ここは、私が今までVC++5.0 & DirectX5.0SDK で作ってきたゲーム作りのためのプログラミングガイドを置いています。
これを読めば、DirectXでどんどんゲームが作れるようになる・・・かもしれません。
実は自分が一番忘れそうなので自分用にメモを残しただけじゃ・・とか言ってはいけません。;^^)

Index
骨組みとなるwindowsプログラム
DirectX部分とは関係のない、windowsアプリケーションとしての骨組みとなる部分です。(00/10/10修正)

DirectDraw
DirectXの基幹といってもよいDirectDrawによるスプライト処理について。(00/8/9)

DirectSound(工事中)
DirectSoundによる効果音の演奏について。

DirectInput
DirectInputによるジョイスティック(ゲームパッド)からの入力取り込みについて。(00/10/9)

16bit以上のカラーモードに対応したDirectDraw
16bit以上のカラーモードでDirectDrawによるスプライト処理の準備(00/8/9)


メニューに戻る