やばゲーム


このコーナーでは、俺が発見した、ちょっぴり負の力が働いてそうなゲーム達
を紹介していきます。こいつらはかなりCOOLだぜ!(やや嘘)


STOLEN SONG
 
(ソニーコンピュータエンタテイメント)


過去のやばゲーム
98'YEAR甲子園
パネルクイズアタック25
マニアックプロレス〜明日への闘い〜その1
マニアックプロレス〜明日への闘い〜その2
激打
大相撲ファイター東海道場所
GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH
STOLEN SONG〜その1
STOLEN SONG〜その2

布袋のコンサートにお誘いを受けた主人公。コンサート会場までは自称外人のニーナと車で行く事になる。
車内では「その2」でお話した「布袋との出会い」を語ってくれます。

ごそごそ服着替えながら。

いくらセクシーだからってわざわざ車内で着替えなくてもいいんじゃないかと小生は思います。

まぁ、そんなこんなでコンサート会場へ到着。そして主人行はなんと!布袋のコンサートを客席からではなく、ステージ袖から見せてもらえるという素晴らしいVIP待遇をゲット!さらにステージに向かうメンバーから色々フレンドリーに声をかけてもらう主人公。もういたでり尽くせりって感じです。

そしてコンサートは始まります。布袋のアグレッシブな曲に熱狂するファン達。しかし、「キャプテンロック」という曲を演奏中、ステージ上で突然謎の大爆発!混乱するメンバーと観客。その混乱の中、ステージに

ストッキングを頭に被った男達が乱入

たまたまステージ袖にいた主人公は、そのストッキング男にワンパンを食らい、ノックアウトされてしまいます。

主人公が気がつくと、布袋がストッキング男達にさらわれたという事実をメンバーから聞かされる事になります。
…あの布袋さんを軽々とさらってしまうなんて、恐るべし!ストッキング軍団。

現実だったら布袋さんにギターで
頭をかち割(以下自粛)


まぁ、メンバー達の話し合いの結果、爆発したものはアンプで、そのアンプをコンサート前日に修理に出した店が怪しいという結論に達したようだ。早速調査開始!
主人公はその店に面が割れていないという事で、盗聴機設置要員に任命される。
自分のギターの中に盗聴機を仕掛け、それを修理品と偽って店員に渡すという役目だ。
なんだか早速やばい扱いされててちょっと気の毒になる。

学生でいうところの「おい、お前売店でやきそばパン買ってこい」ってのとほぼ同じですね。

気休めか知らないが、ニーナが「アタシのバイクに乗せてあげるからさ。」と言ってくれますが、そんなのどうでもいいんです。にせ外人。

店に行くと外人が一人カウンターに座っている。そして一言

「ヘイッテンデス(注:閉店です)」

ジーノを上回るあやしい日本語をしゃべるこの男こそ、このゲームのラスボス的存在の男。名前は…えーっとなんだったっけな?ま、いいや。

その男、はじめのうちはもう閉店だから修理はできないというのだが、そのうち、「彼よりうまくギターを弾けたら今すぐ預かってあげますよ」と言い、店の奥からプロトという男を連れてくる。プロトタイプ(試作品)っぽくてステキな名前だ。

そのプロトとギターバトル。用はプロトが弾くギターとまったく同じく弾ければOKなのだが、なかなか難しく、何度も負けてしまう。負けると例の外人が

「イツデモきてください。オオキニ

と相変わらずのあやしい日本語を駆使してバカにしてくれますし、ニーナは

「アンタなんかに頼むんじゃなかったわ。最低ね」

と罵ってくれますので、嫌が上にも再挑戦したくなります。マジこいつらだけには言われたくないセリフだね。

何度か挑戦しているうちにやっと勝利。すると例の外人は「ウマイデスねぇー…彼ヨリよっぽどウマイ」と言い、修理を承諾してくれます。
余談ですが、上記のセリフは字幕で表示されているもので、実際の声では

「ウマイデスネェ…このバカヤロウヨリよっぽどウマイ」

と余計なアドリブを効かせてくれています。色々楽しませてくれる外人です。

ともあれ、これで準備OK。早速布袋のスタジオへ帰り、盗聴開始。
すると、例の外人と布袋が喋っている声が聞こえてくるではないか!布袋の声が聞こえると、メンバーがわざとらしい声で一斉に「布袋だ!」と言うシーンは必見です。
で、その内容は以下の通り。

外人:「アナタの新曲は私達がいただきマスよ。明日開くライブには色んなレコード会社のプロデューサーが来る。そこでプロトがアナタの曲を演奏します」

布袋:「あいつに弾けるのか?俺の曲を」

外人:「プロトははやい。そしてカワイイ。女の子にもモテる(←アドリブ)」それで十分です。

布袋:「あいつはスピリットのかけらもねーやつだ。」

外人:その通りデス」(←あっさり認める)だからあなたがいるのです。あなたのキャラクターについて教えてもらえますね?

布袋:へへ。ふざけんじゃねーよ。

外人:言うことをきかないと、ギターを弾けなくなりますヨ。

布袋:曲を盗まれようが、ギターを折られようが、俺の魂は俺のものだぜ。(←かっけーなぁ!)

外人:ふふ…最後に笑うのは私デスよ。

盗聴を終えて、メンバー(モヒカン頭)が一言。

「…だれだ?このおっさん。」

ひどい言われようです。

明日には布袋の新曲が発表されてしまう。それをなんとしても阻止しなければならない。
そこでメンバーは主人公に新曲「STOLEN SONG」を練習させ、明日開かれるステージに飛び入りで参加させるいう作戦を取る事にした。
しかし、敵のステージにやすやすと飛び入りできるとは思えない。そこでニーナが提案。

「私がプロトを色仕掛けして足止めしておくから、その間にあなたがステージに立って演奏するのよ。」

む、無茶言うな!てめ、にせ外人。少なくとも俺だったらあんたの色仕掛けには引っかからんぞ!歳考えろ!歳!

しかし、俺の心配とは裏腹にプロト、あっさりニーナの色仕掛けに落ちる。
一体、どんな手を使ったんだ?ニーナ、恐るべし…。

                 つづく (すみません、次で終わりっす)


トップ アイコン
トップへ戻る