■ FFXI - FINAL FANTASY XI >>> トップページへもどる 
<<< 戦闘作法トップへ戻る



■属性について (最終更新日:2004/02/22)

ここでは属性について基本的なことについて書いてみます。


基本的なこと


ヴァナには8つの属性があります。上の図はヴァナでは有名な属性の強弱関係の図です。例えば、炎曜日の日は、炎属性の魔法であるファイア系のダメージが少し増えます。その代わり、炎属性の弱属性である氷属性のブリザドのダメージは少し弱くなります。



弱体魔法の属性と敵の耐性
赤魔道士は弱体魔法スキルの上限がイチバン高いこともあって、弱体魔法をよく打ちます。弱体魔法も、精霊魔法と同様に属性があり、弱体魔法の成功率、レジスト率も曜日に少し左右されます。例えば光曜日には闇属性のスリプルが効きにくい、氷曜日には氷属性のパライズは効きやすいけど風属性のグラビデが効きにくい、などです。

主な弱体魔法の属性はこんなかんじです。

属性ごとの弱体魔法&暗黒魔法
パライズ、バインド
サイレス、グラビデ   スロウ
スタン ポイズン
ディア スリプル、ブライン、ディスペル、
バイオ、ドレイン、アスピル


また、敵にはある属性の耐性がやたらと高く、ある弱体は非常に効きにくかったり、効いてもすぐ効果が切れたりします(弱体魔法にもハーフレジ、1/4レジがあってそれは効果時間に反映されています)。例えば、骨などの不死生物にパライズやスリプルがレジストされやすい、と感じたことはありませんか? それは骨が氷と闇の耐性を持っているからです。それらの耐性は曜日よりもはっきりとした影響が表れます。

各モンスターの耐性や弱点属性については、以下のサイトさんにて情報を得ることができます。

Vana'diel Monsters
http://ff11.s33.xrea.com/index.html




MB(マジックバースト)について
MBは連携に合わせて魔法を打ち込むことで、ダメージアップやレジ率低下のメリットがあります。各連携の属性は以下の通りです。

Lv1連携属性
貫通   溶解   炸裂   衝撃  
収縮   切断   振動   硬化  


Lv2連携属性
核熱   分解  
重力   湾曲  


Lv3連携属性
   



精霊弱体について


ちょっと特殊な魔法に精霊魔法だけど対象のステータスを下げる、いわゆる精霊弱体というのがあります。具体的には図の6つ。これらは妙な重ねがけの仕組みがあります。難しいことは置いておいて、図の線でつないだもの同士が重ねがけ可能で、この中のどれかをかけた後に線でつながっていないものをかけると「効果なし」になります。

ちなみに各精霊弱体は、その魔法の弱属性にあたる(と思われる)ステータスを下げます。

バーン(INTを下げる) ラスプ(DEXを下げる)
チョーク(VITを下げる) ドラウン(STRを下げる)
ショック(MNDを下げる) フロスト(AGIを下げる)




歌:スレノディについて
詩人さんの歌の種類である「スレノディ」は対象の属性耐性を下げる歌。歌にも魔法と同様に属性があります。「炎のスレノディ」は「対象の炎に対する耐性を下げる」効果のある歌ですが、「炎のスレノディ」の歌自体の属性は炎の強属性である水属性です。そのため、水に耐性を持っている敵には、炎スレが効きにくいということが起こります。そんな場合は敵の弱点の属性を持つ効きやすいスレノディを歌ってもらい、それに対応した精霊を打つ、というのもアリかもしれません。






曜日について
曜日の流れは以下の通りです。



BCなどへ特定の曜日で突入したい場合、Windowsのマシンをお持ちの方は「ばなな」というソフトを使うことで地球時間の予定日時からヴァナの曜日を導きだすことができます。「ばなな」が置いてあるのは以下のサイトさんです。

ばなな.COM -FF11サポートツール配布&サポート
http://park11.wakwak.com/~beatnic/





<<< 戦闘作法トップへ戻る




当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 
Copyright (C) 2002 SQUARE CO., LTD. All Rights Reserved.