やばゲーム


このコーナーでは、俺が発見した、ちょっぴり負の力が働いてそうなゲーム達
を紹介していきます。こいつらはかなりCOOLだぜ!(やや嘘)


GUNDAM 0079 THE FOR EARTH
 (バンダイ)



過去のやばゲーム
98'YEAR甲子園
パネルクイズアタック25
マニアックプロレス〜明日への闘い〜その1
マニアックプロレス〜明日への闘い〜その2
激打
大相撲ファイター東海道場所

機動戦士ガンダム…本放送から20年過ぎた今尚も根強いファンを持つ超人気ロボットアニメである。恐らく皆さんもご存知ではないでしょうか?

俺も小学校の頃、このガンダムにのめり込み、プラモデル、シール、お菓子、人形消しゴムなどなど、関連商品を買いまくった。その魅力といえばモビルスーツと呼ばれるロボット、そして個性豊かなキャラクター達であろう。

で、そのキャラクター。主人公の「アムロ」のライバルである「シャア・アズナブル」という仮面を被ったクールなキャラクターが当時俺は大好きだった。

…今見ると変態以外の何者でもないんだけどね。


ちなみにこのシャアの存在が今回紹介するゲームを購入した大きなきっかけとなるのですが、とりあえず今回紹介する「GUNDAM THE FOR EARTH」との出会いから説明しましょう。

ある日、俺の弟がニヤニヤしながら帰宅してきた。そして部屋に入ってくるなり、プリングルス(マイルドソルト味)をバリバリ食ってた俺に早速その笑いのネタを語りはじめた。
「今日会社でよ、かなり爆笑もんのゲームをやらせてもらったぜ」
そう聞くとどんなゲームかどんなものか気になるのは当然だ。勿論弟もそれを狙ってそういう言い回しをしてきたのであろう。嫌が上にも期待は膨らむ。
「マジか?どんなゲームだよ?」

「ハリウッドで作られた実写版ガンダム」

「な…なにィ!?」

危うく口に入れてたプリングルスを噴射しそうになった。実写ガンダム!?ハリウッド!?なんでガンダムが実写でハリウッド!?
「でよ、それがかなりやべーんだよ。特に実写版シャア」
「え?どんな?」

「むっちり太っててあご割れてるんだよ」

その顔を想像した俺は爆笑した。み、見てェ!!実写化された憧れのシャア・アズナブルを!しかもむっちり太っててあごが割れているアメリカンが演じるシャア・アズナブルを!
「それはかなりやべぇ!それプレイステーションか?サターンか?」
「いや…マッキントッシュ」

…がっかりした。マッキントッシュは今でこそ持っているものの、昔はそんないいものは持っていなかった。さすがにそれのためにマッキントッシュを購入するほど俺もバカじゃない。結局実写版ハリウッドガンダムは俺の記憶からしばらく消える事となる。

しかし、神は俺を見放さなかった!その3ヶ月後、何を思ったのか、バンダイがプレイステーション用ソフトとしてその実写版ハリウッドガンダムを発売するというではないか!俺は震えた…そんなバカちんなゲームを移植するという大胆な行動をとってくれたバンダイに大いに感謝した。

とりあえずソッコーで購入。パッケージはリアルなCGで描かれたガンダムだ。かっちょええ!でも俺が求めていたシャアはパッケージや説明書には載っていなかった。弟が言うには、オープニングで登場するとの事。それまで楽しみは取っておこう。

家に帰り、早速プレイステーションスイッチオン!バンダイのロゴの後、ガンダムおなじみのナレーションが入り、オープニングがはじまった。そしてしばらく出来のいいCGのモビルスーツを眺めていると…ついに!ついにやつは現れた!

アズナブルさん登場!


        コレ→ 


酸素欠乏症になるほど笑い転げました。


俺の想像をはるかに超える凛々しいお顔。さすがハリウッドは俳優チョイスから違うぜ!ジャパニーズとは食ってるもんが違うよ、食ってるもんが。

もうこれだけでもこのゲームを買った甲斐はあるのだが、やはりゲームをしないことには始まらない。笑い過ぎでチアノーゼを起こしそうになってる弟を横目にゲームスタート。
ゲームはムービーがずーっと垂れ流しになっていて、所々でコントロール操作のサインが表示される。そのサイン通り、瞬時にコントロール操作しなければゲームオーバーとなってしまうという一種の反射神経ゲームであった。
しかも、このゲーム、アニメのガンダムと全くといっていいほどストーリーが別物です。

まずは主人公の男(アムロではない)が敵モビルスーツが暴れている街をバギーで爆走。偶然逃げ込んだ格納庫にはなんと!連邦軍モビルスーツ、ガンダムがあるではないか!
近くにあるテレビモニターでは、必死にブライト(と思われる白人)がロッディ少佐という人物に応答を取ろうとしている。ガンダムに乗り込む予定だった兵士の名前なのだろうがその兵士、近くで鉄骨の下敷きになって既に死んでます。

「あの、ロッディさんなら下敷きになって死んでますよ、ブライトさん」と心の中でツッコんでみる。

で、主人公は何を思ったのか、操縦もできないクセにガンダムに乗りこんでしまう。はじめはそれを止めようとするブライトだったが、3秒後には「もう誰でもいい。早くガンダムを動かして、敵モビルスーツを撃破してくれ!」と、もう既になげやり状態です。

そこから本格的にゲームスタート。まずはガンダムを動かすことだ。

「…で、どうやって動かすんだ?これ」
弟に聞いてみた。

「…わかんねー」

そうこうしている内に格納庫にザク(敵モビルスーツ)が入ってきてマシンガン乱射。哀れガンダムはハリウッド映画バリに大爆発!ゲームオーバー。

おいおい!弱えーよガンダム!

弟と俺、大爆笑!ゲームオーバー画面は、ガンダムの顔だけが無残に転がっているというかなりシュールな光景…イカス。
何回かゲームオーバーを繰り返しているうちにコックピット内にあるスイッチがたまに光るという事を発見。どうやら光ったスイッチの色と同色のボタンをタイミング良く押すようだ。
タイミング良くボタンを押していると、遂にガンダムが立ちあがった!やった!

「…で、次は?」
また弟に聞いてみた。

「…わかんねー」

またまたザクにマシンガンを乱射され、大爆発。ガンダム木っ端微塵。

ガンダムって動かすの難しかったんだね。今更になって16歳でこれを操縦してたアムロを尊敬する。
2×歳の俺もアムロに負けていられないぜ!必死にあれこれ試してみる。すると、立ちあがった後、更に×ボタンを押すと頭からバルカンが出る事が判明。やっとの思いでザクを1体撃破!バンザイ!
立ちあがったガンダムはそのまま格納庫外へ。
よっしゃ、まかせろ!無敵のモビルスーツ、ガンダム様が敵モビルスーツを一網打尽だぜ!
格納庫を出て右を向くガンダム。が、振り向いた瞬間、そこには別のザクが!

「ふ、振りかぶってる!」


次の瞬間、ヒートホークで頭をかち割られ、ガンダムまたもや大爆発

再び酸素欠乏症状態になる俺と弟。

かれーよハリウッド!


結局この場所の攻略法を見つける事はできず、ここから先は見れませんでした。うーん、残念。
これを見てやってみたいなと思った人、もしくはもう既に持ってる人。ここの攻略法を是非発見して下さい。
早くあご割れシャアと対決してみたいです。

あ、そうそう。噂に聞いたんですが、シャアの声はアニメの声と同じだそうです。
あんなむっちりしたシャアが例のかっこいい声でしゃべる姿は想像するだけでも爆笑もんです。あー早くみてーなー。

                    おしまい



トップ アイコン
トップへ戻る