25ポンド自走砲 ビショップ

久々のえげれすの戦車自走砲ビショップであります.
一見KV−II!?と見えないことも無いのですが、ベースとなったバレンタインが小型なだけに
やっぱ小さめであります.大きさ的には皇軍の一式砲戦車と、どっこいどっこいであります.
ちなみに、砲塔が回りそうで回らないところは一式砲戦車と同じであります.
しかし、さすが堅牢性で定評のあるえげれす戦車だけあって、車体は頑丈のようであります.

キットはロシアのVM製であります。細かな部品が結構あり、部品数は多いであります.
モールドも結構シャープでサクサク製作は進みます.が、結構合いの悪いところがあるので
仮組は欠かせません.最後のとどめはキャタピラで、お気楽極楽のカステンのキャタピラに
すっかり慣れてしまったへなちょこ作者はちぃとばっか難儀しましたです.
しかしながら、全体的に作って楽しいキットでありました.(<ただ、あのキャタピラがねぇ...)

えげれす版ぬりかべ登場! 小さい車体にでかい砲塔。25ポンド砲を載せても大丈夫なのは、
頑丈な車体のおかげ?

こいつが活躍したのは主にアフリカ戦線らしいのですが、さぞかし中は蒸し風呂だったでしょうね.

にわとり将軍:「なぬっ!砲塔は回らんだとぉ?即修理しろっ!』(<修理できないって…)

元祖ぬりかべ?ソ連のKV−IIとツーショット。やっぱ、KV−IIにはかないません.

今回のささやかなディティールアップ:その1は、手すりの真鍮線への置き換え。

ディティールアップ:その2はマフラー排気口の穴あけ。マフラーカバーも車体後部へ
延長しました.

ディティールアップ:その3は前照燈を折り曲げた状態にしたこと、フェンダー上の
補助燈、バックミラーの作り変え(<ただし、適当。)などであります.

砲塔部分が結構隙間だらけになるので、結構手直しが必要であります.

今回は結構濃い目の汚しをしすぎて薄汚くなってしまいましたぁぁぁ〜(汗)


なお、登場人物の名前はプライバシー保護のため、すべて仮名を使っております。

前のページへ戻る
トップページへ戻る

GeoCities Japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / E-List / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン