が遅れてすいませんでした。
この完成見本は12月の小山模型クラブの展示会、1月のスーパーフェスティバルにも
展示しますので、是非、ご覧になってみて下さい。

結構、皆さんと同じ様な事しながら作ってるでしょ。

....親方より....
....次はスカイラインの完成品見本、12/18迄によろしく!.....

って オニ!!