古宇田 實 略歴


古宇田 實{実}(こうだ・みのる)

【武田五一との関係】
武田五一が帝大建築学科助教授時代の教え子の一人。付き合いは深かったようだ。神戸に来たのは、武田が呼んだのか? ともかく、武田が急逝した後の「法隆寺国宝保存工事事務所所長」を引き受けている。


明治12 1879 1月 13日 東京に生まれる
明治35 1902     東京帝国大学工科大学建築学科卒業
明治38 1905     東京美術学校教授
大正8 1919     インド、英、仏、伊、アメリカへ留学
大正11 1922     帰国
昭和4 1929     神戸高等学校校長および教授
昭和10 1935     満州、中華民国に出張
昭和12 1937     法隆寺国宝保存工事事務所所長。国宝保存会委員
昭和20 1945     神戸市復興委員嘱託
昭和22 1947     神戸工業専門学校名誉教授、神戸大学名誉教授
昭和25 1950     杉野学園女子短期大学学長
昭和40 1965 2月 16日 86才、逝去


主な建築作品
●神戸商工会議所(1922)
●男山八幡エジソン記念碑
●明石子午線標準塔


著作
○『建築と関係深き庭園』(建築学会パンフレット3-13)(1933)


参考文献
○土崎紀子・沢良子編『建築人物像 追悼編/資料編(住まいの図書館出版局・住まい学 大系065)』(1995.4)
○森井健介「古宇田さんを偲ぶ」『建築雑誌』(1965.5)
○高杉造酒太郎『建築人国雑記』日刊建設工業新聞社(1973)
○足立裕司「所謂日本趣味の一系譜に関する考察、古宇田実と旧神戸商工会議所」『学会大会梗概集・F』(1989)




「GOICHI2001」は、HAZELによって制作されています。このホームページの無断複製・転写・転載は禁じます。このコーナーについての投稿ご意見ご質問は ここ
1998.HAZEL