猫的変則将棋

研究2 〜取る一手将棋は端が命!


取る一手将棋は端の関係を知らなければいけません。なんと、2手目の失着で、一気に詰まされる定跡があります。
「研究2」では初手から、▲1六歩△1四歩からはじまる「▲1六歩△1四歩定跡」と、初手から、▲9六歩△9四歩ではじまる、「「▲9六歩△9四歩定跡」を紹介します。これを知らなければ、取る一手将棋は指せないといっても過言ではないでしょう。

以下、の研究は、もずさん(mozuyama)に教えていただいたものです。
もずさんありがとうございました。m(__)mペコ


 ▲1六歩△1四歩定跡

第1図

▲1六歩     △1四歩  ▲1五歩  △同 歩    ▲同 香    △同 香 ▲1八飛 △同香不成  ▲1九歩    △同香成    ▲2八銀    △2九成香 ▲9六歩  △2八成香▲9七角    △2七成香  ▲5三角成  △3七成香▲6三馬    △4七成香  ▲8一馬   (第2図)

第2図

ここから、△同飛か、△5七成香かの2択です。それぞれの変化を見てみましょう。

まず、第2図から、△同飛の変化から、

△同 飛  ▲3九金  △5七成香 ▲6五桂  △6七成香  ▲7三桂不成 △7七成香  ▲8一桂成  △8七成香 ▲7一成桂  △同 金  ▲8二歩 △同 金  ▲8八銀  △同成香 ▲5三銀  △8九成香  ▲6三歩  △9九成香  ▲6二歩成 まで。

で、詰みになる。

また、第2図から△5七成香の変化は以下、

△5七成香  ▲9一馬    △6七成香 ▲8二馬(第3図)

第3図

  

ここで再び、△同銀 か △7七成香 の2択。

同銀では以下、
 △同 銀    ▲8一飛    △7七成香  ▲8二飛成  △8七成香 ▲2二龍    △同 銀    ▲8八銀    △同成香    ▲5三銀    △8九成香▲6三桂 まで

7七成香では、
△7七成香  ▲9三馬  △8七成香  ▲7一馬  △同 金▲8二歩  △同 金  ▲8八銀  △同成香  ▲5三銀  △8九成香▲6三桂  △6一玉  ▲7一飛 
となってしまって、これも詰みです。


よって第1図の局面からは即詰みであることがわかりました。

▲9六歩△9四歩定跡

第4図

初手から▲9六歩 △9四歩 (第4図)▲9五歩 △同 歩 ▲同 香 △同 香
▲9九角 △同香成 ▲8八銀 △8九成香 ▲4八銀 △8八成香
▲3九銀 △8七成香 ▲1六歩 △7七成香 ▲9八飛 △6七成香
▲9一飛成 △5七成香 ▲8二龍(第5図)

第5図


ここから、△同銀 か △47成香の2択です。

第5図以下同銀の変化

△同 銀 ▲9二飛 △4七成香▲8二飛成 △3七成香 ▲8一龍 △2七成香 ▲6一龍 △同 玉
▲2八銀 △同成香 ▲7四桂 △同 歩 ▲7三銀 △2九成香▲6二金まで。

途中、▲6一龍に△同 玉ではなく、△42玉でも、
△4二玉▲4一龍 △同 玉 ▲2八銀 △同成香 ▲4四桂 △同 歩▲4三銀 △2九成香 ▲5二金まで
となります。

また、第5図以下、4七成香の変化は以下、

△4七成香 ▲8三龍 △3七成香▲8一龍 △2七成香 ▲7一龍 △同 金 ▲5四歩 △同 歩
▲2八銀 △同成香 ▲5三銀 △2九成香 ▲9一飛 △1九成香▲7一飛成 △6一香 ▲同 龍
△同 玉 ▲6二金まで。

となり、初手から▲9六歩△9四歩の局面第4図からも詰みであることがわかりました。


まとめ

以上のことより、取る一手将棋は常に端を考えに入れておかなくてはいけません。陣形によって、端を受けていいのか、
いけないのかを注意しながら、指し進めなくてはいけません。


猫的変則将棋へ戻る。