大倉三郎 略歴


大倉 三郎(おおくら・さぶろう)

●京都帝国大学で営繕事務、講師などを勤めた後、大阪工業大学、京都工芸繊維大学などの教授。若かりし頃、宗建築事務所にも在籍した。

【武田五一との関係】
京都帝国大学工学部建築学科の一期卒業生。卒業後、宗建築事務所に入所するが、後に武田のもとで営繕事務を勤める。武田の教え子の中でも、武田に近いところで、腕を振るった人物の一人。
 「武田五一博士門下の逸足であられた先生は、おそらく全人的な武田博士を手本に仰いでおられたのではないでしょうか。或いはまた先生をして武田博士の再来と申してもよいかもしれません(京都工芸繊維大学教授 藤本康雄・大倉先生追悼号『松ヶ崎建築会』から)」


明治33 1900 京都市に生まれる
大正6 1917   同志社中学校卒業
大正9 1920     第五高等学校卒業
大正12 1923   京都帝国大学工学部建築学科卒業(第一期生)
大正12 1923   宗建築事務所入所
昭和3 1928   京都帝国大学営繕事務嘱託
昭和6 1931   京都帝国大学営繕事務課長
昭和14 1939   京都帝国大学講師嘱託
昭和15 1940   台湾総督府技師営繕課長
昭和19 1944 台南工業専門学校講師嘱託、台北帝国大学講師嘱託
昭和20 1945 台湾省行政長官公署留用
昭和21 1946 国立台湾大学工学院教授
昭和23 1948 (引揚帰国)
昭和24 1949 大阪工業大学教授
昭和26 1951 京都工芸繊維大学教授
昭和35 1960 京都工芸繊維大学工芸学部長
昭和37 1962 京都工芸繊維大学学長
昭和41 1966 京都工芸繊維大学退官
昭和42 1967 西日本工業大学長
昭和52 1977 西日本工業大学退職
昭和58 1983 11月 26日 京都市にて逝去・83才

学位
● 工学博士「ゴットフリート・ゼムバーの建築論的研究」

役職
● 京都府建築審査会委員
● 京都府文化財専門委員
● 京都府建築士会会長

主な建築作品
● 生駒時計店(大阪・宗建築事務所時代、脇永一雄と)
● 熊本YMCA花陵会館
  ほか


著作
●「ゴットフリート・ゼムバーの建築論的研究」(昭和32年日本建築学会賞受賞)


参考文献
○「大倉先生追悼号」『松ケ崎建築会』21(1983.12.20)
など




「GOICHI2001」は、HAZELによって制作されています。このホームページの無断複製・転写・転載は禁じます。このコーナーについての投稿ご意見ご質問は ここ
2000.HAZEL