資本還元将棋入門

メニュー

1、基本1〜詰み

2.次の一手にいく




このコーナーでは、資本還元将棋の基本的なことを紹介していきたいと思います。

まずはルールの確認です。

資本還元将棋の実戦譜はこちら


ルールはよろしいでしょうか?さて、次から、具体例で資本還元将棋を考えてみましょう。

基本1 〜詰み

 さて、ここでは、資本還元将棋の詰みを考えてみましょう。

頭金とは

まず、一番の基本となる資本還元将棋の頭金について考えてみましょう。

図1−い

さて、この局面、先手から一手で詰ましてください!

図1−ろ


図のように▲5二金の一手詰めです。金を取ると後手の持ち駒が5枚のなるので、取れません。このように、持ち駒が4枚の時に、玉の頭に金を打たれるのを頭金と呼びましょう。

図1−は

この状態も玉が逃げても、常に頭金の状態で追いかけられるので詰みです。よって、この状態も慣れてくると、「頭金で詰みですね」となるわけです。

続いて、

角打ちからの馬の追い詰め

次に資本還元将棋の詰めで最も利用価値の高い手筋の「角打ちからの馬の追い詰め」を考えてみましょう。

図2−い

さて、ここから、詰ます次の一手はなんでしょう?

図2−ろ

正解は、▲2二角もしくは、▲4二角です。以下、△3四玉は4四角成で詰み。△4二玉は▲3三角成△3一玉▲3二馬で詰みます。つまり、
「相手の駒が4枚の時に角を相手陣から王手で打たれるとほとんど、詰む。」ということです。これを私は個人的に
「角打ち馬追い」
で詰みと表現しています。

また、ほとんど、といったのは、

図2−は

このように、先手も4枚になっている時は、この後、△4四玉▲3三馬△5三玉▲4四馬△4二玉▲5三馬△3三玉▲4二馬となり、王手の連続の千日手となり、先手が手を変えなくてはいけません。結局、王手が続かない状態になります。また、先手玉は受けがないので、ここは後手の勝ちになります。
このような、
「千日手逃れ」には十分注意しましょう。

次の一手にいく

猫的変則将棋に戻る