<ゼール系> <ドラゴ系> <ゴルゴ系> <ラゴス系> <ヨーガ系> <シグマ系> <その他> <ボス様>



ザコ敵さん一覧 注・表中にある『難易度』は、SNK発行『サイコ・ソルジャー攻略本』によるものです。ただし、一部の敵においては、管理人の独断と偏見に基づいてあります(ちなみに、表中にある『○○族』というのは、管理人が勝手に付けたものです)。また、黄色のモンスター名は、時間経過によって進化するものです。


耐久力…初期状態のサイコ・ビームを倒すまで当てた回数。

名前 難易度 耐久力 得点 ポイント 出現面
ゼール(虫)族        
メゾ・ゼール

1
200 ゼール系最初の段階とあって耐久力も低いし、それといった攻撃もないのだが、急に頭付きをしてくるので、そこだけ注意。 1・3面
メギド・ゼール
2 (回転中は3)
300

メゾ・ゼールの進化系。耐久力も上がり、主人公に向かって弾を投げてくる。

時間経過により、ルメギド・ゼールに進化。

1・3面
ルメギド・ゼール ★★

3
500 ゼール系最強段階。画面中を飛び回り、弾を数発吐いて飛び去る。懐に入って弾をかわせ。 1・3・4・5面
ドラゴ(トカゲ)族        
アル・ドラゴ

1
300

メゾ・ゼールと同じような攻撃をしてくる。弱い。

時間経過でダフ・ドラゴに進化。

2面
ダフ・ドラゴ ★★

2
400 アル・ドラゴの進化系。主人公達に向かって吐いてくる火の玉が、意外に厄介。 2面
ゲルド・ドラゴ ★★★

3
600 ドラゴ系最終進化系。ダフ・ドラゴに羽が生え、主人公達に向かって猛スピードで襲いかかってくる上に、飛び去る時に吐く火の玉にも注意が必要。 2・4面
ゴルゴ(岩)族        
モグ・ゴルゴ ★★

1
400

地中を掘り進み、時たま地上に顔を出して弾を撃つ。潜っている時にはどんな攻撃も無駄だが、触っても死ぬことは無い。

ごくたまに、壁に引っ掛かって動けなくなるのがマヌケ。時間経過でガル・ゴルゴに進化。

3・5面
ガル・ゴルゴ ★★★★

2
800

モグ・ゴルゴの進化系で、岩で出来たサル。頭を投げて攻撃。頭が無くなっても、またすぐに次の頭が生えて投げてくる。

放っておくと、取り返しのつかないことになるので、出現したらすぐに始末するように。

3・5面
(頭部) ★★

3
0

ガル・ゴルゴの頭部。放っておくと頭が何個も転がって足の踏み場も無い…という悲惨な状況に…。

本体を始末しても、残った頭の犠牲になることもしばしば?

3・5面
バルガ・ゴルゴ ★★★★★

15
1500 岩で出来たサイ。攻撃、耐久力共に最強クラスのザコ敵。ヤワな攻撃をしていると、すぐにやられてしまう。サイコ・ボールかソードを持っていることが第一。 3・5面
ラゴス(魚)族        
ギド・ラゴス ★★

1
450 赤い魚。主人公達に群れをなして、放射線状に向かってくる。耐久力はそこそこ。 4面
ミド・ラゴス ★★

2
600 ミド・ラゴスの進化系。なぜか足が生えている。一旦、水の中に潜ってから、急に飛び上がって弾を撃ってくる。慣れないプレイヤーにはちょっと危険。 4面
ヨーガ(溶岩)族      
????・ヨーガ
(本名不明)
★★

1
800

緑色の生物。ピョンピョンとカエルの様な動きをしてくる。耐久力はそれほどでも無いし、弾を吐いてくる訳ではないので、あまり強く無い。

『敵の進化』アイテムを取ると、ドロド・ヨーガに進化する。

5面
ドロド・ヨーガ ★★

1
800 溶岩で出来た敵。下から飛び上がって攻撃した後、弾を吐いてくる。こちらも耐久力は低いので、それほどでも無い敵。 5面
シグマ(?)族         
グラ・シグマ ★★★★

3
600 クラゲ(?)。クラゲらしく、ふよふよと主人公達に向かってくる。攻撃はそれほどでは無いのだが、最終面らしく、耐久力が高いのが難。 6面
ゼブ・シグマ ★★★★
4 (分裂後は1)
800 見た目がグロテクスな生物。耐久力もそこそこな上に、死ぬ時に分裂して飛び散る。本体よりこっちが厄介…。 6面
ビビ・シグマ ★★★★★

 
2000

細胞の形をした奇妙な生物。弾は吐かないのだが、ザコ敵とは思えないほどの耐久力と、主人公達に向かって猛スピードで襲いかかってくる。

まさに最終局面に相応しい敵とも言える?

6面
タコツボ君(仮・本名不詳) ★★★★

 
1000

天井に張り付いて、火の玉のような弾を吐いてくる物体。耐久力が高く、十分にパワーアップしていないと苦しいかも。

死角に入ってやり過ごすか、サーベルを持っていれば、その下でサーベル連打もひとつの手。

6面
火の玉? ★★★

1
300

上記の敵が吐いてくるタイプと、急に主人公達の周りを被うように出現するタイプと2種類存在。

特に、後者は急に襲いかかってくるので、かなり危険。死者続出状態になることも。一応出現場所が決まっているので、覚えてしまうのが肝心?

6面
????(名称不明) ★★★★

15
0

壁に張り付いている、長いイモムシのような生物。耐久力も高く、邪魔くさい。

ただし、弾などは吐いてこない。

6面
細胞壁 ★★★★

3
0

生きている?壁。一応普通の壁と同じ耐久力だが、何と再生可能!モタモタしていると、再生した壁に挟まれて…なんてことも。

しかも、最後になるにつれ、再生スピードが早かったりする…。敵との複合攻撃が一番怖い。

6面
その他        
モーム ★★

1
100

タマゴを破壊すると、変身アイテムでは無い時に出てくるイモムシ。ゲームに慣れないうちは、かなり苦労する。

対処方法としては、真ん中でサーベル連打、または遠くで破壊するかのどちらか。

全部(6面は、 2人プレイで のみ出現)
ウゾウ・ムゾウ ★★

1
100

群れになって飛びかかってくる敵。各々は弱いのだが、動きが結構厄介。ちなみに、面ごとに敵の形も変わっていく。

1&3面・鳥? 2面・コウモリ 4面・タツノオトシゴ 5面・火の玉 6面・ミジンコ

全部
ダフ君

1
150 ゾンビ。はっきり言って弱い。ゲーム中最弱。が、頭付きをしてくるのでそこだけ注意。でも弱い。ちゃっかり、エンディングにも登場してきたりして。 1・2面



ボス敵様一覧

耐久力…初期状態のサイコ・ビームを倒すまで当てた回数。

お名前 難易度

耐久力
得点 どんなお方か お出ましになされる面
ゼール・ゼブブ

-

一体につき4
一体につき
800

ゼール族の王様。ビルに巣食い、群れをなして襲いかかって来る。

ただ、個々の耐久力は低いので、冷静に対処していればそれほどでも無い敵。10匹倒すか、ビルを破壊すればクリアー。

1面
ドラ・ゴーン

-
連結部分 一つに つき 4
20000

壁に張り付いている巨大な竜。火の玉攻撃はそれほどでも無いのだが、急に伸びてくる首には要注意。

また、出現直後に背後から襲ってくる(下から2段目を歩いてくる)ゲルド・ドラゴは意外に危険。この敵も本体を倒すか、壁を破壊すればクリアー。

2面
ゴルゴ・メガヘ

-
  40000

目玉の付いた巨大な壁。それ自体が敵となっている。

下の口から吐き出す、大量の目玉とビームの複合攻撃は、多数のプレイヤーの頭を悩ませる。変身していることがベストだが、変身していなければ、サイコ・ボールで目玉を避けつつ攻撃。

サイコ・ボールが無い時は…気力と根性でカバー(苦笑)。なお、この面からはボス本体を倒さないとクリアー出来ない。倒すと、大きな目玉が二つ飛び出て来る。

3面
ラゴス・アゴン
(最初の2体)

-

 
1500

魚族のボス。ステージ中に計3体出現。最初の2体は、画面下方から3方向の弾を発射しつつ、その白い魚体を主人公達に向かって突っ込んでくる。

避けることも可能だが、耐久力が低いので、なるべくならサイコ・ボールの連発で倒した方が楽。

4面
(ラストに登場)

-

55
25000

ステージの最後に登場するラゴス・アゴンは、一定距離を進んだ後、主人公に向かってジャンプしてくる。

ジャンプされると避けるのが難しいので、耐久力の低さに付け込んで、サイコ・ボールの連打で倒すのがベストだが、サイコ・ボールのパワーアップが十分で無いと、吹き出す水柱に阻まれてしまうことも。見た目以上に厄介な敵。

 
マ・グローン

-

65
50000

岩で出来たゴーレム。画面中を所狭しと動き回り、3WAY弾を吐いてくる。急に、主人公達の周りを取り囲むように伸びてくる首(頭)は非常に厄介。

首には攻撃判定が無いので、上手く避けつつ攻撃か、懐に入って究極奥義弾(サイコ・ボール最強段階)という手もある。

5面
シグ・ド・ダビデ

-

95
1000000

『屍愚魔』の正体にして、全ての敵はこいつから生み出されたとされる。もちろんラスボスとあって、攻撃・防御・耐久力共にケタ違い。

感覚としては、2面と3面のボスを合わせたような感じ。弱点の胸にあるコアにビームを叩き込め!一回死んだらUFOで突っ込んで、ビームを打ちまくる、という手も有り…。

6面


参考〜その他の耐久力…タケノコ・1 壁・3 タマゴ・7





<サイコ・ソルジャーコーナーのトップへもどる>



<トップページへテレポート>